地域

「天からの、贈りもの。」④氏子も、賛成する。(篆刻:氏子)

201966121641.jpg
狭川・九頭神社は宮司ひとりと、9町を3ブロックにした代表・氏子総代3人で支え
らえている。4人は、毎月1日、18日に月並祭を行い、運営について協議・決定し、
それを9町の信徒総代に伝えて、協力を依頼する。3月1日に宮司が巨木アートの
話を氏子総代にする。昼過ぎに宮司が来て、4人で現物を見たい、4日に行きたいと
言ってきたのだが。相手のあることとだし、自治会の都合もある。自治連合会長にも
来てもらって、2人の前で藤井雅子さんに電話をした。4日で構わないと言ってくれた
ので、神社、自治会、出張所の総勢9人で伺うことをお願いした。さて、3月4日に。

案の定、誰もが巨木のすごさに圧倒された。せっかく人数がいるからと、主な作品を
撮影し、寸法も測って、記録した。帰り道にやぶっちゃ温泉がある。食事をしながら
感想を聞くと、「神社と狭川の活性化のためにいただこう」と全員の意見が一致した。

帰って早速竹内さんに電話をすると、ちょうどいま、ふじい夫妻から郵便で確認書が
届いたといい、すぐにファックスをくれた。「巨木アート作品及び材木等を当方の要請
により無償にて譲り渡す」。忠一さんが震えながら、奥さんはしっかり捺印してくれて
いる。私がハシゴを外されることにならないようにと竹内さんが配慮してくださったこと。
奥さんにお礼の電話を入れると「忠一に会って欲しい、明日病院で」という急展開に。

「天からの、贈りもの。」③狭川に、やる気を。(篆刻:ヤル気)

201953018433.jpg
竹内夫妻が快諾してくださったので、お礼に美味しい蕎麦を食べていただくことに
した。というのも、一緒に巨木を見に行った守田蔵さんは、浄瑠璃寺門前で蕎麦屋を
していて、拾子さんも行きつけだったから。蔵さんと知り合ったのも拾子さんの紹介。

蕎麦をいただきながら、蔵さんに「狭川の町おこしに使わせてもらうことになった」と
話す。蔵さんは、かつて白洲正子に愛でられた陶芸家だし、現在は正倉院御物の
撥鏤(ばちる)の復元をしているアーチスト。付合いのある奈良工藝館にふじい忠一
さんが巨木を手放す話をしていたようで、そもそもアート作品をタダで貰うことには
反対のようだったが、そこまで話が決まっているのならと、なんとか賛同してくれた。
その後、車で15分足らずだからと、九頭神社を見ていただくことにした。3人は鳥居を
くぐって、階段を拝殿まで登り、参拝を済ませて「いい神社ですね」と言ってくださった。

ここまで決まったのだから、次のステップに進もうと、25日に宮司、自治連合会、狭川
の会、市・出張所の振興係、5人に集まってもらって、事の次第を説明した。ひとりは
半信半疑だったが、4人は賛成。「巨木アートで、狭川を活性化しよう」という方向は
定まった。誰も思いつかない巨木アートが狭川を刺激する。「やる気があれば、巨木も
曲がる」、「やる木、げん木」というキー・ワードも決まった。いよいよ、巨木が動き出した。

店が、無い。(篆刻:店)

20161222183429.jpg
約35年前、この狭川に越して来た時は肉と果物を売る店があった。村の宴会の
たびに、そこで肉を買い、野菜は持ち寄りでスキ焼きをした。肉など誰もありがた
がらなくなって仕出し弁当に替わった頃、その店は閉まり、店の家族は奈良市内に
出て行った。残った店はただ一軒で酒、タバコ、菓子などを扱う何でも屋だったが。

