2017年6月

ガラスを割ったのは、誰だ? (篆刻:誰)

201761318155.jpg
この月曜の朝、ガレージにあった車のリアウインドウが、また割れていた。金ヅチの
ようなもの叩いたらしき割れ方で、去年に続いて2回目だから、駐在所に電話して
来てもらい、被害届も書いた。近所で恨みを買うことは無いのかなどと聞かれたが、
ある訳がない。去年はホンダに持ち込んだけれど、代車がすぐに用意できないとか、
外注で時間がかかるとかだったから、車のガラス専門店に電話した。代車はあるし、
翌朝には出来上がるというので、すぐに持ち込んだ。そこの社長が言うのには・・・

「この季節は草刈機で石を飛ばしてガラスを割ることが多い。シルバー人材センターで
草刈りに行き、自分のばかりか先方のに石を当てる事故が増える時期です」 「ん・・・ 
そういえば、昨日の午後、ガレージ回りの草刈りをした」 「それなら草刈機でという
可能性が高い。ガラスが割れるとポンと音がするけれど、草刈機の音より小さいから
気がつかない」 それにしても、2年続けて、と半信半疑で代車に乗って帰ったのだが。

去年のダイアリーを見て驚いた。前日にガレージ回りの草刈りをしているではないか。
しかも割れたガラスに気づいたのは翌朝。こうなると、2年続けて、同じ失敗をしたのだ
と思わざるをえない。そうだとしたら、草刈機のあんなに薄い刃で小さな石を飛ばして
車のリアウインドウに2回で2発命中させるなど名人芸だ! なんて言ってる場合か?

ムカデ、憎し。(篆刻:百足)

20176715622.jpg
数年前、インド人がこの田舎家に来たとき、しきりに家の中にヘビが入ってこないかと
心配していた。片言で「ヘビは入って来ない」と言えたが、「ムカデは家にも来る」とは
英語が判らないので言わなかった。いまになって調べてみたら“centipede”だそうだ。

先月21日の夕方、少し草を刈っておこうと思い作業着を着て、ムカデが入っていてはと
念入りに長靴を叩き、軍手に右手を入れたらチクッときた。手を抜いたら10センチもある
ムカデが土間に落ちて、とっさに踏んで殺したのだが。見るみるうちに人差し指が腫れて
きた。ステロイド軟膏を塗ったが、指はズキズキ痛いし、手の甲から手首の下まで腫れ
てきた。眠れないほどではなかったが微熱もあるので、朝病院に行った。ムカデの毒消し
がある訳もないので、結局はステロイドの内服薬と軟膏だけ。翌々日の再診では水ぶくれ
の水を抜いただけ。それから1週間後には腫れも引いたので薬は要らないでしょうで終了。

マムシの毒には血清があるのに、ムカデはステロイド一本やりの対症療法。ムカデをゴマ油
に漬けたムカデ油がステロイド軟膏より効いたと話したが「気のせいでしょう、内服薬も飲ん
でいるから」と聞く耳を持たない。医者の頑固さを非難しても仕方ないから、こっちがムカデに
刺されないように気をつけるしかない。ムカデ、マムシ、毒毛虫と怖いものには事欠かないが
なお余りある自然の恵みをいただいているのだから、ありがたいと思わなければ罰が当たる。

ページ上部へ