環境

アスナロは、よろこんでいるか。(篆刻:木)

20171218121220.gif
以前、奈良公園のホテル建設反対に賛同した“Change.org”で、世界一のクリスマス
ツリーPROJECTを知って、唖然とした。富山県氷見市の樹齢約150年のアスナロを
神戸メリケンパークで、クリスマスツリーにするという。なぜ、そんなことをするのか。

生きた木では世界一だとか、阪神淡路震災の鎮魂だとか、生田神社の鳥居にする
予定だとか、フェリシモが木のグッズを販売予定(その後中止)だとか、ワイヤーに
付けたプレートの数でギネス記録を狙うとか、とにかく意図や動機が支離滅裂なのだ。

発案者の西畠清順氏はプラントハンターで、樹木のプロ。昨夜のTBS「情熱大陸」が
20周年記念番組としてこの木を選ぶ段階から記録していたから、番組企画というのが
丸見えだった。「人の心に植物を植えつけたい」「信じているのは植物の力だ」「命の
大切さを伝えたい」「大きな存在感を多くの人に伝えたい」。彼が言葉を重ねるたびに
やっていることとの矛盾が大きくなる。会場では多くの人が感動しているようだが、
“Change.org”では中止を求める人が2万人を超えた。何事にも賛否はあるだろうが。
私が知りたいのは、この巨大な植木鉢に入ったアスナロは生きているのか死んでいる
のかだ。もっと知りたいのは、海の寒風に吹かれながら、この木がよろこんでいるか
悲しんでいるか。葉加瀬太郎の後ろでライトアップされた木は泣いているように見えた。
 

東芝に、勝った。(篆刻:勝)

201773117535.jpg
東芝ノートパソコンのメイン基板を2回も修理交換したことまでは前回書いた。

それから2、3日でまたスタートアップしない。東芝は電話でセーフモードで
しか起動できないという。もうこのPCは信用できない。主なデータを外付け
ハードディスク(HD)にバックアップするというと有料サポートを紹介された。
遠隔でバックアップする間に、担当者が「過去の警告やエラーを見てみます。
これで“ディスク”が出るとマズイです」といって調べた結果は「HDに問題
があるので初期化してもデータは戻せません」。ひと通りバックアップしてから
新しいPCを買いに行く。メール設定など新PCが使えるようにして東芝に電話。

また回収で、結果はHDのトラブルが過去70回以上あったという。最初にHDが
OKだったのはテスターが読込みだけで書込みは調べないからだと呆れた話をする。
「HDを無料交換することで許してほしい」というが、もうPCを買っているし、
最初にメイン基板もHDもダメと分かれば修理しなかったと強硬に主張。最初の
50,265円は返金するが、バックアップの5,400円はお願いしたいという。最初の
ミスを認めての返金ならその途中も無い話だと、さらに主張。結局支払いゼロを
認めさせたが。真夏の怪談話でなく、こんな会社が原発を製造しているのは事実。

ムカデ、憎し。(篆刻:百足)

20176715622.jpg
数年前、インド人がこの田舎家に来たとき、しきりに家の中にヘビが入ってこないかと
心配していた。片言で「ヘビは入って来ない」と言えたが、「ムカデは家にも来る」とは
英語が判らないので言わなかった。いまになって調べてみたら“centipede”だそうだ。

先月21日の夕方、少し草を刈っておこうと思い作業着を着て、ムカデが入っていてはと
念入りに長靴を叩き、軍手に右手を入れたらチクッときた。手を抜いたら10センチもある
ムカデが土間に落ちて、とっさに踏んで殺したのだが。見るみるうちに人差し指が腫れて
きた。ステロイド軟膏を塗ったが、指はズキズキ痛いし、手の甲から手首の下まで腫れ
てきた。眠れないほどではなかったが微熱もあるので、朝病院に行った。ムカデの毒消し
がある訳もないので、結局はステロイドの内服薬と軟膏だけ。翌々日の再診では水ぶくれ
の水を抜いただけ。それから1週間後には腫れも引いたので薬は要らないでしょうで終了。

