2019年12月

注連縄

2019123194813.jpg

今年はシメナワを手作りする時間が無かったので、
わざわざ伊賀上野のコメリに行って買って来ましたが、
やっぱり自分で手作りしたのが一番。
来年は、その余裕を作りたいものです。

※ということで、年賀状も出せませんでした。
手力男のオープン3月15日の前、立春にオープンのお知らせを兼ねて出す予定ですので、
賀状をくださった方、お許しください。

地すべり対策工事

2019122810230.jpg

フェンスの中のクワの木も伐って、
すっかり見晴らしが良くなりました。
年明け早々、工事が始まって、
川までなだらかな斜面になります。

地すべり対策工事

20191227946.jpg   201912279453.jpg

向かいの空き地で来年早々から始まる
地すべり対策工事の準備です。
草刈りしてからクラッシャーを敷くようです。
工事終了と手力男のオープンがほぼ同じ。
何だか急かされるような感じ、、、
 

鷹(ノスリ)

2019122582315.jpg

手力男の前の電柱にノスリがいました。
山の方に飛んで行きました。

サバ

2019121794044.jpg

チャコが死んでからのサバは寂しそうでしたが、
続いてカモもいなくなって、一層寂しそうです。

カモの墓

2019121793521.jpg

カモが昨日、亡くなりました。
かなり遠くの家の野良猫用の箱の中で
寝ていたのをうちまで運んでくれたので、
ここで静かに亡くなることができました。
墓標は、かつお節削りの箱です。
カモは、花の会や篆刻教室の人に
愛されて幸せな老後だったと思います。

 

猟友会

20191215173824.jpg

百野草荘から見えるのは、
イノシシの檻に入ったのを処理した後、
また仕掛けをしている様子。

カモ

20191215101924.jpgのサムネイル画像

チャコが亡くなった後、カモも老化がいっきに進んだようで、
ずい分帰ってこなくなったら、ある日花子のベッドで寝ていたり。
昨日は、ガリガリに痩せて帰って来て、餌はほとんど食べず、

20191215103013.jpg

晩は花子のベッドで寝たのですが、
また朝、外に出て、刈草の上で寝ています。
ここから先は、カモが自分で決めることと、
花子も諦めたようです。

東京おもちゃ美術館

20191212115351.jpg

膨大な数の創意工夫のおもちゃに圧倒され、
目を輝かせて遊ぶ子どもの姿に感動しました。
やっぱり、「人と木」です。

東京おもちゃ美術館

20191212114959.jpg

東京おもちゃ美術館の「KItoTEto(木と手と)」というおもちゃの
オフィシャルトイショップ加盟のため、見学してきました。
 

ページ上部へ