植物

椿の、フォトブック。(篆刻:椿)

20191211798.jpg

我が百野草(ものぐさ)荘には、椿が130本ほど植えてある。最初の30本は、亡く
なった息子の慰霊のため。後の100本は空き家に置き去りにされた鉢を引き取って
地植えしたもの。半分は名前が判らないが、残りは名のある椿で、それぞれが姿と
色で楽しませてくれる。しかし、それが同時には咲かないのが、残念と言えば残念。

年末にカミサンの友人から手編みのベストを2着もいただいた。お礼は要らないとの
ことだが、強いて言えば椿の写真を何枚かとのこと。ただ写真をプリントするというのも
味気ないから、これを機に椿のフォトブックを作ることにした。ネットでみると、いろいろ
あるのだが、ビスタプリントが良さそうで、試しに編集してみた。あらかじめ名前が判る
60点を選んで24ページに挿入する。写真のそばに名前を入れるのに細かな調節が
出来ないのが難だったが、プロのデザイナーじゃないんだからと居直ればいいので。
表紙、裏表紙、背表紙を決めて、プレビューすれば、我ながら惚れぼれする椿図鑑が
出来上がった。そのまま入稿して、1週間で届いた。厚いハードカバーで紙もしっかり、
60の椿が一堂に競い咲く。ベストをくれたHさん、空き家から椿の300鉢を運んで
くれたKさんに、それぞれ1冊を差し上げる。花のブログ、フェイスブックで紹介したら、
数人から欲しいという反響もあった。次は「草」と「木」で、百野草荘の3部作にしたい。

※フォトブックの写真は、こちらで。

雪餅草の奇跡。(篆刻?:餅)

2018122618739.jpg

少し前の話だが、餅をつく季節だから、まァいいかと、雪餅草の話。ユキモチソウは
仏炎苞と呼ばれるラッパかお姫様の襟のような花を咲かせるけれど、その中心は
2センチほどの真っ白なお餅そっくり。それが今年二つも咲いてよろこんだが。秋に
大きな実がなって驚いた。緑、黄色、オレンジ、赤の粒が密集して、なんとも美しい。

いただいた球根を植えて根付いて咲いたから、難しくもなかったが、ネットで調べると、
相当ややこしい植物らしい。半日陰で、雨風に弱いくせに乾燥を嫌う。分球しないので
種で増えるが、その種は赤い果肉に覆われている。果肉には発芽抑制物質があって、
しかも皮膚がかゆくなる毒があり剥くときは手袋がいる。その種ができるのは、もっと
ややこしい。小さなハエが花の周囲の部屋に閉じ込められる。雄花ではこの部屋に
雄しべから出た花粉が溜まっていて、花粉まみれのハエは穴から脱出するが、雌花
には穴がなく、出られず死ぬ。この中に雄花で花粉をつけて脱出したハエがいる時に
だけ受粉が成立するのだという。しかも、雌雄異株だが、苗ではどちらでもなく、少し
育つと雄株に、充実すると雌株に性転換するらしい。こんなにも複雑な条件をクリア
して、実がなったことは奇跡と言っていいだろう。こんな貴重な実だけど、カミサンが
絵の教室で欲しいという人にあげてしまった。雪餅が行き持ちになった、というお話。

 

桃栗三年、柿三十五年。(篆刻:柿)

20189201761.jpg
庭で花や実を見つけて、「あ、こんなところに。写真を撮らなきゃ!」と思うのだが、
撮り忘れるだけでなく、それが何だったかが思いだせない。昨日も、そんなことが
あって、さっき篆刻を彫りながら、ふと思い出したのは、庭の「柿の実」なのだった。

