新作のご紹介
蔵書印「燈耑房」

蔵書印「燈耑房」

手放す本のために。
27,000円(税込)

201851410047.JPG  201851410119.JPG

20185141029.jpg

1万5千冊の蔵書を持つ方から、
手元に残す本と手放す本の2種類の蔵書印のご依頼。
「燈耑房(とうたんぼう)」だけのこちらは、
「私の手を離れた後も誰かを楽しませることが出来れば」という
願いを形にしたもので、文字は読めるように、
両扉に購入時期、管理番号を書き込めるようにしました。
「感想は後日」とのことで、楽しみです。

 

「蔵書印はとても気に入っています。ただ古本を集めた書庫というより、
物語を含んでいる書庫と思っているので、その演出にはとても良い印です。
購入経緯を記録したノートに1万5千冊の書名がありますが、
将来、限定10部の非売品というイメージで目録を作成しようと思っています。
いつか古書店でこの蔵書印を捺した本を入手した人がいて、
蔵書印に興味を持つ人が現れ、さらに蔵書目録に気がついて・・・
というような物語を想像しています。」と長文のお便りをいただきました。
ありがとうございました。


 

ページ上部へ