マムシの毒には血清があるのに、ムカデはステロイド一本やりの対症療法。ムカデをゴマ油
に漬けたムカデ油がステロイド軟膏より効いたと話したが「気のせいでしょう、内服薬も飲ん
でいるから」と聞く耳を持たない。医者の頑固さを非難しても仕方ないから、こっちがムカデに
刺されないように気をつけるしかない。ムカデ、マムシ、毒毛虫と怖いものには事欠かないが
なお余りある自然の恵みをいただいているのだから、ありがたいと思わなければ罰が当たる。

『都会を滅ぼせ』は、正しい。(篆刻:滅)

201741114132.jpg
毎日新聞で倉本聰さんがコラムの最終回で『都市を滅ぼせ』(中島正著・双葉社)
を日本人必読の書と言っていたので、読んでみた。以下、順不同で抜粋する。

「都市を滅ぼさないと人類が滅ぶ。都市はあらゆる公害の元凶で、諸悪の根源」 
これが前文。「どんな田舎も二次・三次産業があり、その従事者が住んでいれば、
そこは都市」「近代化は都市化であり、便利、贅沢、安逸の追求、繁栄への進歩」 
「都市は貨幣経済の魔力で拡大する」「都市は活動のため森林、農地、農業人口、
農産物、海岸、水産資源、エネルギー・金属資源、酸素・水、電源、水源を収奪し
破壊する」「収奪して使用の後、二酸化炭素、排ガスとなり、オゾン層を破壊し、
汚排水とゴミを出し、それでも商品は氾濫し、過剰サービスを生み、ついに戦争の
元凶となる」 では、真の革命は。「都市の解体=不耕貪食の解消」しかないという。

都市を滅ぼす方法は安藤昌益の「万人直耕」、福岡正信の「国民皆農」だが、彼は
搾取機構の国家を認めないので「民族皆農」、大自然の掟だけを唯一の規範とした
縄文時代のごとき自然循環型有機農業だという。農具は野鍛冶による鎌一本だけ、
自給自足の耐乏型孤高の人間が世に満ちれば革命は成立する。「人々よ、都市
は滅ぶとも人類は滅ぼしてはならない」という主張は、すべて正論で反論できない。

洗熊城を攻める。(篆刻:攻)

2016725171350.jpg
ツバメはもう来なくなったので、巣を取って6つの卵と一緒にダンダンの横に埋めた。
不細工なトゲトゲシートも外した。その後アライグマは出没しないけれど、居場所の
目星はついているから、そこを根こそぎにしなければ、と隣のOさんと話が一致した。

アライグマの棲み家らしい小屋はOさんの畑の下で、昔は人が住んでいたのだが
いまはジクという細い竹に囲まれて近寄ることも出来ない。そこに向うアライグマの
足跡もあったから、Oさんのミニ・ユンボの出番となった。細いとはいえ竹が密集して
いるから草刈り機ではラチがあかないが、さすが重機の威力はすごい。竹を根こそぎ
倒し、押しよけながら進んでいく。(アメリカも沖縄の森林をこうしてなぎ倒して滑走路を
造ったのだろう。) それでも2時間近くかかって、やっと小屋が見えた。小屋の回りは
排水が悪く湿っているので、竹は生えていない。しかし、重い重機はぬかるみに入ると
動けないから、私が小屋を調べに行く。重機の音に驚いて、アライグマのファミリーが
飛び出すのではとカメラも構えていたのだが。中は荒れ果てているが獣が棲んでいる
気配はまったくない。小屋を壊すつもりだったが重機が沈んだら大変なので、そのまま
撤退した。アライグマの城攻めは空振りに終わったが、ではどこに棲んでいるのか。

謎は残るが、もし追い出してもどこかの家の屋根裏にでも棲まれたら困るのだし・・・

巣街化調整区域。(篆刻:巣)

