ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>社会>座布団を、どうぞ。(篆刻:仁)
社会

座布団を、どうぞ。(篆刻:仁)

仁

秋篠宮家に男のお子さまが生まれた。まずもって目出度いとして。
名前は「悠仁(ひさひと)」と決まった。マスコミはこぞって「悠」の意味を伝える。
白川静先生の『字統』から、「みそぎを終えて、心の伸びやかになった状態」だと。
「仁」については、儒教で人の最高の徳目とすることから、長く男子の二文字の下に
使うのが慣例として、それ以上字源にまでさかのぼることはないようだ。

以下、『字統』では。孔子も孟子も「仁は人なり」と人に同じとしたが、金文などの仁が
人の下に二を置いた形であることから、二を敷物と解釈する。敷物を人に施すことが
仁の本来の意味で、そこから広がって、親和・慈愛となり、さらに最高の徳にまで
高められた、とのこと。漢字の御本家中国が文化大革命などでゴタゴタする間にも、
自らの大学の紛争にも動じず、30年間漢字の生い立ちを探り続けた先生の説だ。

7、8年前、犬の散歩中に足をぐねって、骨折した。自損事故で、犬に罪はない。
1ヵ月間、ギブスと松葉杖(古いなァ)で通勤。奈良までは運転、近鉄、地下鉄に乗る。
さて、そこで質問。「1ヵ月間で、何回席を譲られたでしょうか」。正解は「1回」。
はるかなる未来の「悠」も結構だけれど、足元の「仁」は、ただ人気の人名漢字。
座布団だって、「笑点」の小道具、お寒い笑いの採点法にすぎないのかもしれない。

コメントする

ページ上部へ