ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。

篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。

不常識『篆刻講座』 11:文字を引きずり廻せ。

2017424174251.jpg  「篆刻:久乃(12ミリ角)」
ずいぶん久しぶりの「不常識篆刻講座」だから「久乃」なのではないけれど。書道をされている娘さんへ、お母さんから落款印二顆(か・篆刻の数)セットのプレゼントのご依頼だった。作品に署名し、その下に白文の名前を、さらに朱文の雅号を押すことが、作品の完成=落款の作法。電話でお聞きすると、女子高生ながら応援団で、学ランを着て高下駄で通学しているという。大きな応援旗を持つ勇姿が地元の新聞にも載っている。書も豪快ですかと聞けば、確かに思い切りが良いという。篆刻のデザインは、それで決まった。「こころの芯棒として直線を活かすこと。直線以外は柔らかい、優しい曲線で、娘らしさを出すこと。」

「久」は人の後ろを棒状のもので支えて、いく久しくと願う文字。「人」の篆書体は人間の側面で、膝を少し曲げて、腕を前やや下に伸ばした形だが、第一画を斜めの直線にする。「乃」の篆書体は弓の弦をはずした象形で、弦のない弓状の曲線なのだが、あえて常用漢字のようにして、第一画の斜線を久のそれと平行にした。ここで当然、「ひとつの篆刻に篆書体と常用漢字が混ざるのは違反だ」という声があがるだろう。

いや、もうそんな下らない話は止めよう。我々は21世紀の日本に生きている。漢字、ひらがな、カタカナばかりか数字、アルファベットも使いながらコミュニケーションしている。そんな中で篆刻だけが篆書体を、それも甲骨文だけ、金文だけで構成せよをというのは時代錯誤、ナンセンスの極みではないか。「久」と「乃」という文字のすべての可能性を全部並べて、比較検討する。直観でも選んでも構わない。「乃」から生まれた「の」を選ぶ自由だってある。そうして選んだ文字の首根っこをつかんで、自分の方寸の世界に引きずり込む。そうして自分だけの何かを構築する。文字に振り回されてはいけない。主体である自分が文字を引きずり廻すのだ。そのためには、文字の生い立ちや本来の意味を熟知しなければならない。それをこの現代にどう生かしてあげようかと真剣に考えなければならない。そうすることでしか、自分らしい、自分だけの篆刻にならない、と私は思う。

『都会を滅ぼせ』は、正しい。(篆刻:滅)

201741114132.jpg
毎日新聞で倉本聰さんがコラムの最終回で『都市を滅ぼせ』(中島正著・双葉社)
を日本人必読の書と言っていたので、読んでみた。以下、順不同で抜粋する。

「都市を滅ぼさないと人類が滅ぶ。都市はあらゆる公害の元凶で、諸悪の根源」 
これが前文。「どんな田舎も二次・三次産業があり、その従事者が住んでいれば、
そこは都市」「近代化は都市化であり、便利、贅沢、安逸の追求、繁栄への進歩」 
「都市は貨幣経済の魔力で拡大する」「都市は活動のため森林、農地、農業人口、
農産物、海岸、水産資源、エネルギー・金属資源、酸素・水、電源、水源を収奪し
破壊する」「収奪して使用の後、二酸化炭素、排ガスとなり、オゾン層を破壊し、
汚排水とゴミを出し、それでも商品は氾濫し、過剰サービスを生み、ついに戦争の
元凶となる」 では、真の革命は。「都市の解体=不耕貪食の解消」しかないという。

都市を滅ぼす方法は安藤昌益の「万人直耕」、福岡正信の「国民皆農」だが、彼は
搾取機構の国家を認めないので「民族皆農」、大自然の掟だけを唯一の規範とした
縄文時代のごとき自然循環型有機農業だという。農具は野鍛冶による鎌一本だけ、
自給自足の耐乏型孤高の人間が世に満ちれば革命は成立する。「人々よ、都市
は滅ぶとも人類は滅ぼしてはならない」という主張は、すべて正論で反論できない。

iPhoneで、「デビュー主人」。(篆刻:主人)

