ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>植物>椿の、フォトブック。(篆刻:椿)
植物

椿の、フォトブック。(篆刻:椿)

20191211798.jpg

我が百野草(ものぐさ)荘には、椿が130本ほど植えてある。最初の30本は、亡く
なった息子の慰霊のため。後の100本は空き家に置き去りにされた鉢を引き取って
地植えしたもの。半分は名前が判らないが、残りは名のある椿で、それぞれが姿と
色で楽しませてくれる。しかし、それが同時には咲かないのが、残念と言えば残念。

年末にカミサンの友人から手編みのベストを2着もいただいた。お礼は要らないとの
ことだが、強いて言えば椿の写真を何枚かとのこと。ただ写真をプリントするというのも
味気ないから、これを機に椿のフォトブックを作ることにした。ネットでみると、いろいろ
あるのだが、ビスタプリントが良さそうで、試しに編集してみた。あらかじめ名前が判る
60点を選んで24ページに挿入する。写真のそばに名前を入れるのに細かな調節が
出来ないのが難だったが、プロのデザイナーじゃないんだからと居直ればいいので。
表紙、裏表紙、背表紙を決めて、プレビューすれば、我ながら惚れぼれする椿図鑑が
出来上がった。そのまま入稿して、1週間で届いた。厚いハードカバーで紙もしっかり、
60の椿が一堂に競い咲く。ベストをくれたHさん、空き家から椿の300鉢を運んで
くれたKさんに、それぞれ1冊を差し上げる。花のブログ、フェイスブックで紹介したら、
数人から欲しいという反響もあった。次は「草」と「木」で、百野草荘の3部作にしたい。

※フォトブックの写真は、こちらで。

コメント(2)

椿の素材潤沢…しかも、表装センスはやはりプロ!
三部作、楽しみですネ。

「草紙洗い」がダブっていたり、名前に矢印を足したりで、改訂版を用意しました。欲を言えばキリがないので、希望者分も入れて、再入校します。「草」と「木」は、春の桜を見てからにします。

コメントする

ページ上部へ