2019年2月

竹の手すり:奮闘編

今日は雨の予報だったので、急遽、昨日、竹の手すりの残り、10メートルに挑戦しました。
2019219104647.JPG

狙ったのは、この竹なのですが・・・

2019219104746.JPG

電柱のネズミ除けのカバーに挟まったり、ならば、根元を切ろうとしたら、
重さでノコギリが挟まれたり・・・

2019219105014.JPG

何とか6メートル分を切って、運ぶ自撮りシーン。ところが、この時、眼鏡がありません。

2019219105230.JPG

眼鏡を拾って、2本目を切ったのに、竹の上が引っかかって、、、、

2019219105347.JPG

いくら引っ張っても、動かない!

2019219105449.JPG

そこに隣のOさんが通りかかって、ミニユンボの出動となりました。

2019219105613.JPG

ユンボでやっと引き出したら、15メートルほどの長さ。しかも・・・

2019219105726.JPG

上は太いクズのツルがからんでいて、これでは人の力では、絶対無理。
8メートルほどに切って、二人で担いで運び、やれやれとコーヒーブレイク。

2019219105958.JPG  201921911025.JPG

201921911055.JPG  201921911121.JPG

8メートルの一本でも手すりにはなったのですが、重くて持ち上がらないので、
4メートル、6メートルを途中でつないで、何とか完成。
片付けの後のビールは格別でしたが、疲労困憊で、夕食はほとんど残しました。
あー、シンド!!

離れの屋根

20192189502.JPG

昨日は、離れの屋根の瓦葺き替えのために大工さん、板金屋さんが下見に。
工事は4月、約一か月はかかるそうです。
やれやれ、、、

竹の手すり

2019216165545.JPG

先日、新しい看板をつけたけど、竹の手すりが古くて汚いから、何とかしなくちゃ、と。

2019216165646.jpg

土曜の10時半、意を決して、
上の山に行き、
真っすぐで運び出しやすいのに狙いをつけて、
ゴリゴリ。
6メートルほどに切って、
担いで(少しヨロヨロ)運びました。

 2019216165941.JPG

せっかくの竹が傷つかないように、ブルーシートに置いて、作業開始。

201921617124.JPG

古い竹は、こんなに腐って、危険、キケン。

201921617222.JPG

竹の下に穴をあけて、支柱にビス止め。端を切って、完成。

201921617347.JPG

新しい看板も、うれしそう。12時ジャスト、1時間半で完成。

20192161755.JPG

しかし、まだ上の10メートルが残っている。これも、一人でやったけど、歳をとったし、
余程気力・体力充実しないと出来ないので、後日の宿題に。・・・やれやれ、です。

 

 

看板

2019211172643.JPG  2019211172721.JPG

古い看板をはずして、新しい看板を付けました。
古いのは梨で柔らかくて彫りやすいのですが、劣化も早い。
新しいのは桜なので、堅くて彫るのに時間がかかりましたが、
耐久性はいい、はず、です。
・・・しかし、竹の手すりのボロさが目立ちました。
これが大仕事なんで、、、、

看板

2019211102139.JPG

コタツでぬくぬくと看板を塗りました。
2日がかりで、二度塗りをしたので、かなり長持ちするでしょう。
雪が少し降っていますが、これから取り付けます。

金魚(松笠病)

201929102736.JPG

体がぱんぱんにふくれてしまった、マツカサ病の金魚。
金だらいに隔離しましたが、もう時間の問題。
向こう側は、痛々しくて、お見せ出来ません。

フィットの新車

201926102019.JPG

16年半、17万キロ走ったフィットに別れをつげて、
新車に交換しました。
色はブリリアントスポーティブルー・メタリック。
しかし、花のブログで、なぜ自動車を?
花は一輪、二輪。車は四輪!
(我ながら、ウマイ!)

答えは「鳥の卵」

201926101228.JPG  201926101258.JPG

「謎の白い物体」は、鳥の卵の殻。
孵ってすぐのようで、へその緒のようなものもあります。
直径2センチだから、かなり大きい。
でも見回しても鳥の巣は無いし、季節も真冬だから、謎は解けません。

謎の物体

20192594216.JPG

西側の染井吉野の下で、真ん丸な白い物体を発見。
・・・さて、何でしょう。
正解は明日のお楽しみ!!

立春のお札

20192493810.JPG

朝、立春大吉の新しいお札を
玄関と裏口に貼りました。
これで一年間、毎日「大吉」間違いなし。

ページ上部へ