百野草荘 花と篆刻

福寿草(篆刻:福寿)


フクジュソウが8割ほど開いたのですが、
その後陽が当たってもつぼんだままです。
写真は2015年2月16日のものです。
※篆刻は「福寿」。

椿:村下(篆刻:村下)


小振りの一重筒咲きの「村下(むらげ)」は
出雲の野生ヤブツバキからの品種。
村下とは製鉄職人のことで、燃えるような朱紅色が
製鉄の火色に似るからだそうです。
※篆刻は「村下」。

ページ上部へ