2017331111410.jpg
ガラケーで不自由はなかったけれど、カミサンのらくらくフォンの電池がすぐ減るので
機種を見直した。ガラケーの新機種はスマホより高くつく。二人でスマホに乗換える
とお得。自宅の光ケーブルはKCNだが、固定電話はソフトバンクなので、スマホも
ソフトバンクにするとドコモよりずっとお得。店独自のキャッシュバックもあったので、
私のiPhoneSEとカミサンのシンプルスマホ3の両方とも端末代金はゼロで済んだ。

デビュー夫人になったカミサンは翌日から知り合いに電話やメールをしていたのだが、
私の方は設定ごとにアドレスもパスワードも違って訳が判らない。メールとメッセージは
どう違うのか。手引き書を買い、ショップで1時間ほど基本を教えてもらって、何とか
概要は判り、やっと主な設定も出来た。さて、次はカメラを使ってみると。シャッターで
半押しのクセがついているので、5枚、10枚の連写になってしまう。パソコンに写真を
取りこむのもiTunesだとか、いやUSBでいいとか・・・ そんな時に花の会でiPhoneの
カメラを使いこなす方がいて、指でピントや露出まで簡単にコントロールできることを
教えてもらって、驚愕した。接写でピントが合いにくいコンパクトデジカメはもう要らない。

だが、いくらiPhoneがすごくても、メールやインターネットはパソコンでやる。いつでも
スマホを近くに置いてスマホ中心に生きるのは嫌。主人は私、「デビュー主人」なのだ。

「この世界の片隅に」を観て。(篆刻:隅)

2017310175912.jpg
クラウドファンディングでは森善之さんの『JAPAN GRAPH』で協力したが、この
映画もそれで完成できたのは、その可能性がまだまだ拡がりそうで素晴らしい。

広島の絵が上手なすずは周りから少しトロいと思われるような子。青年に見初め
られて昭和19年に呉に嫁ぎ、食糧難には雑草を摘んだり、竹槍訓練に参加したり
ごく普通の主婦として生きるのだが。空襲の後、不発弾を装った時限爆弾が爆発、
手を引いていた小姑の娘は亡くなり、すずも右手を失う。小姑に責められ、妹から
広島に帰ることを誘われるが、8月6日の朝、小姑はすずと和解して、すずも呉に
残ることにする。その直後、原子爆弾の閃光と衝撃が響いて、きのこ雲を目撃する。
翌年1月、廃墟になった広島ですずはこの世界の片隅で自分を見つけ愛してくれた
夫に感謝し、戦災孤児の少女を連れて、呉に戻る、というのがあらすじ。戦火の中、
悲劇はいくつもあるのだが、軍港を描いていたすずをスパイ扱いした憲兵以外悪人は
出てこないし、すべての人々が淡々とあたたかく描かれているので、声高に反戦を
謳っていないのに、巨大な悪と不幸である戦争のいまわしさが浮かび上がってくる。

いちばん感動的だったのは、エンドロールの最後にクラウドファンディングで寄付
した人々の名が延々と出るのだが、それが終わるまで誰も席を立たなかったことだ。

余命、2~3年。(篆刻:メ)

2017221174222.jpg
長く使っていたメガネがどうも見づらい。草刈りで傷もついたので、メガネのMで
検眼して新しいレンズに替えたのだが。夜、信号の緑が四方ににじんで花びらの
ように見えた。外の信号も見ながら再検眼してレンズを替えてもらったが、信号は
三角ににじむ。新聞の文字にも濃淡がある。Mはメガネだけの問題ではないので
眼科で検診をという。眼科は「白内障(水晶体が白濁)になっているから2、3年後
に手術が必要だが、メガネレンズ自体は問題ない。眼球とレンズのズレなどでは」
と差し戻しの判断だった。その足でMに行って結果を伝え、さらに検討してもらった。

対応してくれた店員も、夜の信号のにじみに苦しんでいて、あれこれ試行している
という。夜の信号だけにこだわって矯正すると日常に支障がでるというので、多少の
にじみは我慢することにした。もうひとつの新聞の文字は最適距離が35cmと近すぎ
ていたので40cmに変えたら濃淡も消えた。メガネはそれで一件落着せざるをえない。

