キノコ

緋色茸

20191128489.jpg

選定した桜の枝に生えた、オレンジのキノコはヒイロタケ。

占地と柘榴

2019101195542.jpg  2019101195624.jpg

クマさんが大きなホンシメジとザクロを持ってきてくれて、
さっそく花子が水彩で描きました。
絵のコメントは、門外漢なので致しません。

 

角股茸

201972092219.jpg

梅雨になるとヒノキの丸太椅子に生えるツノマタタケ。
角が二股なので。

椎茸

2018111591044.JPG

ふっくら美味しそうなシイタケをいただきました。

瓦茸

2018114103014.JPG  2018114103045.JPG

桃の木のカワラタケは全部こそげ落としたのに、
日陰の方に、またびっしり!

鬼燻

2018101091911.JPG

他所のキウイ棚の下で、オニフスベを発見。
もう茶色になっているので、蹴ると粉が舞い散りますが、
一夜にして白い大きな塊になるキノコで、
草刈りで見つけるとギョッとします。
鬼瘤とも書いて、「フスベ(贅)」は、こぶ・いぼ。
別名、ヤブダマ、ヤブタマゴ、キツネノヘダマ、テングノヘダマ、ホコリダケなど。

角又茸

2018779144.JPG

雨が降ると庭のヒノキの丸太椅子で元気になるツノマタタケ。

鬼燻

2018117986.JPG
村の新年会の帰り、道端のキウイ棚の下にオニフスベをふたつ発見。
(酔っても、こういうものは見つけられます)
夏は白くブヨブヨですが、枯れると茶色になり、触るとホコリが舞います。
以下、ウィキペディアより
「鬼燻、鬼瘤、ハラタケ科のキノコ。「フスベ(贅) 」とはこぶ・いぼを意味する。
別名:薮玉(ヤブダマ)、ヤブタマゴ、キツネノヘダマ、 テングノヘダマ、ホコリダケなど。
江戸時代は、他のホコリタケ類とあわせ馬勃(バボツ) とも呼ばれた。」

梅の木苔

20171239501.JPG
木を枯らすというウメノキゴケが文字通りウメの木にへばりついているので、
ワイヤーブラシでこそぎ落したのですが、
ワイヤーが抜けてしまって、途中でストップ。
かなりの難敵です。
 

瓦茸

2017111183115.JPG
モモの木にびっしり生えたカワラタケ。
癌の薬クレスチンの原料だそうですが、
倒木などに生えるキノコ、ということは
モモはもう寿命???

ページ上部へ