ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。

篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。

10R(トアール)ワイナリーの上幌ワイン。(篆刻:上幌ワイン)

201621713521.jpg
奈良の「酒食市場エポック」藤井善徳さんから、10Rワイナリー・メーカーズディナーの
お誘いがあって、一も二もなく参加した。篆刻の入った最初のワインが出た2014年、
奈良ではエポックだけに、確か24本入荷したのだが、藤井さんが10Rを訪ねていて
篆刻は奈良の楽篆堂だとお聞きだったから3本も譲っていただいたのだが、お会い
したのは初めて。もちろん、代表兼醸造責任者のガットラヴ・ブルースさんとも初対面。
依頼は奥さんの亮子さんからで、ワイン造りでお忙しくすべてメールのやりとりだった。

どんなラベルで、どんな使われ方になるかも聞かず彫った訳だが。初めて見た藤澤
農園のラベルは水彩の緑のグラデーションに茶色の細い線、上は白。きっとこれが
10Rすべての統一ラベルと思ったけれど。今回出逢えたのは、その藤澤農園に加えて
木村農園、自社畑の「森」と「風」、それぞれ異なった水彩画だったので、「なるほど、
そういうことか!」と感心した。ブルースさんは「この水彩画を描いたのはデザイナー
ではないのに、こちらの気持ちを感じとって素晴らしい形にしてくれる。それはあなたも
同じだ」と流ちょうな日本語で言ってくださった。あァ、篆刻家冥利に尽きるではないか。

ココ・ファーム時代に2回のサミットで世界のVIPを唸らせたブルースさんが一念発起
して開墾した畑、設立した醸造所。なぜ私に篆刻を依頼したのかは、いまだに謎のまま。


※今回の「篆からの、贈りもの。」は、おかげさまで500回目。
愛読くださった方に感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いします。

運気、好転。(篆刻:円転)

20162812306.jpg
暮れから正月にかけて、電気製品のそれも回転するものが続けて壊れはじめた。
まず洗濯機。ホームベーカリー、そしてCDラジカセ。洗濯機は逗子で買ったもので
10年以上経っているから、とっくに寿命なのだが。乾燥用のフタが外れて、それでも
ガタゴトうるさいながらも洗濯と脱水は曲がりなりにやっていたけれど、とうとう脱水が
出来なくなった。カミサンと電器屋に行って注文し、ついでにCDラジカセも買った。

翌日、洗濯機は2時から4時に配達の電話があったが、2時きっかりに来てくれて、
排水口のゴミ掃除までしてくれて設置が完了。早速洗濯してみたら、音が静か過ぎて
終わったのが分らないくらい。ホームベーカリーは中の羽根が動かくなったのだが、
有料で延長保証をしていたので引き取りにきてくれて、洗濯機の翌日に直ってきた。

こうして一気に3つが立て続けに円満解決して快適になったのだが。それにはちゃんと
訳がある。洗濯機を買ったのが3日の節分の日。届いたのが4日の立春。その立春の
朝に、私は「立春大吉」のお札を新調して玄関に貼っている。お札は立春大吉の後に
「日急(口ヘン)急如律令」とある正式なもの。ただちにそうせよという厳しい命令的
呪文だから、さすがに霊験あらたか、効果抜群だった(としか考えられない)。ちなみに
篆刻の「円転」は物事にこだわらないこと、その様子。いっぺんに丸ァるい春が来た!

難題に、燃える。(篆刻:猫的のぶ)

201612415580.jpg
今年の篆刻初彫りは「打ち上げ花火と名前」だった。三河の花火の伝統を引き継ぎ
つつ革新する方が、色紙に文字を書くので落款用にというご依頼。お気に入り花火の
写真を送っていただき特長を出したのだが。ご希望の2センチ角では無理なので、
色紙には大き目の3センチ角にさせていただいた。それでも線は0.1ミリほどだった。

年明け初の注文は学校の先生から。猫に似ていると生徒に言われるので、名前の
「のぶ」と猫の要素を自然石で、というご依頼。電話では「猫の形の中に、ひらがな
でも」と言ってくださったが、それでは安直すぎる。猫の姿態は毎日見慣れたものだ。
ふは曲線の文字だから猫っぽくなるし、ぶの点も耳になる、と出来上がったのがこれ。

いま彫りかけの住所印が終わったら、次も漢字のフルネームに弓の要素を加える
もので、学校の先生で弓道部の顧問をされている息子さんにお母さんが贈る篆刻。
なぜか最近は単なる文字だけでなく、「重」を五輪塔風にとか、ダルマさん型にフル
ネームをなどと応用問題が増えている。イラストに文字を添えるなら簡単なのだけど、
あくまでも文字が優先で、絵的な要素は文字を引き立てるようするのが楽篆堂の
ポリシーだから、脳ミソもその分余計に汗をかくことになる。最初はどうしたものかと
唸るけれど、道はかならずある。さあ、今年はどんな難題をいただけるか、楽しみ!

