ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>天からの、贈りもの。>「天からの、贈りもの。」③狭川に、やる気を。(篆刻:ヤル気)
天からの、贈りもの。

「天からの、贈りもの。」③狭川に、やる気を。(篆刻:ヤル気)

201953018433.jpg
T.H夫妻が快諾してくださったので、お礼に美味しい蕎麦を食べていただくことに
した。というのも、一緒に巨木を見に行ったM.Kさんは、浄瑠璃寺門前で蕎麦屋を
していて、K.Hさんも行きつけだったから。M.Kさんと知り合ったのもK.Hさんの紹介。

蕎麦をいただきながら、M.Kさんに「狭川の町おこしに使わせてもらうことになった」と
話す。M.Kさんは、かつて白洲正子に愛でられた陶芸家だし、現在は正倉院御物の
撥鏤(ばちる)の復元をしているアーチスト。付合いのある奈良工藝館にふじい忠一
さんが巨木を手放す話をしていたようで、そもそもアート作品をタダで貰うことには
反対のようだったが、そこまで話が決まっているのならと、なんとか賛同してくれた。
その後、車で15分足らずだからと、九頭神社を見ていただくことにした。3人は鳥居を
くぐって、階段を拝殿まで登り、参拝を済ませて「いい神社ですね」と言ってくださった。

ここまで決まったのだから、次のステップに進もうと、25日に宮司、自治連合会、狭川
の会、市・出張所の振興係、5人に集まってもらって、事の次第を説明した。ひとりは
半信半疑だったが、4人は賛成。「巨木アートで、狭川を活性化しよう」という方向は
定まった。誰も思いつかない巨木アートが狭川を刺激する。「やる気があれば、巨木も
曲がる」、「やる木、げん木」というキー・ワードも決まった。いよいよ、巨木が動き出した。

コメントする

ページ上部へ