不思議

遊にも、有り難う。(篆刻:羊角紋瓦当「有難」)

2015411144213.jpg
第15回三游会《和気(わき)》がお蔭様で無事終了した。名勝・大乗院という新しい
会場で、晴れたのは2日目の午後だけ、雨が降ったりしたのに、いつもと変わらぬ
大勢の方々に遠方からもお越しいただきました。誠に有り難く、お礼申し上げます。

篆刻は彫って押して額装・軸装したのを並べるだけ、強いていえば大乗院の階段が
シンドかったけれど。花の会は皆で活けるメインの桜の開花が早すぎて染井吉野に
なった。活け込み前日は雨で、私が桜に登って伐ることになり、土間に下がっていた
レインウエアを着たのだがポケットにあった紙に驚いた。タイヤの納品書で1999年
12月5日、レース名は鈴鹿サンデーロードレース最終戦、遊のサインもある。という
ことは、あの日着ていたのだろうか。15年も気がつかず三游会の準備で見つけるとは。

遊のレース友だちだった濱口喜博さんが三游会に来てくれたので、この話をしたら彼も
不思議がったが、その後彼にも不思議なことが起きた。駐車場に停めていた彼の車の
エンジンがかかっていたというのだ。当然ドアロックしてありキーレスなのでエンジンを
切らないとロックできない車なのに。遊が挨拶代りにイタズラをしたと思ったそうだ。
会場の桜は途中で散ると思ったが3日間頑張ってくれた。三游会の案内ハガキは
最初から15年前までは遊がデザインしてくれていた。改めて遊にも有り難うと言おう。

 

車も、変な気をおこす。(篆刻:変)

変

エレベータに悪意を持って乗ると、そのエレベータが異常な動きをした、という。
シンドラー製の話ではなくて。その悪意とは何だったかを忘れてしまったし、
誰の本で読んだかも記憶がない。グーグルで、じたばたして、やっと思い出した。
ライアル・ワトソン博士、『生命潮流』の作者だ。ワトソンの話なんて眉唾、という方も
おいでだろうから、代わりに私の信頼できる友人M氏の体験談を一席。

M氏が、あるご婦人とドライブに出掛けた。運転は彼だが、しばらく走ると止まる。
彼女に運転を代わると、すこぶる快調。で、再び彼が運転するのだが、また止まる。
ボンネットを開けても、問題らしきことはない。それが続いたので、JAFを呼んだ。
念入りに調べてもらったが、分からない。その後も、彼だとストップ、彼女なら快調。
ドライブは中止して彼女の運転で引き返したいが、高速道路で止まっても困る。

結局、レッカーを頼んで、助手席に乗って帰ったという話。「車、故障だったの?」
「その後何もなく運転している」 「誰が?」 「彼女が」 「彼女のクルマ?」 
「彼女の、亭主のクルマ」 「じゃ、車が嫉妬して・・・」 「と、しか考えられない・・・」
篆刻は「変」。旧字は變。誓いの言の両側は糸飾りで、叩く意味の攴(ぼく)を
加えて、破棄、変更の意味となる。この場合は、糸の部分を車か女に変えるべきか。

変な気は、写る。(篆刻:写)

201373173315.gif
人間の気が電気・磁気に影響を与える。と私が信じているのには理由がある。
少なくとも光学的な証拠がある。それもかなりの数の、超常現象的写真なのです。
心霊番組などでお馴染みの「オーブ」という白く丸いものも多いけど、それは序の口。
オーブは、空中の小さなチリや水蒸気などがストロボに反射しただけのもので、
デジカメの小口径レンズほど写りやすいと、ネットで得意げに解説する御仁もいる。

しかし、私の写真はすべてフィルム。カメラはコンパクトあり、一眼レフもあり。
昼間でストロボなしも、多い。場所は和歌山の竜神温泉だったり、竜眼木という
木の根で作った椅子を撮った時だったり。白い帯状のものが画面をうねって走る。
3枚続きだってある。ルーペで見ると、ウロコのようなものがあるから、龍にも見える。
確かに、これが写る時、私のテンションは高い。はたが迷惑気味な時が多い。

超常現象の本を調べたら、気功師が香港で撮った写真に同じようなものがあった。
で、篆刻は「写」。元の漢字は寫。レンズの絞りのような「せき」は、儀式用の
縫い取りのある靴。ウ冠が示す廟中で、靴をぬぎ替えることから、移す、写すという
意味になった。このブログでは写真を使わないからもどかしいが、ご希望ならば
龍の画像をお送りしよう。こちらからあなたに画像を移すことなど、いとも簡単だから。