柿がなって何が珍しいか。その柿の木は、ここに越してきてすぐ、子どもが小学校
高学年、柿を食べて種を飛ばして遊んだ、その種が育ったものなのだ。庭の右寄り
に生えたし単調さを破るアクセントだから、適度な高さで剪定し続けて、35年。花は
咲くけど実はならないと、あきらめていたのに、柿色の実があったのだから驚いた。
桃栗三年、柿三十五年! また忘れてはと、雨の中、傘をさして撮った。暗い写真を
パソコンで明るくして見たら、もう熟して割れも入っている。亡くなった遊の飛ばした
種か、弟の種かは判らないが、熟れて落ちるのも忍びないから摘んで仏壇に供えた。

今日は、亡くなった息子さんの名前を彫った篆刻を発送した。先日、納骨が済んで、
この28日の一周忌に仏壇に供えるという。名前を口にするだけで涙が出ると言い
ながら頼まれた篆刻だから、名前に込められたご両親の想いを私なりに形にしたの
だが、デザインをしながら何度か胸にこみ上げるものがあった。まだ1年に満たない
なら無理もないけど。日にちという薬もある。思いがけない実がなるかもしれません。

植物名には、漢字併記を。(篆刻:漢)

2018524113023.jpg
このHPの花のブログ「百野草荘・花姿風伝」をご覧の方は、花や木の名前が漢字に
なっているのをご存知と思うが。一般のカタカナ表記では、名前が持つ意味や由来が
伝わらないからで、中国にも、このブログで日本の花の名を覚えている方がおいでで
少しはお役にたっているのかもしれない。新聞広告で「植物名には漢字併記を!」と
いう雑誌を見て早速読んでみた。『望星』 2018年6月号で、発行は東海教育研究所。

「動植物名の表記はカタカナを使う」とされたのは昭和23年の「公用文の手引き」に
よるから、戦後間もなく。昭和56年には当用漢字の廃止と常用漢字の制定があって
そこにある「桜」や「梅」は漢字を使えるが、「椿」はないので「ツバキ」と書くことになる。

だから、街路樹や公園ではカタカナ表記だけが圧倒的に多いのだが。タツナミソウは
立浪草と名付けた人に敬意を払いたくなるほど絶妙なネーミングだし。ユキモチソウは
行き持ち草と勘違いすれば江戸の飛脚に関係がと邪推したくなるが、雪餅草と書けば
何やら想像もつくし、実際に見た時の感動は倍加する。漢字は中国から来たし、中国
渡来の植物もあり、かなりの当て字も多いから、それなりの難解さや混乱もあるけれど、
漢字表記でしか伝わらない具体性やイメージの方が圧倒的に多いのだから、私の花の
ブログでは、タイトルは漢字で、本文はカタカナでという併記を、今後も続けていきます。

アスナロは、よろこんでいるか。(篆刻:木)

20171218121220.gif
以前、奈良公園のホテル建設反対に賛同した“Change.org”で、世界一のクリスマス
ツリーPROJECTを知って、唖然とした。富山県氷見市の樹齢約150年のアスナロを
神戸メリケンパークで、クリスマスツリーにするという。なぜ、そんなことをするのか。

生きた木では世界一だとか、阪神淡路震災の鎮魂だとか、生田神社の鳥居にする
予定だとか、フェリシモが木のグッズを販売予定(その後中止)だとか、ワイヤーに
付けたプレートの数でギネス記録を狙うとか、とにかく意図や動機が支離滅裂なのだ。

発案者の西畠清順氏はプラントハンターで、樹木のプロ。昨夜のTBS「情熱大陸」が
20周年記念番組としてこの木を選ぶ段階から記録していたから、番組企画というのが
丸見えだった。「人の心に植物を植えつけたい」「信じているのは植物の力だ」「命の
大切さを伝えたい」「大きな存在感を多くの人に伝えたい」。彼が言葉を重ねるたびに
やっていることとの矛盾が大きくなる。会場では多くの人が感動しているようだが、
“Change.org”では中止を求める人が2万人を超えた。何事にも賛否はあるだろうが。
私が知りたいのは、この巨大な植木鉢に入ったアスナロは生きているのか死んでいる
のかだ。もっと知りたいのは、海の寒風に吹かれながら、この木がよろこんでいるか
悲しんでいるか。葉加瀬太郎の後ろでライトアップされた木は泣いているように見えた。
 