18歳になれば男女問わず免許を取る時代。車で量販店に行けば、ワンストップで
安いから敵うはずもない。宅急便、郵便、クリーニングと手を拡げてみても多寡が
知れている。夏の終わりに村の集会で「10月末で商品販売は終了」と伝えられたが
「地域でただひとつの店が無くなっては大変」、「出来るだけ買い物をしよう」などと
声を上げる者はなく、予告通り販売を終了した。タバコは在庫が無くなったが、酒は
棚に残ったままホコリをかぶっている。賞味期限が切れて、廃棄するしかないだろう。

かなり前に農協の支所は閉鎖され、ATMと精米機は残ったが、利用客が少ないので
撤去が決まっている。平成28年4月1日現在、狭川地区10町の世帯数は194で、
人口は444人。0~14歳は26人、15~64歳は215人、65歳以上が203人。人口は
10年で150人近く減っている。家族の平均は2.3人。田んぼだった土地に太陽光発電
のパネルが増えている。やっと3地区の真ん中に診療所が出来たのはニュースだが。

アライグマ、闖入す。(写真:爪痕)

2016314142155.jpg
写真はアライグマの爪痕。家の外壁には何か所かあるが、これは家の中のもの。
母屋と離れの間の土間には庭に出る引き戸があるのだが、猫が出入りする穴を
開けている。私が寝る前にフタを締めるのだが、その夜はそろそろ締めようかと
思った頃、そこでゴトゴトと音がした。いちばん大きい(猫の)カモが入ったかと
行ったが、カモはいないのでフタを閉めて、母屋に行きかかったら、猫穴のあたりで
ガリガリという音。さてはアライグマを閉めこんでしまったかと思った時、胴の長さ
50センチもの大きなアライグマが足もとをすり抜け、母屋の座敷を駆けずり廻った。

どこにも出口がないので、また猫穴に戻って、ガリガリやる。追い込んで反撃され
たり、引っ掻かれたりしたら大怪我をするから、裏の戸を開けて逃げ道をつくった。
外の空気が入ったのを察知して飛び出ていき、爪痕の置き土産で一件落着したが。

カミサンは以前、ガレージの前でファミリーを見かけている。隣の空き地の朽ちた
プレハブ小屋に住んでいるらしい。屋根裏に住みつかれて、フンをされたり、子を
産んだりした話も聞くが、我が家は何とか水際で撃退している。イノシシ、サルは
珍しくないし、狭川地区内ではシカの食害も出はじめた。若者は出て行き人間は
減る一方で、有害動物だけが増え続ける。自然は豊かだけど、悩みも多いです。

 

田んぼで、発電。(篆刻:田)

2015929125231.jpg
ここ奈良市の下狭川には、かつて白砂川(水力)発電所があり、明治41年に明治
天皇が奈良に行幸されたとき県公会堂と周辺に送電した。初めて奈良市に電灯が
灯ったのがこの時だという。川添いの崖下には石垣が残り、その施設跡だと分かる。

そして、いま。狭川のあちらこちらで、また発電が始まっている。そう、太陽光発電
パネルが田んぼの中に散見されるのだ。それも狭川地区でいちばん広く、良い稲が
とれるという地域でのこと。おそらく休耕地、耕作放棄地を農地から別の地目に転用
して発電事業者に転売か貸借してのことだと思う。若く元気な子供がいても通勤や
学校のために奈良市内や隣の木津川市に出てしまうことが多い。車で30分ほど
だろうに年2回の田植・稲刈に手伝いに来るのはどれほどか。実家に戻って農業
を継ぐこともないだろう。機械化で高齢でも作業が出来るとはいえ、機械のローンや
肥料購入費用に比べて米の買取り価格は低迷したままだから、農業を続けることの
負担は大きくなるばかり。田んぼだけでなく、京都府との境の東向きの山では森林の
伐採、整地が進んで、大規模な発電施設の建設が始まっている。この西狭川町でも
県道沿いで100坪ほどの空地にもパネルが敷き詰められた。美しいものではない。

自然エネルギー促進の名のもとに、農地が歯抜けのように減り、景観は乱れていく。

里山の、死。(篆刻:枯)

