2011年7月

グー、という猫。(篆刻:猫)

猫
このブログを書く気がしなかった。原発や政府への愚痴になりそうで、止めていたが。
友人のブログにコメントを入れたら「そっちは、どうした」と聞かれ。「さて、どうするか」と
ブログを見たら、「1ヶ月以上記事がないから」と変な広告が出ている。あわてて書き
始めたら、大阪の暇なご隠居から広告占拠のお知らせメールが来る。・・・で、猫の話。

現在、我が家には3匹の猫がいる。そこに、野良猫が割り込んできた。カミサンが前に
いた猫に似ていると「グー」という名前までつけて餌もやるから居ついたのだが。先住の
タヌキという猫が、これを全力で排除したがる。何回もの取っ組み合いの末に、グーが
溝の中でずぶ濡れになって、風邪をひいたらしい。ゼーゼーと口を開いて息をする。
土間の隅に入り込んで、餌も水も受け付けず、寝るばかり。それが少し収まったころ、
こんどは目や鼻の周りがタダレてきた。もしや猫エイズかと、昨日病院に連れていった。

結果的には、粘膜の潰瘍らしく、他の猫には移らないらしいが。離れの玄関に隔離。
今朝は、カミサンとふたりで皮手袋をはめて抑え込み、ステロイドの錠剤をすり潰して
蜂蜜で練ったものを口に押し込んだ。野良猫は10日くらい食べなくても死なないし、
昨日点滴もしているから、一時のNO GOOが名前通りのグーに戻れるかもしれない。

篆刻は「猫」で、あちこちが猫の爪に。悪い冗談のような世の中に、お付合いして・・・

ページ上部へ