ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>言葉>形容詞にも、ご用心。(篆刻:形)
言葉

形容詞にも、ご用心。(篆刻:形)

201569174323.jpg
6月5日の毎日新聞に「形容詞にご用心」というコラムがあった。池澤夏樹さんが
20年以上前に原発を見学した時、広報部の文章に「固い」「丈夫な」「がんじょうな」
「厚い」という言葉が並んでいたという。そんな言葉で原発の安全神話が作られた
のだし、安保保障関連法案にも具体性のない形容詞が羅列されていて、また安保
神話を作りたいのではという話で、同感だが。「具体性のない言葉の羅列は読み手
の心理をある方向にもっていこうとする広告のコピーのようなもの。」の一節がある。

私が初めて松下電器の新聞広告のコピーを書いた時、それは事実上の実地試験
だった。「形容詞がまったく無い」ということで合格になり、その後もコピーを書くこと
になった。だから「広告のコピー」の前に「下手な」という形容詞を加えるべきだし、
そもそも広告で形容詞を並べて読者をある方向にもっていくなど、出来る訳がない。

安保法制の話に戻れば、憲法学者3人が口をそろえて憲法違反と断罪したのは
痛快だった。そのなかの一人が「政府は後方支援というが、戦争に後ろも前もない。
そういう言葉遊びは止めていただきたい」と言ったのを聞いて、溜飲が下がった。
かつて「美しい日本」がコンセプトみたいなことを言った総理だから形容詞は当然の
こと、副詞、助詞、名詞だって疑ってかからないと、日本は大変なことになるだろう。

コメント(2)

同感! 現在の総理を筆頭にお国のコメントに対して言い出すと止まらないのだが、
過激な形容詞が頻発しそうなので…あは。

そんな危険な党と総理を選挙で勝たせてしまったのは、我々だから・・・

コメントする

ページ上部へ