20158715836.jpg
この奈良市東部山間でもナラ枯れが拡がっている。縁側から見える向かいの雑木林
でも、枯れ木が目立つ。植林したスギ、ヒノキの山は緑だから、その落差が痛々しい。

ナラ枯れはナラ、カシ、シイなどがカシノナガキクイムシ(カシナガ)の運ぶ病原菌により
次々に枯れること。このブログで「楢が枯れる。」と書いたのは2年前、春日原始林で
被害が確認されて県と市が対策に乗り出した頃なのだが。去年は生駒市でナラ枯れに
関連するとみられる危険なキノコ・カエンタケも発生し、いま京都の県境に近いここまで
北上、拡大した。対策は成功していないし、後手に回っているのは明らかなのだが。
対策といっても薬剤の注入・塗布、枯れ死木の伐採処理などで対症療法だし、肝心の
原因は分からない。里山林を薪炭にしなくなったのでカシナガの好む大径木が増えた
という説もあるし、カモシカしか行かない山地でもナラ枯れはあると論争が続いている。

この25軒ほどの町内で薪で風呂を焚く家は1軒だけ。それも里山林のナラ、クヌギなど
ではなくスギ、ヒノキの植林山の間伐材を使っている。植林山を間伐しているのはマシな
方で、放置した山がほとんどではないか。実に残念なことだが、里山などはとっくの昔に
死んでいる。向かいの山にナラ枯れがある、目の前の棚田の中にも耕作放棄した草むら
がある。それがあるがままの姿だと思わなければ仕方ない。すごく残念ではあるけれど。

 

タモリに、教わる。(篆刻:春日)

201576185714.jpg
奈良の東向商店街は近鉄奈良駅から南に下っているのだが、それがなぜ東向きと
いうのかをNHKの「ブラタモリ」で教えてもらった。通りの東側は昔の断層で生まれた
崖で、その上は興福寺。興福寺にお尻を向ける訳にはいかないから、店はみな東を
向いていたからだという。いまでは純和風の教会も有名な奈良漬けの店も揃って
お尻を向けているから、奈良の住民でもどれほどの人がいわれを知っているだろう。

この放送は見そこなったので、日曜日の午後1時からの再放送を見たのだが。その
内容を知らぬまま午前中は春日大社に出かけていた。60回目となる「式年造替」で、
御本殿「後殿(うしろどの)」と「磐座(いわくら)」、御仮殿(移殿)が拝観できたし禁足地
「御蓋山浮雲峰遥拝所(みかさやまうきぐものみねようはいじょ)」も特別に参拝できた。
帰ってきて昼食を食べながら見た再放送で、タモリたちも我々がさっき行った同じ
場所にいるのが不思議な感覚だったが、4つ並んだ本殿が地形をそのままに保つ
ため階段状になっているという。行列について移動していたし、見上げたら雨樋が
大木をくり抜いた丸木舟のようで驚き、足元のそれにはまったく気がつかなかった。

奈良にいたら、いつでも行けるし見られると思って、結局は何にも知らない。奈良の
地名は段差を「ならす」からという説も教えられた。奈良に無知なことを反省してます。

 

奈良で、音楽祭?(篆刻:音楽)

2015630184550.jpg
昔、奈良で酔って入ったジャズの店で生演奏していて、リクエストもありだというから
“ブルーベリー・ヒル”を頼んだら、それはジャズじゃないと言われて酔いが醒めた。
ジャズとポピュラーの違いが分からない私にとっては、今年で4回目奈良県主催の
ムジークフェスタでの秋満義孝のステージはとっても楽しかった。いわゆるジャズは
最後の“A列車でいこう”だけで、映画音楽ありラテンありと、耳にしたことがある曲
ばかり。音楽は理屈抜きで楽しくなくっちゃ、とひさしぶりの生演奏に心がはずんだ。

もうひとつ、“PARINARA”という映像と音楽のイベントにも行った。最初は奈良の
若者たちの演奏で、2番目は尺八とピアノ、メインらしきはモッズのバンドだったから
何がパリで、どう奈良なのかは分からないけれど、楽しかったからいいじゃないか。

