日記

熊炭(篆刻:熊)

20211117163518.JPG

20211117163732.jpg

スミに置けない竹炭。《小林茂・拾子 二人展》が
木津川市情報発信基地 キチキチ 1階カフェ・ギャラリーで
明日19日まで開催中です。
花での応援は「花の会」、楽篆堂もハガキ制作で
お手伝いしました。
※篆刻は「熊」の白文。

焚火(篆刻:焚火)

2021116173028.JPG

2021116173112.jpg

チェーンソーが修理から戻ったので、
桐と梅の枝を切って、半分燃やしましたが、
まだ焚火には暑く、汗をかきました。
※篆刻は「焚火」の白文。

桜の剪定(篆刻:桜)

20211021165832.JPG  20211021165911.JPG

20211021165957.jpg

桐と梅を伐った勢いで、
電線に触っている八重桜も伐りました。
木に登って、高枝用のノコギリで
何とか触っている枝は落としましたが、
必死のパッチでありました。
※篆刻は「桜」の白文。

梅の剪定(篆刻:梅)

202110201454.JPG  2021102014540.JPG

2021102014623.jpg

桐に続いて隣の白梅も強剪定しました。
伐った枝が山盛りになりました。
※篆刻は「梅」の白文。

続・赤芽柏(篆刻:協)

2021101616341.JPG  2021101616418.JPG

2021101616516.jpg

昨日は公民館周囲の剪定のあと、
バス停の裏に茂ったアカメガシワを
根元から伐って、サッパリしました。
※篆刻は「協」の朱文。
3つの「力」は、農具の耒(スキ)で、
農耕の共同作業の意味です。
 

稲刈り(篆刻:収穫)

2021961155.JPG

20219611547.jpg

昨日は向かいの田んぼで早生(わせ)の稲刈りが
始まりました。
他の田は、暑い盛りの稲刈りを避けて、
晩生(おくて)にしたようです。
※篆刻は「収穫」の朱文。
 

北の幸(篆刻:幸)

20218221079.JPG

202182210757.jpg

篆刻でご縁ができた北海道の方から
美味しいトウモロコシとジャガイモをいただきました。
花子がコーンを入れてパンを焼きました。
※篆刻は「幸」の朱文。

和蠟燭(篆刻:蝋燭)

2021813113436.JPG

2021813113517.jpg

お盆には、取って置きのいただいた
和蝋燭を灯します。
美しくて、長持ちします。
※篆刻は「蝋燭」の白文。

梅干し(篆刻:梅干)

202173093353.JPG

202173093438.jpg

梅雨が明けたら、瓶に漬けていた梅を
3日間、日なたで干します。
夜は縁側に置いておくと、夜露を吸って濡れるので、
また日なたで干します。
※篆刻は「梅干」の朱文。

田植え(篆刻:田植)

202156105122.JPG

20215610520.jpg

連休は田植えのピークでした。
百野草荘から見える田んぼでは
今朝、最終組のご夫婦が準備中。
※篆刻は「田植」の朱文。

ページ上部へ