草花

烏瓜(篆刻:烏瓜)

20211023145340.JPG

20211023145416.jpg

ニワトコにからんだカラスウリの実が
いい色になっています。
※篆刻は「烏瓜」の朱文。
 

黄揚羽(篆刻:揚羽)

2021102293319.JPG

202110229349.jpg

ノダケにキアゲハの幼虫が4,5匹います。
ノダケが好物のようで、
花子はこれを活ける予定があったのですが、
諦めました。
※篆刻は「揚羽」の朱文。

吉祥草(篆刻:吉祥)

20211018171640.JPG

20211018171848.jpgのサムネイル画像

桐の木の根元にキチジョウソウが
たくさん生えて、ちょうど花が満開でした。
※篆刻は「吉祥」の白文。
 

ノササゲ(篆刻:野大角豆)

20211013161032.JPG

20211013161111.jpg

九頭神社側の県道沿いにきれいに色づいた
ノササゲの実を発見。
※篆刻は「野大角豆(ノササゲ)」の朱白文。
平安時代の『倭名類聚抄』に『大角豆』として、 
ササゲの名が現れています。ササゲは野菜として栽培され、
花の後に出来る豆果が、長さ30cmほどにもなります。
この「ササゲ」はマメ果が最初は上向きになるので
「捧げる」から転訛したというのが一般的。
野に生育するササゲということになります。

山路野菊(篆刻:野菊)

202110895054.JPG

202110895143.jpg

『四季の山野草』には
「ヨメナや シラヤマギク、ヤマシロギクなど野生の菊を
総称して野菊とよんでいるが、
名前に「野菊」と付いているのはこのヤマジノギクくらい。
菊の紋章のようにはっきりとした花の形から
来ているのだろうか。」とあります。
※篆刻は「野菊」の白文。

オキザリス・ペンタフィラ(篆刻:オキザリス)

202110893846.JPG  202110893927.JPG

20211089406.jpg

鉢のコスモスがカタバミのような花を咲かせました。
調べたらオキザリス・ペンタフィラという品種で、
花子が買ったのを忘れていたようです。
※篆刻は「オキザリス」の朱文。

 

野菊(篆刻:野菊)

202110891019.JPG

202110891057.jpg

野菊の仲間には、
ヨメナ、ノコンギクなどいろいろあるので、
まとめてノギクにします。
※篆刻は「野菊」の白文。

秋丁子(篆刻:秋丁子)

202110692650.JPG

202110692743.jpg

アキチョウジがコデマリの下の
半日陰で咲きだしました。
※篆刻は「秋丁子」の朱文。

藪豆(篆刻:藪豆)

202110692257.JPG

202110692339.jpg

お邪魔虫のヤブマメですが、
この色は絶妙!
※篆刻は「藪豆」の白文。

杜鵑(篆刻:杜鵑)

2021104161614.JPG

2021104161654.jpg

台湾ホトトギスより大きい花の
ホトトギスが咲きだしました。
※篆刻は「杜鵑」の朱文。

ページ上部へ