それはそれで楽しかったけれど。イベントの前に腹ごしらえに入った餅飯殿の小さな
レストランにも、東大寺門前の「夢風ひろば」にも、ムジークフェスタのポスターがない。
レストランではそんなイベント知らないというし、夢風ひろばでは「協賛しないと言ったら、
帰っていった。ポスター貼るだけなら、スペースはいっぱいあるのに」という話だった。
6月28日までの16日間、奈良県内あちこちで相当の数の音楽イベントがあったのに、
かなりの人員、予算を費やしただろうに、やっぱり根っこはお役所仕事なのが残念!!

 

子どもたちの、太鼓踊り。(篆刻:鼓)

2014111812207.jpg
奈良市立興東中学の校区は、この狭川と東里、大柳生の3地区。大柳生の夜支布
(やしふ)山口神社には1年毎に神の分霊を当家(とうや)が祀る廻り明神という
宮座制度があり、夏祭りは当家の植栽を取り払った庭で太鼓踊りと相撲が奉納された。
30年前、私も相撲に飛び入りで出て、小結になり立派な御幣をいただいたことがある。

奈良県で唯一の太鼓踊りは室町幕府三代将軍・足利義満が武門の門出を祈ったと
いう伝承で700年続く県指定無形文化財だが、少子高齢化、踊り手の青年の減少で
2012年を最後に休止されてしまった。ところが、この太鼓踊りが意外な形で復活した。

11月1日、校区地域教育協議会主催の「興東里山まつり」で、幼稚園児3人を含む
小・中学生たち全員が、会場の野外活動センターのホールで見事に演じきったのだ。
2週間毎日練習を重ねたという。太鼓を叩きながらひた向きに踊る姿に、皆が心から
感動した。踊り終えた中学の生徒会長は女の子だが、皆の前で「私たちが引き継いで
いきたい」ときっぱりと宣言した。私たちもそうしてくれることを願う。その心意気や
あっ晴れだが、本当にできるのだろうか。青年男子に限るという垣根は無くなったし、
大柳生在住にこだわらず、他の東里、狭川の子どもも参加した。それでも太鼓踊りを
受け継ぐということは、この地区に住み続けるということ。彼らに、できるのだろうか。

 

お地蔵さんを下ろす。(篆刻:地蔵)

20141027113215.jpg
我が西狭川町の北西の山の中に薬師堂という祠(ほこら)があり、ジョーセン地蔵が
祀られている。この地域の新西国三十三所のひとつで、ジョーセンとはお菓子の飴。
子どもの吹き出ものには「ありがたや薬師堂地蔵菩薩救いの誓いあらたなり」と祈り、
治れば飴を手に「お礼参りのうれしさに聞こし召されよ南無地蔵さん」と唱えたという。

この祠の瓦が落ちて建て直しが必要だが、高齢化で山道はつらい、登り口の畑を
借りて移転することになった。長老を祭主に地鎮祭をして、石垣、ブロックで整地し、
祠の土台が出来た。1.5メートル、1トンほどもある地蔵さんを下ろす大仕事になる。
僧侶が性根を抜いたから、ただの石だが粗末には扱えない。考えた末の方法は、
割った竹を番線で巻いて、ロープで細い山道を滑らせることにしたが、予想以上に
上手くいった。大小30の石仏は一輪車で。8人で午前中にはすべてを下ろし終え、
午後はすえ付け。ミニユンボの威力も借りて、地蔵を立て、石仏も整然と並べた。

つぎは大工の仕事で、11月1日には性根入れ。これで地蔵移転、薬師堂再建が
完成する。宗教施設だが町の文化遺産でもあるので自治会の事業とした。今回は
下ろす仕事だったけれど、あの大きく重い地蔵をあの高さまで運び上げた昔の人は
本当に凄いなァ。宗教心と、知恵と和の力だろうと、痛む足腰をさすりながら思う。

 

ページ上部へ