篆刻

白雪芥子(篆刻:白雪芥子)

202254171839.JPG

202254171917.jpg

シラユキゲシは春早くから咲いています。
※篆刻は「白雪芥子」の朱白文。

赤花常盤万作(篆刻:萬作)

202254171339.jpg

202254171427.jpg

アカバナトキワマンサクは
強剪定のためか余り花付きがよくありませんが。
※篆刻は「萬作」の朱文。

射干(篆刻:射干)

202252113855.JPG

202252113933.jpg

シャガがあちこちに増えました。
草刈するのも可愛そうなので、
百野草荘は原野化の方向に進んでいます。
※篆刻は「射干」の白文。

山瑠璃草(篆刻:瑠璃)

202252113410.JPG  202252113443.JPG

202252113529.jpgのサムネイル画像

ちょっと遅いのですがヤマルリソウ。
ブルーとピンクがあります。
※篆刻は「瑠璃」の白文。

木香薔薇(篆刻:木香)

202252112615.JPG

202252112657.jpg

トゲのないモッコウバラが満開です。
※篆刻は「木香」の白文。
 

澤瀉(篆刻:澤瀉)

2022430155029.JPG

2022430155112.jpg

葉が細長いオモダカがよく咲いていますが、
検索しても名前が判りません。
※篆刻は「澤瀉」の朱文。

小手毬・大手毬(篆刻:手毬)

2022430151037.jpg  2022430151121.jpg

202243015124.jpg

左はコデマリ、右はオオデマリ。
同じ頃に咲きますが、コデマリはシモツケの仲間、
オオデマリはガマズミの仲間。
※篆刻は「手毬」の朱文。

朴ノ木(篆刻:朴)

2022426154419.JPG

2022426154640.jpgのサムネイル画像

もうホウノキにいくつも花が咲いていて、
驚きました。すっかり初夏です。
※篆刻は「朴」の白文。

深山樒(篆刻:樒)

2022426153252.JPG

2022426153332.jpg

珍種の第2弾は、ミヤマシキミ。
花子が挿し木して、やっと咲きました。
毒があるので「悪しき実⇒シキミ」ですが、
赤い実がなるので、千両、万両などと並んで
「億両」と呼ばれます。
※篆刻は「樒」の朱文。

銀竜草(篆刻:銀竜)

2022426152345.JPG

2022426152425.jpgのサムネイル画像

この珍しいギンリョウソウは、
川のそばに群生していたのですが、消えてしまいました。
隣のOさんが用水のそばで咲いていると教えてくれて、
久しぶりにパチリ!
色素を持たないので白く見え、育つともう少し長くなります。
※篆刻は「銀竜」の白文。
 

ページ上部へ