気が、変な日。(篆刻:気)

201373173034.gif
2月の始め。朝の歯磨きでのこと。フィリップスのソニッケアという電動歯ブラシの
スイッチを押したのに、振動が止まらない。こういう電気系ってやつは、
目に見えないから、一瞬軽いパニックになる。スイッチのある本体と
磁石の入ったブラシ部分を離しても、本体でまだかすかな電気音が聞こえる。
その状態で何回かスイッチを押し続けたら、やっと止まった。歯ブラシの反乱か。

その日、奈良に用事があって、クルマで出かけた。奈良の市内に入る手前で
タバコを吸ったから、窓を全開にしてから閉めようとしたら、窓が閉まらない。
何度やっても、ガラスが上がらず、下から1/3ほどで止まってしまう。
今度は電動ウインドウの反乱だ。寒いのに、窓を開けたまま用事を済ませて、
ホンダに行った。窓枠のゴムかゴミにセンサーが反応した、とういうのだが。

夕方、家に帰っても、体が芯から冷えている。食前に焼酎のお湯割りを飲んで、
食後は堀ゴタツに首までめり込んだけれど、体が温まらずに、風邪をひいた。
相次ぐ電動歯ブラシと電動ウインドウの乱調。ここ2、3年ひいた覚えのない風邪。
それらの原因は、この日の自分の気の乱れだと、私は確信している。
篆刻は、「気」。人間の気は、電気にも磁気にも影響を与えられると、信じている。

呼ばれて、パンクした。(篆刻:呼)

呼

シンクロニシティ(共時性)といえば、私の結婚式の前の晩のことだった。
独身最後の夜だからと、大学時代の友人ふたりと銀座の裏で酒を飲んだ。
実に楽しい酒だったが、私はまだほとんど酒が飲めなかったから、したたかに酔った。
友人が会社のハイヤーを呼んでくれたが、「横浜の金沢文庫まで」と言ったまま
寝込んでしまった。「パンクしたんで、ちょっと降りてください」という声で目が覚める。

しかし、気持ちが悪い。ちょうど目の前に公衆便所があった。吐いて、スッキリした。
周りを見回したら、どうも見覚えがある。市電の停留所で、「久保山」だった。
そこには、私が生まれる前、戦争中に死んだTという兄の墓地がある。
そのTと私はよく似ているそうで、そのせいか、母と一緒によく墓参りに行った。
しかし、結婚に浮かれていた私は、墓に報告に行くのをすっかり忘れていた。

タイヤには5寸釘が刺さっていたという。「そんなこと、よくあるんですか」と聞いて、
「それじゃ、商売にならないですよ」と答えられたのは、確かに記憶にあるのだが。
どう考えても、銀座から金沢文庫まで行くのに、久保山を通るのは変な回り道。
でも、なぜその道を通ったのかは聞かなかった。兄が呼んだに決まっているからだ。
篆刻は、古代文字の「呼」。乎(こ)は、鳴子板の形。それを鳴らして呼ぶのは、神。

共に感じる時が、ある。(篆刻:共)

共

カメラマンのSさんは、阪神大震災でご両親を失った。
二世帯住宅で、Sさんたちがいる2階が、ご両親がいる1階を押しつぶした。
その後、スタジオで撮影中に、背後に人の気配を感じたが、誰もいない。
そこにお兄さんから電話がかかってきた。「親父が、いま、そっちに行っていないか」
この話、あなたは信じますか。私は、信じているのだが。

息子の遊が、鈴鹿のレースで事故を起こし、病院で息を引き取った。
家に連れて帰る寝台車の助手席で、ふっと「Oさんにも電話しなきゃ・・・」と思った。
その1、2分後に、私の携帯電話が鳴った。Oさんからだった。
「いま、スーパーの駐車場で家内を待ちながら、NHKのニュースを見ていたら、
『奈良の会社員、田中遊さんが事故死』と聞いた。遊くんなのか」と。

先日、そのOさんから、このブログにコメントがあった。
「白川先生のご長女、津崎 史さんから、お便りが来たとのことですが、
史さんのご主人の津崎幸博さんは、実は私の高校の担任の先生なのです」
私は、これも「シンクロニシティ(共時性)」と考えるのだが、あなたはいかが?
篆刻は「共」。左右の手に持つものを神に奉げる形。時もまた、神の領分である。

ページ上部へ