メディア

アスナロは、よろこんでいるか。(篆刻:木)

20171218121220.gif
以前、奈良公園のホテル建設反対に賛同した“Change.org”で、世界一のクリスマス
ツリーPROJECTを知って、唖然とした。富山県氷見市の樹齢約150年のアスナロを
神戸メリケンパークで、クリスマスツリーにするという。なぜ、そんなことをするのか。

生きた木では世界一だとか、阪神淡路震災の鎮魂だとか、生田神社の鳥居にする
予定だとか、フェリシモが木のグッズを販売予定(その後中止)だとか、ワイヤーに
付けたプレートの数でギネス記録を狙うとか、とにかく意図や動機が支離滅裂なのだ。

発案者の西畠清順氏はプラントハンターで、樹木のプロ。昨夜のTBS「情熱大陸」が
20周年記念番組としてこの木を選ぶ段階から記録していたから、番組企画というのが
丸見えだった。「人の心に植物を植えつけたい」「信じているのは植物の力だ」「命の
大切さを伝えたい」「大きな存在感を多くの人に伝えたい」。彼が言葉を重ねるたびに
やっていることとの矛盾が大きくなる。会場では多くの人が感動しているようだが、
“Change.org”では中止を求める人が2万人を超えた。何事にも賛否はあるだろうが。
私が知りたいのは、この巨大な植木鉢に入ったアスナロは生きているのか死んでいる
のかだ。もっと知りたいのは、海の寒風に吹かれながら、この木がよろこんでいるか
悲しんでいるか。葉加瀬太郎の後ろでライトアップされた木は泣いているように見えた。
 

東芝に、勝った。(篆刻:勝)

201773117535.jpg
東芝ノートパソコンのメイン基板を2回も修理交換したことまでは前回書いた。

それから2、3日でまたスタートアップしない。東芝は電話でセーフモードで
しか起動できないという。もうこのPCは信用できない。主なデータを外付け
ハードディスク(HD)にバックアップするというと有料サポートを紹介された。
遠隔でバックアップする間に、担当者が「過去の警告やエラーを見てみます。
これで“ディスク”が出るとマズイです」といって調べた結果は「HDに問題
があるので初期化してもデータは戻せません」。ひと通りバックアップしてから
新しいPCを買いに行く。メール設定など新PCが使えるようにして東芝に電話。

また回収で、結果はHDのトラブルが過去70回以上あったという。最初にHDが
OKだったのはテスターが読込みだけで書込みは調べないからだと呆れた話をする。
「HDを無料交換することで許してほしい」というが、もうPCを買っているし、
最初にメイン基板もHDもダメと分かれば修理しなかったと強硬に主張。最初の
50,265円は返金するが、バックアップの5,400円はお願いしたいという。最初の
ミスを認めての返金ならその途中も無い話だと、さらに主張。結局支払いゼロを
認めさせたが。真夏の怪談話でなく、こんな会社が原発を製造しているのは事実。

パソコン、故障する。(篆刻:安)

2017713165231.jpg
毎日新聞の仲畑万能川柳に「コンビニとラインがないと死んじまう」とあって、
いまどきの若者はと笑ったけれど。私もパソコンの故障で仮死状態が続いた。

ノートパソコンが立ち上がらなくなった。東芝PCあんしんサポートに電話で
聞くと回収修理になるという。山形の工場からメイン基板と光学ドライブの
交換で50,000円を超える見積もりが来た。いっそ新品にとも思ったが通販に
使っているから大至急修理して欲しいと頼んだ。回収が3日、戻ったのが8日。
早速電源をつないで溜ったメールを整理しはじめたがバッテリーが減り続ける。
東芝に電話で出張修理を頼んだが、また回収修理だという。今回は緊急なので
より近い千葉で修理するという。回収に来たのは10日、直って届いたのは今日
13日だから急いだのは分るが、電源コードで充電できないのは「交換したメイン
基板の故障」だと言うから、呆れはてた。どこが「あんしんサポート」なんだ。

その間、ホームページのシステム会社が篆刻の注文メールはスマホに転送される
ように、「花のブログ」はスマホのメールで投稿できるようにしてくれたけれど。
篆刻関係はもちろん、帳簿の類いも、ほとんどの情報がこのパソコンの中にある。
交換部品の保証は3ヶ月。東芝以外の安心なものに替えないと大変なことになる。

iPhoneで、「デビュー主人」。(篆刻:主人)

2017331111410.jpg
ガラケーで不自由はなかったけれど、カミサンのらくらくフォンの電池がすぐ減るので
機種を見直した。ガラケーの新機種はスマホより高くつく。二人でスマホに乗換える
とお得。自宅の光ケーブルはKCNだが、固定電話はソフトバンクなので、スマホも
ソフトバンクにするとドコモよりずっとお得。店独自のキャッシュバックもあったので、
私のiPhoneSEとカミサンのシンプルスマホ3の両方とも端末代金はゼロで済んだ。

