ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>天からの、贈りもの。>「天からの、贈りもの。」➉農協倉庫に、巨木を。(篆刻:農)
天からの、贈りもの。

「天からの、贈りもの。」➉農協倉庫に、巨木を。(篆刻:農)

2019827102839.jpg

市から旧幼稚園を借りる要望書の返事が無いまま日が過ぎていく。藤井雅子さん
からは、出来れば早くという話なので。狭川のちょうど中間、県道33号線(笠置
街道)に面して奈良県農協の旧狭川支店がある。奈良寄りの東里支店に統合され、
空き家のまま10年以上経っている。農協は、ここは貸さないと一貫していたのだが、
6ヵ月、倉庫を巨木の仮置き場にと頼み込んで、月1万円で契約することができた。

4月29日、ユニック(クレーン)付きのロングボディのトラックが借りられて、いよいよ
巨木アートを島ケ原から狭川に運ぶ大作戦を決行する。木製品を大事に運ぶプロ
の米田さんと中棹さんが布団と毛布を持って来て、杉ヒノキの山仕事が得意の奥田
さん、中村建築士、私の5人が9時前に狭川を出発。ふじい宅の入口で、トラックを
停めるのに手こずったが、主な巨木アート6点は全員がチェーンブロックで台車に
積み、トラックまで引っ張り、ユニックでトラックに荷台へと、思った以上にはかどった。

トラックの運転手は、カーブを曲がりながら「5トン以上あるな」とつぶやくが、笠置の
大橋が見えた時は、「いよいよ巨木が奈良に来た」と感無量だった。笠置を抜けて、
県境の広岡から農協へ。農協の前ではたくさんの人が出迎えてくれる。トラックから
下ろし、倉庫へ、皆も手伝ってくれて、1時前には搬入が済んだ。巨木は狭川に来た!

コメントする

ページ上部へ