2017年8月

蔓穂

20178318569.JPG
ツルボはあまりの暑さに負けたかと思っていたのですが、
ちゃんと咲きだしました。
心配することはない、「時至れば花は自ずから咲く」のです。

大犬蓼

20178318513.JPG
オオイヌタデは百野草荘から消えたのですが、
サンシュユの横から生えてきて、咲きだしました。
丈は大きいのですが、花はふつうのイヌタデより少し大きいだけ。

狐の剃刀

201783092422.JPG
百野草荘のキツネノカミソリは今年姿が見えないのですが、
これは県道にある群生地で、パチリ。

釣鐘人参

201783092219.JPG
ツリガネニンジンも咲きだして、
野の花はすっかり秋です。

高砂百合

201782984937.JPG
タカサゴユリは一本だけになりましたが、
トランペットのような形で、きれいに開花しました。

野小豆

201782984523.JPG
ノアズキの花はアズキの原種のヤブツルアズキと似ていますが、
葉は小さく、ツルも細く、木を覆いつくします。

稲刈り

2017827175222.JPG
昨日の、西狭川でいちばん早い稲刈りです。
台風にも倒れなかったのですが、豊作で穂が重くて、
あわてて刈ったそうです。

山牛蒡

2017827175028.JPG
ヤマゴボウの実が大きくなって、
2色の対比がきれいです。

夷草

201782783917.JPG  20178278402.JPG
マメ科のエビスグサは、葉の形ですぐ分かりますが、
花の形ははっきりしません。
細長いサヤの実がなって、ハブ茶にはこの実が入っているそうです。

高三郎

201782783555.JPG
タカサブロウは人の名前のようですが、由来は不明とか。
牧野先生が命名のハキダメギクと似ています。

ページ上部へ