ホーム>鋳造印のつくり方

鋳造印のつくり方

鋳造印のつくり方。

◎鋳物体験…「古印をつくろう」 参加レポート

①鋳型(印面)の制作

2020105154247.JPG

鋳型は、印面と持ち手のふたつあります。
まず印面の鋳型を細かな粒子の粘土を
焼いた陶版で作ります。
あらかじめ陶板いっぱいに太い線が
スタンプで押されていますが、
それが持ち手の部分の鋳型の位置で、
印の枠や文字はその内側になります。
枠は有っても無くてもいいのですが、
今回は初めてなので枠有にしました。
枠と印の文字を鉛筆で下書きします。
 

 

2020105154554.JPG
印面を彫る石の篆刻とは違って、
鋳物の印では逆文字にはしません。
彫る道具は、
鉄の尖った太い針のような物で
滑り止めの紐が巻いてあります。

まず、枠から彫ります。
 

2020105154811.JPG

彫った部分に錫(すず)が流し込まれて、
凸の文字になるので、
針で何回もゆっくり丁寧にこすって、
深さと幅を出します。

 

2020105155040.JPG

これでいいか先生に見ていただいたら、
まだまだ浅いと
手を加えていただきました。
印面の鋳型は、これで完成です。

 

 ②鋳造(印の鋳物)

2020105155322.JPG

陶板の上に、持ち手の鋳型を載せて、
ネジで締めて密着させます。
持ち手の鋳型は耐熱性のシリコンで、
何枚か重なっていて、
一番上の楕円の穴から錫を流し込みます。

 

2020105155453.JPG

コンロの鍋には錫が融けています。
これをお玉ですくい自分で流しますが、
危険なので先生が手を添えてくれます。

 

2020105155636.JPG

錫の入ったお玉を金具に乗せて、
安定させてから錫を一気に流し、
あふれる寸前で止めます。
ネジをはずすと、
印面の陶板はすぐ外れますが、
シリコンの中はまだ熱く、
密着しているので、穴から押し出して、
水につけて冷やします。

 

2020105155834.JPG

鋳型を外して、出来たばかりの印ですが、
印面の鋳型である文字の彫りの深さが
均一でないので、
文字の山には高低差があります。

 

20201051608.JPG

サンドペーパー(180番)で、
手前から向こうへ押して、高い山を削り、
低い山にも印肉が当たるまで、
均一にします。

 

202010516144.JPG

高い山の線は何回か削られて太くなり、
低い山はまだ細いままですが、
その太さの強弱が石の篆刻にない
「意外性のある味」になります。

これで鋳物の古印が完成です。

 

この「鋳物体験…「古印をつくろう」は、2020年10月3日、京都の泉屋博古館で開催されたワークショップの参加レポートです。
講師は、福岡県「芦屋釜の里」の樋口陽介氏、新郷英弘氏と泉屋博古館の方々。楽しく貴重な体験をさせていただきました。
ありがとうございました。

ページ上部へ