ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>天からの、贈りもの。>「天からの、贈りもの。」⑪自治会に、融資を依頼。(篆刻:資)
天からの、贈りもの。

「天からの、贈りもの。」⑪自治会に、融資を依頼。(篆刻:資)

2019830164051.jpg
旧農協の倉庫に巨木アートを運びこんだのは、4月29日だが。それに先立つ20日、
手力男は狭川の自治連合会に500万円の融資を依頼している。かなりの額の特別
会計が定期預金で眠っているので、狭川の活性化に使わせてもらいたい、もちろん
定期以上の金利で返済する条件での依頼なのだが。4月の10町の自治会長会議では
一部に抵抗があり、各町に持ち帰って意見を聞き、それを集約することになった。

5月の連休5、6日に、倉庫の巨木アートを実際に見てもらい、融資の賛否の材料に
してもらおうとした。自治連合会から各町の自治会長に公開を伝えてもらったのだが、
各町の自治会長の受け取り方や理解にばらつきがあって、公開が全住民には伝わら
なかった。それでも、2日間で約80人が見に来てくれて、驚いたり、写真をとったりした
のは、大成功と言える。しかし、融資の依頼が、各町、各人に混乱を与えたことは事実。

いくつかの町では、ほとんど全員一致で、融資も賛成だったが、やむなく融資の依頼を
取り下げることにした。結果的に、資金は須蒲(すがま)孝委員長が個人で立て替える
ことになるが、須蒲さんはそういう決断をしてくれた。須蒲さんは75歳、自治連合会で
副会長、会長などを長く歴任してくれた人で、狭川を何とかしなければならない、座して
死ねないと、手力男の委員長を引き受けてくれた。余命を懸けても、という気迫だった。

コメントする

ページ上部へ