2021年2月

サシバ(篆刻:刺羽)

202122893821.JPG

202122893915.jpg

ここ数日、暖かな昼はご飯を縁側で食べるのですが、
渡りから帰ってきたサシバが上空を旋回します。
※篆刻は「刺羽」の朱文。「差羽」とも言うようです。

椿:白比咩(篆刻:白比咩)

202122791133.JPG

202122791251.jpg

白比咩(しらひめ)は、
加賀の白山白比咩神社からの命名。
大振りの品のある花ですが、
枝葉に隠れて咲く奥ゆかしいツバキ。
※篆刻は「白比咩」の白文。

土筆(篆刻:土筆)

20212269269.JPG

202122692654.jpg

西の駐車場にツクシがたくさん出ていました。
暖かい日に一気に顔を出したようです。
※篆刻は「土筆」の白文。

椿:胡蝶侘助(篆刻:胡蝶)

2021224174755.JPG

2021224174859.jpg

コチョウワビスケの雌しべは
長く飛び出ているのが特徴。
色も可憐です。
※篆刻は「胡蝶」を朱文で。

苔(篆刻:苔)

20212249715.JPG

20212249816.jpg

ソメイヨシノの下の落ち葉を掃除したけれど、
その下にコケが絨毯のように生えていて、
濡れると滑るので、スコップと熊手で剥がしました。
やれやれ、、、
※篆刻は「苔」の隷書体を朱文で。

椿:212番(篆刻:二一二番)

20212239417.JPG

202122394157.jpg

名前が判らないので鉢の通し番号をつけた212番。
※篆刻は「二一二番」ではありますが、
味気ないなあ。

馬酔木(篆刻:馬酔木)

202122117725.JPG

202122117847.jpg

アシビは白ですが、
このピンクが先に咲きます。
※篆刻は「馬酔木」の朱文。

椿:里道横(篆刻:里道)

2021220152755.JPG

2021220152856.jpg

里道横の崖に植えたツバキは、
早咲きでなかなか妖艶ですが、
名前が判らないので「里道横」と呼んでいます。
※篆刻は「里道」の朱文です。
篆書体の「道」は、征服した相手の首を持って
道を歩き除霊することです。

椿:日雀(篆刻:日雀)

202121995518.JPG  202121995552.JPG

202121995648.jpg

日雀(ヒガラ)は、シジュウカラに似た小鳥の名前だそうです。
色はミックスですが、赤一色も少しあります。先祖返りかも。
※篆刻は「日雀」を朱文で。

雪(篆刻:雪)

202121816151.JPG

2021218161550.jpg

昨日は厳しい寒さで、
時々雪もちらつきました。
これで最後の寒気だといいのですが。
※篆刻は「雪」の朱文。
「生」の字がふたつも入っています。

ページ上部へ