スマホが、叱る?! (篆刻:叱)

     201617101922.jpg
去年、一日篆刻教室に来たお母さんが1歳半の子を連れてきた。最初は少し騒がし
かったけれど、突然静かになった。見ればお母さんのスマホの幼児用らしいアプリで
夢中で遊んでいた。そんな使い方もあるのかと感心したが。そんなことは序の口で、
「おにから電話」がアプリランキングで子どものしつけ、子育て部門の第1位だという。
「おに」は鬼で、言うことをきかない時、寝ない時には、鬼などが叱ってくれるらしい。

私だって「言うことを聞かないと鬼が来る」と言われた記憶もかすかにあるし、秋田の
なまはげは「悪い子はいねが~」と入って来る。探偵ナイトスクープでも《ガオーさん》に
扮したタレントが現れた。それと同じなのか、どうか。いやいや違うでしょ。鬼が来ると
言うのは親、なまはげやガオーさんは親が人に依頼している。ただ子どもにスマホを
見せるのとは違う。将来、子を叱るためにロボットを買いそうな親がいるのは恐ろしい。

このホームページはスマホに連動していたが、小さな画面のスマホ用に構成を作り
なおした。チェックのためにスマホが要るかと思ったのだが、パソコンでスマホの
画面を見る方法を教えてもらったから、替える必要がなくなった。ケータイにしても、
デスクに置いたままで、仕事が終われば電源も切っている。私もカミサンも、ずっと
ガラケーのはず。孫だって、自分で叱りますよ。(甘いから叱りはしませんけど・・・)

不常識『篆刻講座』 10:甲骨文を知らなかった篆刻家たち。

2015121911449.jpg 「写真:亀甲(部分)」
今回は篆書体の話ですが、中国の篆刻家にも関わることなので興味のない方はスルーしてください。
さて、写真は亀の腹甲に刻まれた文字で、3200年ほど前、古代中国・殷の王が天の啓示を占った記録。牛の肩甲骨もあるので甲骨(亀甲獣骨)文と呼ばれます。劉鶚(りゅうがく)が1899年に発見し、1903年には資料集を出版したけれど、科学的に発掘されたのは1928年からのこと。それに参加した董作賓(とうさくひん)によって初めて甲骨学が大成されたけれど、彼は甲骨文の原形はさらに1500年前に遡るだろうと言っています。

ここから篆刻の話です。戦国時代に始まった印章や始皇帝が定めた官印などはパスして、北宋の米芾(べいふつ)を開祖とする文人が自ら刻んだ篆刻のこと。明の時代に彫りやすい石の印材が知られて、一気に広まった篆刻は、18世紀になって丁敬を祖とする浙(西冷印)派が興り、優れた篆刻家を輩出します。さらに清時代には鄧石如が革新を行って、呉譲之、徐三庚、趙之謙などが育ち、清末期には呉昌碩、黄士陵、斉白石など次々と優れた篆刻家が現れた、となるのですが。

ここで名をあげた篆刻家のなかで、趙之謙までは甲骨文が発見される前に亡くなっているから、その存在すら知らなかったのです。私が好きな黄士陵は金文を巧みにしたけれど、1908年没だから甲骨文発見を聞き、資料は見たかもしれない。呉昌碩は1927年没だから本格的発掘の成果はもちろん、その解読研究も知らないのです。

いま篆刻をされる方々が誰を尊敬し、誰の作風に習おうとご自由なのですが、甲骨文という文字が生まれたときの生き生きした姿とそれにまつわる物語の存在すら知らなかった篆刻家やその作品にどう向き合うべきなのか。彼らに非はないし、尊敬もするけれど、土の奥深く埋もれていた原初の文字を知らないまま、体系化、様式化されてからの秦や漢の篆書体とそれを刻んだ作品を、私は手放しで素晴らしいとは言えません。いかがなものでしょうか。