20166493429.jpg
ツバメの生き残ったヒナが巣立って、ホッとした。また来られては、と古い巣を落とした
のだが。翌朝、別のツバメが梁の裏の3ヶ所で同時に土を運んで巣づくりをはじめた。

ヘビ、カラス、アライグマまで巣を襲ったのだから、ここは危険すぎる。もう死んだヒナは
見たくない。「巣街化調整区域」にして巣づくりを阻止することにした。まずCDを吊った
がダメ。「ヘビだぞー」とベルトを下げたが平気。視覚が駄目なら物理的に土が付かない
ようにサランラップを縁側と玄関の梁に貼ったら、効果があって諦めたのだが。翌朝、
梁のラップのない表で作業をはじめている。かくなる上はと厚いビニールのフィルムで
梁の裏表をくるむ。このツルツル作戦は成功に見えたが。また翌朝、縁側と玄関の間の
壁の上で巣をつくりはじめた。そこにもビニールを貼ったが、このイタチごっこを続ける訳
にもいかない。抜本的な方法はとネットで調べたら、「キラキラの防鳥テープは効果的」と
あった。金色のテープがあったから、縁側、玄関の天井の真ん中に吊ると、風に吹かれて
キラキラ。ツバメはヒサシから中に入らずUターンする。やっとこれで解決、と思いきや。

翌朝、梁と壁のビニールの重なりの三角の穴に、もうたっぷり土を入れている。夕方は
諦めるが、朝には別の一手を繰り出すツバメの執念に負けた。「巣街化共生」に変更、
ビニールの下を板で支えて援護する。ヘビ、カラス、アライグマとの戦いを、いざ再開だ。

アライグマ、闖入す。(写真:爪痕)

2016314142155.jpg
写真はアライグマの爪痕。家の外壁には何か所かあるが、これは家の中のもの。
母屋と離れの間の土間には庭に出る引き戸があるのだが、猫が出入りする穴を
開けている。私が寝る前にフタを締めるのだが、その夜はそろそろ締めようかと
思った頃、そこでゴトゴトと音がした。いちばん大きい(猫の)カモが入ったかと
行ったが、カモはいないのでフタを閉めて、母屋に行きかかったら、猫穴のあたりで
ガリガリという音。さてはアライグマを閉めこんでしまったかと思った時、胴の長さ
50センチもの大きなアライグマが足もとをすり抜け、母屋の座敷を駆けずり廻った。

どこにも出口がないので、また猫穴に戻って、ガリガリやる。追い込んで反撃され
たり、引っ掻かれたりしたら大怪我をするから、裏の戸を開けて逃げ道をつくった。
外の空気が入ったのを察知して飛び出ていき、爪痕の置き土産で一件落着したが。

カミサンは以前、ガレージの前でファミリーを見かけている。隣の空き地の朽ちた
プレハブ小屋に住んでいるらしい。屋根裏に住みつかれて、フンをされたり、子を
産んだりした話も聞くが、我が家は何とか水際で撃退している。イノシシ、サルは
珍しくないし、狭川地区内ではシカの食害も出はじめた。若者は出て行き人間は
減る一方で、有害動物だけが増え続ける。自然は豊かだけど、悩みも多いです。

 

田んぼで、発電。(篆刻:田)

2015929125231.jpg
ここ奈良市の下狭川には、かつて白砂川(水力)発電所があり、明治41年に明治
天皇が奈良に行幸されたとき県公会堂と周辺に送電した。初めて奈良市に電灯が
灯ったのがこの時だという。川添いの崖下には石垣が残り、その施設跡だと分かる。