デビュー夫人になったカミサンは翌日から知り合いに電話やメールをしていたのだが、
私の方は設定ごとにアドレスもパスワードも違って訳が判らない。メールとメッセージは
どう違うのか。手引き書を買い、ショップで1時間ほど基本を教えてもらって、何とか
概要は判り、やっと主な設定も出来た。さて、次はカメラを使ってみると。シャッターで
半押しのクセがついているので、5枚、10枚の連写になってしまう。パソコンに写真を
取りこむのもiTunesだとか、いやUSBでいいとか・・・ そんな時に花の会でiPhoneの
カメラを使いこなす方がいて、指でピントや露出まで簡単にコントロールできることを
教えてもらって、驚愕した。接写でピントが合いにくいコンパクトデジカメはもう要らない。

だが、いくらiPhoneがすごくても、メールやインターネットはパソコンでやる。いつでも
スマホを近くに置いてスマホ中心に生きるのは嫌。主人は私、「デビュー主人」なのだ。

「この世界の片隅に」を観て。(篆刻:隅)

2017310175912.jpg
クラウドファンディングでは森善之さんの『JAPAN GRAPH』で協力したが、この
映画もそれで完成できたのは、その可能性がまだまだ拡がりそうで素晴らしい。

広島の絵が上手なすずは周りから少しトロいと思われるような子。青年に見初め
られて昭和19年に呉に嫁ぎ、食糧難には雑草を摘んだり、竹槍訓練に参加したり
ごく普通の主婦として生きるのだが。空襲の後、不発弾を装った時限爆弾が爆発、
手を引いていた小姑の娘は亡くなり、すずも右手を失う。小姑に責められ、妹から
広島に帰ることを誘われるが、8月6日の朝、小姑はすずと和解して、すずも呉に
残ることにする。その直後、原子爆弾の閃光と衝撃が響いて、きのこ雲を目撃する。
翌年1月、廃墟になった広島ですずはこの世界の片隅で自分を見つけ愛してくれた
夫に感謝し、戦災孤児の少女を連れて、呉に戻る、というのがあらすじ。戦火の中、
悲劇はいくつもあるのだが、軍港を描いていたすずをスパイ扱いした憲兵以外悪人は
出てこないし、すべての人々が淡々とあたたかく描かれているので、声高に反戦を
謳っていないのに、巨大な悪と不幸である戦争のいまわしさが浮かび上がってくる。

いちばん感動的だったのは、エンドロールの最後にクラウドファンディングで寄付
した人々の名が延々と出るのだが、それが終わるまで誰も席を立たなかったことだ。

書が、判らない。(篆刻:書)

201711818749.jpg
先週の「情熱大陸」は女性書家の中塚翠涛。ルーブル美術館での展覧会に招待
されたのに驚いたが、それで二つの金賞をもらったというから、もっとビックリした。

こういう私の書道歴は小学校で教室に通い、県の教書大会に学校から選ばれて
行った程度だから、以下は素人のたわ言に過ぎないけれど。彼女の書の感想は、
「この程度の字を書く人は日本にどっさりいるだろうに」ということ。名のある書家の
篆刻も彫らせていただいているし、毎日新聞だから書の記事が多く、ほとんどに
目を通しても、私が双璧と思う良寛と会津八一をしのぐ書を見た覚えがない。まあ
ビートルズを超えるミュージシャンを知らないのと同じ話になってしまうのだけれど。

ただ面白いなあと思ったのは、彼女がルーブルのための作品を構想するにあたって
篆書体に大きく傾斜していたこと。書体に何の制限もないとき、また漢字を知らない
人々に漢字の面白さを伝えたい場合、誰もが整理されすぎた楷書ではなく、文字が
生まれたときの物語を色濃く残す篆書体の魅力にすがるのは、自然の流れなのか。

これを書く前にWikiで見たら、彼女は元モデル、現在もPR事務所所属で美人書家
が売り言葉だとか。女性書家は美人じゃないと有名になれないなんて風潮は勘弁して
欲しいけれど、金賞二つもくれたのはフランスだから美人に弱いのは仕方ないのか。

WINDOWS 7に、戻す。(篆刻:戻)

2016527103857.jpg
くどいようだがWINDOWS10バージョンアップの続き。SDカードを認識しないに続いて、
音が出ない、音楽CDも取込めないことが判明。マイクロソフト(MS)の電話は通じない
から、ダメ元でPCメーカーの東芝にメールした。返事は「この機種はWIN10に対応して
いない。7に戻せ。10のままだとサポートもしない」というので、驚いた。MSは10にしろ
と急かせるし東芝はダメという。この業界は根っから狂っているが、PCは不可欠だから、
東芝の言うようにしたら20分ほどで7に戻った。不具合はゼロ、ストレスもゼロになった。

ところが、このドタバタの最中、MSのプレミアムサービスが自動更新され、約15,000円が
支払われてしまった。365日24時間、技術のプロが迅速な対応という有償サービスだが
2回ほど利用して、その後電話がいつもつながらず放っておいたもの。MSのサイトを
探しまわって「チャットで質問」を見つけた。そこでやっとプレミアムサービス用の専用電話が
判った。電話はすぐに通じて、WIN10の惨状を話す。自動更新でお金は取るのに、電話は
つながらない、解約したいと言ったら素直に応じた。電話の向こうは疲労困憊の様子だった。

