ホーム>百野草荘 花と篆刻

百野草荘 花と篆刻

山茶花(篆刻:山茶花)

2021102494115.JPG

2021102494211.jpg

サザンカの絵日傘が咲きだしました。
開きはじめは濃いピンクと白の対比が
きれいです。
※篆刻は「山茶花」の朱文。

烏瓜(篆刻:烏瓜)

20211023145340.JPG

20211023145416.jpg

ニワトコにからんだカラスウリの実が
いい色になっています。
※篆刻は「烏瓜」の朱文。
 

黄揚羽(篆刻:揚羽)

2021102293319.JPG

202110229349.jpg

ノダケにキアゲハの幼虫が4,5匹います。
ノダケが好物のようで、
花子はこれを活ける予定があったのですが、
諦めました。
※篆刻は「揚羽」の朱文。

桜の剪定(篆刻:桜)

20211021165832.JPG  20211021165911.JPG

20211021165957.jpg

桐と梅を伐った勢いで、
電線に触っている八重桜も伐りました。
木に登って、高枝用のノコギリで
何とか触っている枝は落としましたが、
必死のパッチでありました。
※篆刻は「桜」の白文。

梅の剪定(篆刻:梅)

202110201454.JPG  2021102014540.JPG

2021102014623.jpg

桐に続いて隣の白梅も強剪定しました。
伐った枝が山盛りになりました。
※篆刻は「梅」の白文。

吉祥草(篆刻:吉祥)

20211018171640.JPG

20211018171848.jpgのサムネイル画像

桐の木の根元にキチジョウソウが
たくさん生えて、ちょうど花が満開でした。
※篆刻は「吉祥」の白文。
 

桐(篆刻:桐)

20211018165514.jpg  20211018165558.JPG

20211018165929.jpg  2021101817012.jpg

2021101817155.jpg  20211018171252.JPG

2021101817341.jpg

昨日の午前中は、裏の桐を伐りました。
枝が多く、重みでチェーンソーが挟まれたので
Oさんのミニユンボに救援を依頼。
さすがの機械力と操作の技で、無事伐採。
チェーンソーで枝を切って、その始末に骨が折れました。
※篆刻は「桐」の朱文。

キウイ・フルーツ(篆刻:キウイ)

20211017115610.jpg

20211017115649.jpg

キウイの数は少ないのですが、
果物屋に置けるくらいの大きさがありました。
太郎があまり庭仕事をしないので、
花子が採りに行きました。
※篆刻は「キウイ」の白文。

続・赤芽柏(篆刻:協)

2021101616341.JPG  2021101616418.JPG

2021101616516.jpg

昨日は公民館周囲の剪定のあと、
バス停の裏に茂ったアカメガシワを
根元から伐って、サッパリしました。
※篆刻は「協」の朱文。
3つの「力」は、農具の耒(スキ)で、
農耕の共同作業の意味です。
 

赤芽柏(篆刻:柏)

20211015205712.JPG

20211015205759.jpg

今日は、町内の「秋の道づくり」ですが、
我々グループはバス停の裏で勝手生えして、
アスファルトを持ち上げるほどになった
アカメガシワを伐ります。
※篆刻は「柏」の白文。
アカメガシワはカシワではなく、
トウダイグサ科の落葉高木。

ページ上部へ