植物

泥から、華。(篆刻:華)

華

生臭い話が続いたから、気分を変えよう。5月の半ばに、ハスの苗を買った。
苗とはいえ、ハスだから20センチほどのレンコンに、小さな葉が2、3枚。
庭の隅に放置していた睡蓮鉢に田んぼの土を入れて植えたのだが、
これがなかなか育ってくれず、やきもきした。カミサンから、他のホームセンターで
1000円も安かったし、つぼみまであったと聞いたときは、ガックリした。

7月に近くなって、やっと浮き葉より立ち葉が多くなって、ハスらしくはなった。
が、いっこうに花のつぼみが現れない。これこそはつぼみだ、と思っても
伸びたら葉だった、の繰り返し。やっと間違いなくつぼみが、1本出たのだが、
いつまでも水面からちょっと上のまま、伸びない。今年は咲かずに終わるのか。
まあ、お盆用のハスの葉を買わずにすむなら、それでもいいか、と言い聞かせた。

直径60センチの鉢に、直径50センチ、高さ1メートルに近い葉が20枚ほども
ひしめく姿は壮観。雨が降れば、それぞれの葉が鹿おどしのように水を溜めては
落とす様子も面白い。その葉の中に、ぐんと伸びたつぼみを発見したのは、
10日ほど前。いまでは葉を追い抜くほどの高さで、ふくよかな丸み、淡い桃色が
官能的でもある。篆刻は、「華」。泥から出た華が開くのは、さあ、いつだろう。

コメントする

ページ上部へ