「戻」は元、戸と「大」ではなく「犬」だった。戸の下に犠牲の犬を埋めて呪禁とし、これを
侵せば罪となること。MSといえども、10に対応していないPCに侵入して10にしろと
いうのは大きな罪ではないか。メディアがやっと問題にしはじめたが、遅すぎる甘すぎる。

WINDOWS 10に、イラつく。(画像:苛)

201651915810.jpg
WINDOWS10の無料バージョンアップが6月いっぱいとか知っていたし、頻繁に
ダウンロードしろと言ってきたが放っておいたら、何と5月16日に自動的にする
という。週の頭にPCが訳の判らない状態にされるのも嫌だし、歯茎の腫れがまだ
引いていないので草刈りを休んだ土日に思い切ってやることにした。インストール
それ自体は2時間ほどで終わったのだが。やはり問題、不都合は起きたのです。

スキャナのアイコンが消えた。デバイスにスキャナを見つけてアイコンは出来たが、
形が変で、今まで通りのスキャンができない。インストールし直さないといけないと
判って、やっと元の使い勝手になった。次はカメラのSDカードが認識されなくなった。
ネットで調べてやったがダメだから、カメラからケーブルで取り込む。その花の画像を
選んで名前を付けてホルダーに入れたいのに、「同じ名前があるから置き換える」か
「スキップする」かしか選べない。WIN7では、同じ名前があれば(2)とか(3)にできた
のに。妙なEdgeとかになってインターネット・エクスプローラのアイコンも消えたから、
やっとアクセサリ(!?)から探し出した。これではかなわんと、アマゾンで「パーフェクト
マニュアル」を注文した。プライムで当日にも届くはずが、3日目に郵便で届く。この
苛(いら)々は当分続くだろう。「苛」は原稿のまま。手間をかけるのも腹が立つから。

スマホが、叱る?! (篆刻:叱)

     201617101922.jpg
去年、一日篆刻教室に来たお母さんが1歳半の子を連れてきた。最初は少し騒がし
かったけれど、突然静かになった。見ればお母さんのスマホの幼児用らしいアプリで
夢中で遊んでいた。そんな使い方もあるのかと感心したが。そんなことは序の口で、
「おにから電話」がアプリランキングで子どものしつけ、子育て部門の第1位だという。
「おに」は鬼で、言うことをきかない時、寝ない時には、鬼などが叱ってくれるらしい。

私だって「言うことを聞かないと鬼が来る」と言われた記憶もかすかにあるし、秋田の
なまはげは「悪い子はいねが~」と入って来る。探偵ナイトスクープでも《ガオーさん》に
扮したタレントが現れた。それと同じなのか、どうか。いやいや違うでしょ。鬼が来ると
言うのは親、なまはげやガオーさんは親が人に依頼している。ただ子どもにスマホを
見せるのとは違う。将来、子を叱るためにロボットを買いそうな親がいるのは恐ろしい。

このホームページはスマホに連動していたが、小さな画面のスマホ用に構成を作り
なおした。チェックのためにスマホが要るかと思ったのだが、パソコンでスマホの
画面を見る方法を教えてもらったから、替える必要がなくなった。ケータイにしても、
デスクに置いたままで、仕事が終われば電源も切っている。私もカミサンも、ずっと
ガラケーのはず。孫だって、自分で叱りますよ。(甘いから叱りはしませんけど・・・)

田中遊のホームページ。(篆刻:ASOBU)

201512410389.jpg
田中遊をネットで検索すると演劇の同姓同名の方がほとんどで、やっと出てくるのは
「ニュースで楽しむ掲示板・街の灯」の99年12月5日23:57の記事だけだ。「5日
午前10時5分ごろ、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで、アマチュアのオートバイレース
「鈴鹿サンデーロードレース」の競技中、奈良市の会社員田中遊さん(27)のオートバイ
が転倒、コース左の壁に衝突した。(後略)」 楽しむというのには違和感があるけれど。

遊の死後に知ったのが親としては情けないが、「ハードコアレーサー 田中遊」という
ホームページをつくり、公開していた。当時は、まだ電通でもPCを全員が持っていな
かったのではないか。誰でも簡単にホームページをつくれる時代ではなかったから、
専門の手引書でプログラムしながらだろう。全ページが黒バックで、写真がたくさんの
凝ったもの。まさにレースやバイク仲間との青春グラフィティで、いかに遊がレースを
謳歌していたかを思い知らされた。十三回忌ではバイク仲間に集まってもらったのだが、
その頃プロバイダーを変えたし、みんなの心の中に残ればいいとネット上からは消えて
しまったが。現在のネット社会をみるにつけ、丸16年も前の先駆的な行動はスゴイと
思う。カミサンに話したら「初めて遊をちゃんと誉めたね」と言われたが。ホームページは
遊びと割切り、自分の会社のアピールにと考えなかったのが、いかにもあの遊らしい。

ページ上部へ