そして、いま。狭川のあちらこちらで、また発電が始まっている。そう、太陽光発電
パネルが田んぼの中に散見されるのだ。それも狭川地区でいちばん広く、良い稲が
とれるという地域でのこと。おそらく休耕地、耕作放棄地を農地から別の地目に転用
して発電事業者に転売か貸借してのことだと思う。若く元気な子供がいても通勤や
学校のために奈良市内や隣の木津川市に出てしまうことが多い。車で30分ほど
だろうに年2回の田植・稲刈に手伝いに来るのはどれほどか。実家に戻って農業
を継ぐこともないだろう。機械化で高齢でも作業が出来るとはいえ、機械のローンや
肥料購入費用に比べて米の買取り価格は低迷したままだから、農業を続けることの
負担は大きくなるばかり。田んぼだけでなく、京都府との境の東向きの山では森林の
伐採、整地が進んで、大規模な発電施設の建設が始まっている。この西狭川町でも
県道沿いで100坪ほどの空地にもパネルが敷き詰められた。美しいものではない。

自然エネルギー促進の名のもとに、農地が歯抜けのように減り、景観は乱れていく。

里山の、死。(篆刻:枯)

20158715836.jpg
この奈良市東部山間でもナラ枯れが拡がっている。縁側から見える向かいの雑木林
でも、枯れ木が目立つ。植林したスギ、ヒノキの山は緑だから、その落差が痛々しい。

ナラ枯れはナラ、カシ、シイなどがカシノナガキクイムシ(カシナガ)の運ぶ病原菌により
次々に枯れること。このブログで「楢が枯れる。」と書いたのは2年前、春日原始林で
被害が確認されて県と市が対策に乗り出した頃なのだが。去年は生駒市でナラ枯れに
関連するとみられる危険なキノコ・カエンタケも発生し、いま京都の県境に近いここまで
北上、拡大した。対策は成功していないし、後手に回っているのは明らかなのだが。
対策といっても薬剤の注入・塗布、枯れ死木の伐採処理などで対症療法だし、肝心の
原因は分からない。里山林を薪炭にしなくなったのでカシナガの好む大径木が増えた
という説もあるし、カモシカしか行かない山地でもナラ枯れはあると論争が続いている。

この25軒ほどの町内で薪で風呂を焚く家は1軒だけ。それも里山林のナラ、クヌギなど
ではなくスギ、ヒノキの植林山の間伐材を使っている。植林山を間伐しているのはマシな
方で、放置した山がほとんどではないか。実に残念なことだが、里山などはとっくの昔に
死んでいる。向かいの山にナラ枯れがある、目の前の棚田の中にも耕作放棄した草むら
がある。それがあるがままの姿だと思わなければ仕方ない。すごく残念ではあるけれど。

 

餅花を飾る。(写真:夢風ひろば)

2014122914659.JPG
以前、愛知県の足助(あすけ・狭川に近い笠置の戦いで後醍醐天皇を守った
弓の名手は足助重範)に行ったとき、餅花をつけた枝が土産物で売られていた。
紅白の餅花は正月飾りのひとつだが、昔は飢饉に備えての非常食でもあった。

「東大寺門前・夢風ひろば」の篆刻は楽篆堂作だが、そのステージの正月飾りを
ここ数年「花の会」がさせていただいている。メインはもちろん紅白の餅花。町の
店頭で見る餅花はほとんどが発泡スチロールだが、それでは値打ちがないから、
餅をついて持ち込み、レンジでチンしながら熱々の餅を総がかりで枝につける。
外人はもちろん日本人でも本物の餅花なんて珍しいから見物する方も多い。
枝が垂れるほどたわわに餅をつけた大きな枝を脚立に乗って青竹に差せば2階
の窓に届くほどの高さで、なかなかの壮観。この前で記念写真を撮る方もいる。

餅花の枝はヤナギ、カマツカなど年によって違うが山で伐らせてもらえる。真竹は
Oさんの竹林で、南天は業者にも出荷しているYさんの畑でと、地域の皆さんにも
支えられての正月飾り。始めはかなり大がかりな竹の造作で、友人の家具屋の
手も借りたけれど、最近は竹を使うポイントも心得て、メリハリがきいてきた。街中に
住んでいたなら、こんな大がかりなことは出来ないと、人に自然に感謝している。

 

ページ上部へ