生きもの

イタチ(篆刻:鼬)

202241615723.jpg

20224161589.jpg

速報です。
昼前、一仕事終えて縁側でノンアルを飲んでいたら、
下からイタチが顔を出したので、スマホで撮って、トリミングしました。
ポストの前の糞も、昔、ニワトリのなっちゃんを殺したのも
こいつの仕業です。
※篆刻は「鼬」の朱文。

梅に鶯(篆刻:鶯)

2022331203121.JPG

2022331203223.jpg

縁側から撮った梅とウグイス。
NHKの“美の壺”で、野鳥の会のベテランが
「梅にいるのはほとんどメジロで、
私もウグイスはみたことがない」と言ってましたが、
百野草荘では珍しくありません。
※篆刻は「鶯」の白文。

小啄木鳥(篆刻:啄木)

20223510369.JPG

202235103649.jpg

昨日の朝、デスクの向かいの柿の木にとまった鳥は
小さなキツツキの小啄木鳥(コゲラ)でした。
目ヂカラがすごい!!
※篆刻は「啄木」の白文。
 

猿(篆刻:猿)

2022226163626.jpg

2022226163854.jpg

笠置のコンビニに行った帰り、サルのファミリーに遭遇。
かなり近づかないと逃げません。
※篆刻は「猿」の朱文。
『マチオモイ帖』から。

鳥の巣(篆刻:巣)

202221163524.JPG

20222116364.jpg

里道の笹ヤブのへりに
鳥の巣が落ちていました。
いつ見ても、丁寧な作業に感心します。
※篆刻は「巣」の白文。

モグラ(篆刻:土竜)

2022128174014.JPG  2022128174055.JPG

2022128174210.jpg

この時期はあちこちに土が盛り上がった
モグラ塚がありますが、
やっぱりサバが食わえてきました。
見つけてすぐ埋葬しました。
※篆刻は「土竜」の朱文。

蝉の針千本(篆刻:蝉)

2022125153625.JPG

2022125153713.jpg

エビネなどのエリアの苔のうえで
蝉の死骸に小さなキノコ状にものが密集しているのを発見。
「昆虫エクスプローラ」の川邊透さんに送ったら、
「おおー、見事ですね!これは、冬虫夏草の一種で、
セミノハリセンボンと呼ばれるものだと思います。
図鑑では、夏から秋にかけて発生する、と書かれているのですが、
今の季節に見つかったのでしょうか?
ブログに掲載させていただきます。」と
返事をいただきました。 

貝殻虫(篆刻:貝殻)

202211616340.JPG

2022116163438.jpg

ユキヤナギの白い花に見えますが、
白いカイガラムシ。
樹液を吸い取る冬の害虫です。
※篆刻は「貝殻」の朱文。

サバ(篆刻:暖)

202216175441.JPG

202216175528.jpg

昨日は雪がちらついたので、
サバは離れのホットカーペットの上。
この赤いランプが分かるようで、
消えていると花子に催促します。
※篆刻は「暖」ですが、
篆書体は火ヘンです。

クリスマス・ホーリー(篆刻:鵯)

20211223181526.jpg

20211223181611.jpg

クリスマス・ホーリーの赤い実は
鵯(ヒヨドリ)の冬の大好物です。
※篆刻は「鵯」の白文。

ページ上部へ