田中遊のホームページ。(篆刻:ASOBU)

201512410389.jpg
田中遊をネットで検索すると演劇の同姓同名の方がほとんどで、やっと出てくるのは
「ニュースで楽しむ掲示板・街の灯」の99年12月5日23:57の記事だけだ。「5日
午前10時5分ごろ、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで、アマチュアのオートバイレース
「鈴鹿サンデーロードレース」の競技中、奈良市の会社員田中遊さん(27)のオートバイ
が転倒、コース左の壁に衝突した。(後略)」 楽しむというのには違和感があるけれど。

遊の死後に知ったのが親としては情けないが、「ハードコアレーサー 田中遊」という
ホームページをつくり、公開していた。当時は、まだ電通でもPCを全員が持っていな
かったのではないか。誰でも簡単にホームページをつくれる時代ではなかったから、
専門の手引書でプログラムしながらだろう。全ページが黒バックで、写真がたくさんの
凝ったもの。まさにレースやバイク仲間との青春グラフィティで、いかに遊がレースを
謳歌していたかを思い知らされた。十三回忌ではバイク仲間に集まってもらったのだが、
その頃プロバイダーを変えたし、みんなの心の中に残ればいいとネット上からは消えて
しまったが。現在のネット社会をみるにつけ、丸16年も前の先駆的な行動はスゴイと
思う。カミサンに話したら「初めて遊をちゃんと誉めたね」と言われたが。ホームページは
遊びと割切り、自分の会社のアピールにと考えなかったのが、いかにもあの遊らしい。

山茶花は、サンサカだった。(銅印:茶)

2015113011363.jpg
昔、女性下着のCMで「素肌にきいてみてほしい。」という訳の分からないナレー
ションを書いて、スーパーにも入れようとしたが、漢字は「聞いて」か「聴いて」かと
迷って、国立国語研究所に電話で問合わせた。「日本語は絶えず流動変化する
ものなので、お答えできない」と言われて、ならばと「聴」にしたような記憶がある。

我が百野草荘の山茶花は胴回り40センチほどの大木だが、満開も過ぎて根元は
散った花びらでピンク一色になっている。「山茶花」はサザンカなのだが、本来は
漢字の通りサンサカと呼んだと、毎日新聞の『余禄』にあった。サザンカの英語名も
言い間違いのまま「sasanqua」になっている。「舌つづみを打つ」が「舌づつみ」と
間違えたりする、音の入替りをメタセシスというらしい。「新し」は古くは「あらたし」
だったが、「あたらし」になって定着してしまった。正しさよりも言い易さの方が強くて
拡がりやすいのだ。(中国では山茶はツバキを指し、サザンカは茶梅というらしい)

隣りのOさんは「体」のことをいつも「カダラ」と言う。カラダと言いにくいそうで、笑い
ながら真似をすると「カダラ」は確かに言い易い。もう10年もしたら、この狭川地区で
体はカダラになり、50年もたてば日本中がカダラと言うようになるのが楽しみだが、
それまで生きていられない。カダラ、いや体も流動変化し、ついには消滅するから。

BPPV(回転性めまい)、予防法。(篆刻:耳)

20151116171950.jpg
昨日は名古屋からK夫妻が篆刻教室に来る日だったが。朝起きたら、ぐるぐる目が
回った。去年夏のBPPV(良性発作性頭位めまい症)の再発だが1分ほどで収まる。
ふたりは2、3文字のデザインも出来、彫りも心配ないので、キャンセルにしなかった。
が、その後2度もめまいがしたので、ベッドで横になった。着いたKさんは「自分にも
経験があるのでつらさが分かる、この機会に飛鳥に行ってみる」と言ってくれた、らしい。

夕方少し楽になったので、Kさんにお詫びのメールを入れ、改めてネットで調べてみた。
原因は内耳にある耳石が剥がれて、同じ内耳の三半規管に入り、頭を動かす時刺激に
なるという。枕が低く、寝返りが少ないと、耳石の粉がかたまりやすくなるとあり驚いた。
私はS字であるべき頸椎が逆C字なので、低い枕ふたつの間に頭を置いて、枕無しの
状態で寝る。両側の枕は寝返りをうつ時のためだが、右向きで寝ることが多い。これでは
耳石を溜めているようなものだったのだ。耳石の浮遊物を戻すエプリー法もあるらしいが、
NHKの「ためしてガッテン」で紹介された予防法があったので、昨晩と今朝やってみた。

