ホーム>作品の一覧>新作のご紹介>視線で絵を描く「榊浩行」さんのために
新作のご紹介
視線で絵を描く「榊浩行」さんのために

視線で絵を描く「榊浩行」さんのために

24 ×12ミリで。
21,600円(税込)
榊浩行さんの絵のプロデュースをされる方から、ご依頼がありました。
「彼は、ALSという難病の患者さんで、全身の筋肉機能は失われ、現在眼球のみ動く状態で入院をされています。この難病は、意識はしっかりとあるのですが、筋肉なども動きません。その彼が、動く視線のみを使って絵を描き、この度代官山の蔦屋さんにて展示がされるまでになりました。絵も販売されて、先日第1号が売れました。彼は、動くことができないため、直筆のサインをすることができません。そこで相談して、「彼の作品の証明できるもの」として、篆刻がよいとなりました。」
201951872215.jpg  201951872237.jpg
↑ 画像は拡大できます。
201951872353.jpg  201951872422.jpg
「榊浩行」と「HIRO」のどちらかというご希望でしたが、ふたつとも彫って、ささやかな応援とさせていただきました。
※ 価格は、参考です。
◎榊さんが病床で作品に印を押す「調印式」の写真が届きました。フェイスブックにも載せている写真なので、ここでも紹介させていただきます。
2019520183532.jpg  201952018368.jpg
2019520183654.jpg  2019520183724.jpg
 
ページ上部へ