草に泣く。(写真:百野草荘看板)

2016511173338.jpg
先日の奈良シニア大学の講演で、雑草だらけの百野草(ものぐさ)荘に住んでいると
自己紹介した。日本のレタリングの先達である佐藤敬之輔氏が行き詰ってイギリスを
旅したが得るものが無く帰国、家のそばのススキの葉を見て求めていたものを発見
した逸話を紹介し、私の篆刻も植物の巧まざる姿に影響を受けているという話をした。

そうではあるが、雑草がまだ伸びきらない椿を超えるほどになったら刈らない訳にも
いかない。4月の上旬に、敷地の脇の農業用水のU字溝回りを刈ったのだが1ヶ月
たてば溝にかぶさるように草が伸びる。U字溝に金網をはった枠を置いて流れる草を
止める。それをカミサンに手伝ってもらい、溝から上げる。溝際が終われば、市道への
斜面を刈る。それで午前は終了して、ビール、昼飯、昼寝が休日のルーティーンだが。
寝覚めに刈った草の片付けを済ませ、縁側でコーヒーを飲んだら、目の前で伸び放題
のスギナが気になった。都忘れ、十二単、昼咲月見草、河原撫子、蛇の髭など、文字
通り草の根をかき分けてスギナを抜いたら6時を過ぎていた。それが8日、日曜のこと。

月曜から連休で遅れた篆刻を彫りだしたのだが歯茎が腫れて痛い。火曜もまだ腫れが
引かないので歯医者に行こうとしたら休み。無理して彫ったけれど3つとも気に入らず
彫り直しをした。草刈もほどほどに、もう無理できない歳なのだと歯の根で思い知った。

ネット社会に、ありがとう。(篆刻:昆)

201597181558.jpg
誰でもインターネットの検索がスイスイと出来るようになって、一世一代の仕事が
盗作騒ぎになった人もいるけど。ただ庭の雑草、初めて見かけた虫やいただいた
鉢植えの木の名前を知りたいという素朴な欲求には、こんな便利な世の中はない。

私が野の草花の名前を知りたい時は「四季の山野草」で検索する。花の色、花弁
の形や数などを入力すると候補がズラッと並んで、ほとんどは見つかるが。それ
でも見つからなければ、写真を送るとご親切にメールで教えていただける。先日も
ハシカグサを教えていただいた。木の名前は「このきなんのき掲示版」に写真と
質問をのせると、それを見た人から回答がもらえる。さて、虫やチョウなど昆虫は。

「昆虫エクスプローラ」というサイト内の「むし探検広場」に写真を添えて投稿すると
サイト運営者の川邊透さんが答えてくださる。川邊さんは『昆虫探検図鑑1600』と
いう本も出されているけれど、奈良の生駒市にお住まいのようで、ついつい3回も
お世話になった。最初は枝にあったサナギがヒオドシチョウのものと、次は目の
白いセミは菌に犯されたものと、最近は白いスズムシは突然変異では、と教えて
いただいた。さぞお忙しいだろうに、ここでも改めてお礼を申し上げます。ネット社会
に功罪はあるが、その根っこは知的な人々の善意が支えていると、私は信じたい。

 

ハスが、咲いた!(篆刻:蓮)

2015819114111.jpg
♪バラが咲いた♪みたいになったが、今年ほどハスの開花が気になったことはない。

桜の頃に、鉢の中で渦を巻いた古い根を処分して、いちばん元気な芽がある蓮根を
3節ほど新しい土に植えた。これが結構な力仕事。まあまあ順調に育って、花芽が
ひとつ出た頃に、一日に何回水をやっても土が見えてくる。すさまじい暑さのせいだと
思ったのだが。大きな葉の周囲が枯れて、やっと鉢の下の方にある木の栓が腐って、
水漏れしているのに気がついた。栓は中にあるので、新しい栓を外から叩き込んで、
水漏れは止まったが、花芽はカラカラに干からびてしまった。今年は花が見られないと
諦めながらも、毎日花芽が出ないかと根元を調べた。新しい葉が何枚も大きくなった
ので枯れた葉を切ったが、大きな葉のかげで花芽が1本育っているのを見逃していた。

