ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>天からの、贈りもの。>「天からの、贈りもの。」⑤忠一さんを、見舞う。(篆刻:見舞)
天からの、贈りもの。

「天からの、贈りもの。」⑤忠一さんを、見舞う。(篆刻:見舞)

2019615224427.jpg
明日、ふじい忠一さんを病院に訪ねるなら、何をしたらいいか。まず、半紙に筆で
「やる木、げん木」と書いて、裏打ちして、適当な額にいれた。人の数倍のやる気で
巨木を曲げた忠一さんを、見舞い、励ますには、この言葉がいいと信じたからだ。
確認書が守田さんと私宛になっている。神社と自治会宛てに書き直してもらうより、
狭川の活性化に使うことを守田さんに認めてもらえばいいと「同意書」を用意し、また
「田中個人が譲り受けるのではなく、神社と狭川の活性化のためにいただく」との
誓約書も書き、捺印した。翌日、同意書に守田さんの判をもらい、病院に向かった。

病床で忠一さんは、私の話を聞きながら、ウン、ウンとうなずいてくれる。「ウンウン
じゃなくて、ありがとうでしょ」と雅子さんがフォローしてくれる。同意書と確認書を
渡し、持参の額を手に笑顔で写真に納まってもくれた。忠一さんがリハビリに行った
ので、ロビーで雅子さんと先客で友人という奈良の額縁屋・池田さんと話をする。
そこへ、大柳生の材木屋・白井さんから電話が入った。「いま、巨木をいただくふじい
忠一さんのお見舞いに伊賀上野の病院にいる。帰りに、そちらに寄って頼みがある」
と答える。白井さんは、私が狭川の家を買うとき、保証人代わりになってくれた人で、
ユニック付きのトラックでの巨木運搬を快諾してくれた。さあ、これで、準備は整った。

コメント(2)

奥様の素敵な言葉ですネ。
…素敵な仲間にも囲まれて、すっかり「やる木 げん木」。

おかげさまで、いろいろ順調です。今晩、NPO法人「手力男」の設立総会で、7月1日の申請を目指します。応援、お願いします。

コメントする

ページ上部へ