枕を高くして、首を上、右、上、左に10秒ずつ向ける。これを寝る前と起きた時10セット
だから簡単。きょうは運転して猫の予防注射に行けたし、Kさんからは「おかげで飛鳥の
小旅行を楽しめました」とメールをもらった。2文字のデザインができたら送ってください。

不常識『篆刻講座』 9:近藤正臣さんへの、新「正臣」。

2015116115725.jpg「正臣(20×20ミリ)」
油絵は気に入るまで何度でも塗り重ねられるそうだが、ほとんどの創作はどこかで踏ん切りをつけて作品として仕上げなければならない。篆刻のデザインをして彫らずに翌日見直せば、きっとどこかを直したくなるけれど、それを延々と続けてほとんど彫れない人もいる。莫山先生も、上手いの下手のと考える前に、とにかく数を彫れとおっしゃっていた。

もう15年以上前だが、大阪の茶屋町画廊で初の個展をしたら、東京の友人が下北沢のギャラリー「思無邪」を紹介してくれて、そのままの勢いで共同展めいたことをした。そこで俳優の近藤正臣さんが「正臣」を注文してくださった。広告の現役バリバリだったから、私の篆刻でいいのかなと思いながらも一所懸命に彫った。いま私は広告から篆刻に軸足を移したが、近藤さんも大河ドラマや朝ドラの常連といっていいほどの名脇役になられた。テレビで拝見するたびに、あの旧作「正臣」がクッキリと浮かんでくる。それが「あさが来た」で毎朝ともなれば恥ずかしいやら苦しいやら。いまの近藤さんにいまの私がどんな「正臣」を彫るのか、彫れるのか。彫らずにはいられなくなった。それがこれ。事務所を検索して、お便りを添えてお送りした。

早速マネージャーの方から丁重なメールをいただき、「近藤に伝えたところ、下北沢のことも覚えているが、NHKの正月スペシャルや大河ドラマの収録で忙しい。篆刻を見てもらうまで少し時間が欲しい」とのことだった。そして、昨日の午前中、東京からの電話に出てみると「近藤です。すてきな篆刻をありがとうございました」と、さっきテレビで聞いた声。為書きに書いた「正の字は、城郭に囲まれた街を攻めることだったのですか」、(そうです、攻め勝った方が正義。勝てば官軍ですね)、「昔の作は昔のこと、これは新しい感覚ですね。これからこれを使います」、「袋物が好きなので、この袋もすごくうれしい」と、私とカミサンの気持ちを真っ直ぐに受け止めてくださった。喉に刺さっていた大骨がスッと溶けて消えていった。

さて、久々の不常識「篆刻講座」が、とにかく数を彫れ、旧作が恥ずかしければ新作を彫れと、常識的なことばかりになったが、頼まれてもいないのに彫って送りつけるなど不常識の極み、というお話です。

拝啓 篠田桃紅様 (篆刻:創)

20151020105750.jpg
NHKで篠田桃紅さんのドキュメンタリーを見た。私の亡くなった母と同じ大正2年の
生まれで102歳。ディレクターにいきなり「取材で真実が撮れるなんて思い上りよ」と
カウンターを浴びせるのだから、まだまだ元気。「人間が桜を可愛いなんて」、「桜の
方が人間は可愛いと思っているでしょ」と、自然に比べれば人間は小さなものと、また
脳天に一撃。妻にならず、母にもならず、女独りを貫き創造を持続してきたのだから、
精神の強さは尋常ではないだろう。こういう女性は苦手だけれど、敬意は表したい。

5歳頃から書を初めて前衛書で高い評価を得ながらも、書から水墨の抽象画「墨象」に
転じた理由は。「文字は文字の決まりを越えられないから、いくら何をしてもアレンジで
しかない、書はクリエイション(創造)でないから。そこに収まりきれなかった」というが。

その論法なら、生け花は花のアレンジに過ぎない。写実は創造ではなく、抽象だけが
創造ということなのか。自らを律する理屈だから他に害を及ぼすものではないのだが。
細い3本の線で月のような形を書いて、題は「月」。文字としての制約を逃れたいのに、
自らがつけた題で月と読む(見る)ことを強いているのが気になる。余計なお世話だが、
その偏狭ゆえにもっとおおらかで自由な何かを見失うことはなかっただろうか。篆刻と
いう「書体のアレンジ」でも、まだ新しい何かが創造できると、私は信じているのだが。

ページ上部へ