自然

氷と雪(篆刻:雪)

2022221232858.JPG

2022221233145.jpg

昨日の朝は、
氷の上に雪があって、
寒い一日でした。
※篆刻は「雪」の朱文。

霜(篆刻:霜)

202212717141.JPG  2022127171433.JPG

2022127171522.jpg

寒い朝が続きます。
左は庭からの景色、右は車の屋根の霜の結晶。
※篆刻は「霜」の白文。

雪景色(篆刻:雪)

2022121212051.JPG

2022121212131.jpg

昨日の朝8時の庭からの景色。
昼間も雪がちらついて、寒い一日でした。
※篆刻は「雪」の朱文。
同じ篆刻ばかりで、スミマセン。

枯れ野(篆刻:枯)

2022119165733.JPG

202211916588.jpg

向かいの空き地の枯草がきれいだったので
撮りましたが、こうして見れば、
ただの草っぱらです。
※篆刻は「枯」の朱文。

雪(篆刻:雪)

202211393927.JPG

20221139404.jpg

一昨日はかなりの雪が降って、
銀世界が楽しめると思ったのですが、
積もりませんでした。
※篆刻は「雪」の朱文。

初雪(篆刻:雪)

20221216946.JPG

202212161030.jpg

元日の朝、庭がうっすら白くなっていて、
文字通りの初雪でした。
※篆刻は「雪」の朱文。

初霜・初氷(篆刻:初)

202111299561.JPG  2021112995637.JPG

2021112995721.jpg

昨日の朝は、この冬一番の冷え込み。
庭のテーブルに初霜、睡蓮鉢には初氷。
いよいよ冬本番です。
※篆刻は「初」の白文。

黄砂(篆刻:黄沙)

2021510102952.JPG

2021510103037.jpg

日曜の黄砂では、
向かいの緑もくすんでいました。
※篆刻は「黄沙」の白文で、
篆書体の砂は「沙」になります。

雪(篆刻:雪)

202121816151.JPG

2021218161550.jpg

昨日は厳しい寒さで、
時々雪もちらつきました。
これで最後の寒気だといいのですが。
※篆刻は「雪」の朱文。
「生」の字がふたつも入っています。

西狭川町

2019799137.jpg

百野草荘の庭から見える景色を、少し下の市道から撮ってみました。
小さな棚田がつながった狭川の原風景。
耕地整理を進める国のパイロット事業に一軒だけが反対して、
残った風景です。
 

ページ上部へ