ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>広告>工夫は、普段から。(篆刻:工夫有平生)
広告

工夫は、普段から。(篆刻:工夫有平生)

工夫有平生

このブログは、自由律俳句(季語と五七五にとらわれない)の巨匠であるK氏が、
時々覗いてくれているようだから、無分別の続きを。篆刻の「工夫有平生」は、
これまた非力で情けない大昔の作ですが、工夫は普段、日常に行うべし、という
俳聖松尾芭蕉のありがたいお言葉。それに続く言葉が「臨席無分別」で、
席に臨んでは無分別であれ。席とは、句会とか、そんな場所なのでしょうか。

私は、句会らしきものは1回しか経験がないけれど。広告界で、我々制作者が
クライアントに企画を提案するプレゼンテーションも、その席と言えるのでは。
一時はプレテと言われたりしたが、最近はプレゼンという一般用語としても
定着したようだ。プレゼンといえば、創業期の日本マクドナルドの藤田田さんに
数年間、毎週水曜日の午前中、すべての制作物を私ひとりでプレゼンした。

相手は怪物、こちらは27、8の若造。何をどう突っ込まれるか、予想もつかない。
対策は、普段からマクドナルドのことを自分がどれだけ考えたか、しかない。
そして、田さんの前では無分別。何を聞かれても、間髪をいれず答えるだけ。
それで田さんは安心する。私の自信にもなった。それ以来、私はプレゼンで
あがったことがないが。「臨席無分別」の篆刻は、工夫が足りず、お見せできない。

コメントする

ページ上部へ