生きもの

テントウムシ(篆刻:天道)

202142015359.JPG

202142015442.jpg

日の当たるカタバミに
ナナホシテントウムシがいました。
※篆刻は「天道」の朱文。

燕(篆刻:燕)

20214885224.JPG

2021488530.jpg

今年のツバメは、かなり早い。
縁側の天井にはビニールを張って
巣が作れないようにしていますが、
今朝は開けた玄関から入って、
座敷のガラス戸に当たったのがいました。
※篆刻は「燕」の白文。
 

毛虫(篆刻:毛虫)

20214112321.JPG

20214112358.jpg

今年は気温が高いせいか、
小さなケムシがあちこちにいます。
小さくても食欲は旺盛。
※篆刻は「毛虫」の白文。

蛇(篆刻:蛇)

20213251704.JPG

202132517048.jpg

ショウジョウバカマの下の溝で
細いヘビが死んでいました。
ヤマカガシのようです。
※篆刻は「蛇」の白文ですが、
篆書体では虫偏が無いようです。

サシバ(篆刻:刺羽)

202122893821.JPG

202122893915.jpg

ここ数日、暖かな昼はご飯を縁側で食べるのですが、
渡りから帰ってきたサシバが上空を旋回します。
※篆刻は「刺羽」の朱文。「差羽」とも言うようです。

サバ(篆刻:サバ)

2020101194128.jpg

202112715423.jpg

昨日の夜、サバがガラス戸の外のヤモリを見上げているところ。
このように黒目が大きいと可愛いのですが。
※篆刻は「サバ」を白文で。

アカタテハ(篆刻:アカタテハ)

202010684741.JPG

202112716215.jpg

アカタテハという蝶が縁側でそばに来て、とまる。
口ばしの先で、乾燥した木が濡れている。
吸っているのでなく、何かを出しているようだ。
この蝶の幼虫が、カラムシを食べる
毒々しい赤と黒の毛虫“ヘンナヘンナ虫”だった。
※篆刻は「アカタテハ」の白文。

紫苑(篆刻:紫苑)

202010584131.JPG

20211269592.jpg

ネコヤナギのそばのシオン。
これ一本になってしまいました。
クモが慌てています。
篆刻は「紫苑」の白文ですが、
細い朱文の方が似合うかも。 

雀蛾(篆刻:雀蛾)

20201049304.JPG

202112610752.jpg

ハチドリのようにコスモスの蜜を吸うスズメガ。
すぐ他の花に移動するので、スマホで撮るのはやっかいです。
※篆刻は「雀蛾」の白文です。

吾亦紅(篆刻:吾亦紅)

202092695716.JPG

20212492015.jpg

ヒメワレモコウより背の高いワレモコウ。
クモの巣にカメムシが捕まりました。
※篆刻は「吾亦紅」の朱文。
「我も、また紅」です。

ページ上部へ