ホーム>百野草荘 花と篆刻>篆刻>桜の剪定(篆刻:桜)
篆刻

桜の剪定(篆刻:桜)

20211021165832.JPG  20211021165911.JPG

20211021165957.jpg

桐と梅を伐った勢いで、
電線に触っている八重桜も伐りました。
木に登って、高枝用のノコギリで
何とか触っている枝は落としましたが、
必死のパッチでありました。
※篆刻は「桜」の白文。

コメント(2)

全くあっ晴れな事に、西狭川町民一同の責任と義務ではありましょうが…年寄りは、程々に。
怪我などされません様に。

桐と梅は、町で管理する里道の防犯灯の電線に当たっていたので伐りましたが、この桜と電線は我が家のことでありまして。お言葉の通り、もう歳を考えて、自粛いたします。

コメントする

ページ上部へ