それからは毎日、大きな葉が水を蒸散するので水を足して、ツボミの成長を見守った。
昨日、大きくふくらんだツボミの下の小さなガクがゆるんだので、開花が間近と知った。
そして、今朝の雨の中で、少し首を傾けながら、花の上がわずかに開いて、中の蜂巣が
見えた。いま現在、雨は止んだが陽は差していないから、大きく開くのは明朝になりそう。

明日、私は満69歳。お盆には間に合わなかったが、誕生日に咲いてくれることに感謝。
開いては閉じて、3日ほど咲き続けてくれるハスの生命力に心からの敬意を表したい。

 

この木、なんの木?(篆刻:木で描く森)

2015512183442.jpg
いただいた鉢植えのツバキをやっと地植えして全部で130本になったから、もうこれ
以上新しい木は植えず管理に専念しようと思うのだが。知人に「これ以上鉢で育てる
のは可哀想だから引き取って」と言われれば、植える地面がない訳でもないのだから、
また増えてしまうのが百野草荘で。先日も小さな白い花が丸く咲いた鉢をいただいた。

しかし名前が分からない。どんな性質の木か分からないと植える場所も決まらない。
山と渓谷社の『樹に咲く花』という図鑑はあるが、離弁花と合弁花に分かれていて、
3刊で1000ページもを探すのはもどかしい。こんな時私が助けてもらうのはインター
ネットの「このきなんのき掲示板」。「この掲示板では木の名前の鑑定を行っています。
撮影場所や鑑定依頼の理由を具体的に書いて投稿して下さい。葉の写真があると
より確実です。樹木初心者の方や、我こそは回答を!という方も大歓迎です。」とあり、
写真と依頼文を投稿すると、誰かが回答を投稿してくれる。今回も園芸種と思ったが
日本固有種でガマズミの仲間「ハクサンボク」という返事がすぐにあった。名前が分か
ればさらに検索するか、山渓を見るかが出来る。石川・岐阜県境の白山に産すると
誤認されたらしく、横浜市金沢区に自生で生育とあった。石川はカミサンの出身地、
金沢区は新婚時代に住んだ地だから、何やら因縁めいた木をいただいたことになる。

「うめきた」へ、行った。(篆刻:北)

2013624152920.gif
4月26日にグランドオープンしたグランフロント大阪は、JR大阪駅北の再開発区域
「うめきた」の先行開発エリア。オープン間もない頃に、行く機会があった。オフィスと
商業施設のある北館・南館とホテル棟、マンション棟からなる4つの高層ビル群で、
その北館にあるナレッジキャピタルは、「世界の感性、技術を持ち寄り、交わり、コラボ
レーションして新たな価値を生み出す」がコンセプトの知的創造拠点。ここにオフィスを
構えた友人に誘われて案内してもらったのだが。待合せ1時間ほど前に着いたから
ショッピングモールなど見て歩けばいいものを、私はタバコが喫えるコーヒーショップに
入って本を読んでいた。それは『植物のあっぱれな生き方』(田中修、幻冬舎新書)。

芽が出る条件が整わなければハスやエンドウの種は2千年3千年もチャンスを待つ。
花は雄しべ雌しべで自家交配もできるが、危険な近親婚を避ける知恵を持っている。
植物は動物に食べられるのが宿命だが、食べられた茎の下の側芽が頂芽となって
伸び続けることができる、などなど。植物が生を全うするための知恵や仕組みには
ただただ驚くばかり。やはり神の仕業かと思いつつ、天に伸びる高層ビルを見れば
人間の打算が積み重なった楼閣のようで、何やらうすら寒い。北の文字は人が背を
向ける形だが、ビルに背を向けて足元の草に感動する私は、もう仙人の仲間入りか。

ページ上部へ