篆刻では100分の何ミリかの違いでも印象が変わるから、近々両用のメガネに加えて
2.5倍のヘッドルーペを使う。しかも注文篆刻を年に150個、展示会の作品約30個も
あるから、加齢と酷使のダブルダメージ。篆刻は片仮名のメだが、あと2~3年でメの
短い線はどんどん伸びて、ついには×になる。余メー2~3年というお粗末な一席です。

私は、職人か。(篆刻:職)

201728144445.jpg
私の祖父は横浜・関内の洋家具職人。父は店舗のショーケースなどを作ったが
木工職人ではある。私は横浜生まれの三代目で浜っこだが、職人なのかどうか。

たまたま読み直した永六輔の『職人』(1996年、岩波新書)は、職人たちの名言、
迷言を紹介していて、どれもが言い得て妙だ。「職人気質(かたぎ)という言葉は
ありますが、芸術家気質というのはありません。あるとすれば、芸術家気取り
です」 「褒められたい、認められたい、そう思い始めたら、仕事がどこか嘘になり
ます」 「自分の評判なんて気にするんじゃない! 気にしたからって、何の得も
ない」 「嬉しそうにマスコミのインタビューを受けている職人は職人じゃありません。
職人は自分の仕事以外で気をつかわないものです」 「健康に気をつかってる
やつに、いい仕事はできません」 「プロとアマチュアの違いですか・・・アマチュアは
失敗をごまかせません」 「メシ喰う暇があったり、ウンコする暇があったら忙しい
なんて言うもんじゃねェ」 「職人で、自分で仕事の質を落とすってことは考えられ
ません。世間や客が質を落とせって言う場合が多いです」 面白いけど、笑えない。

さて、私は職人か。展覧会の作品は別だが、お名前などの注文篆刻では、希望を
充分に聞いて形で返したい。作風や流儀を押付ける作家ではなく、職人でありたい。

書が、判らない。(篆刻:書)

201711818749.jpg
先週の「情熱大陸」は女性書家の中塚翠涛。ルーブル美術館での展覧会に招待
されたのに驚いたが、それで二つの金賞をもらったというから、もっとビックリした。

こういう私の書道歴は小学校で教室に通い、県の教書大会に学校から選ばれて
行った程度だから、以下は素人のたわ言に過ぎないけれど。彼女の書の感想は、
「この程度の字を書く人は日本にどっさりいるだろうに」ということ。名のある書家の
篆刻も彫らせていただいているし、毎日新聞だから書の記事が多く、ほとんどに
目を通しても、私が双璧と思う良寛と会津八一をしのぐ書を見た覚えがない。まあ
ビートルズを超えるミュージシャンを知らないのと同じ話になってしまうのだけれど。

ただ面白いなあと思ったのは、彼女がルーブルのための作品を構想するにあたって
篆書体に大きく傾斜していたこと。書体に何の制限もないとき、また漢字を知らない
人々に漢字の面白さを伝えたい場合、誰もが整理されすぎた楷書ではなく、文字が
生まれたときの物語を色濃く残す篆書体の魅力にすがるのは、自然の流れなのか。

これを書く前にWikiで見たら、彼女は元モデル、現在もPR事務所所属で美人書家
が売り言葉だとか。女性書家は美人じゃないと有名になれないなんて風潮は勘弁して
欲しいけれど、金賞二つもくれたのはフランスだから美人に弱いのは仕方ないのか。

『倭人とはなにか』を読む。(印影:漢委奴国王)

201714105316.jpg
出野正・張莉ご夫妻から共著『倭人とはなにか―漢字から読み解く日本人の源流―』
(明石書店)を送っていただいたので、楽しい読書納めになった。「倭人」のルーツは
中国・長江の中下流の南側、滅亡した越の従順な民族で、ベトナムやタイ、さらに朝鮮、
または直接日本へ渡り、稲作や高床式建物を伝えたという説は、このブログの「張莉さん
の『「倭」「倭人」について』」「その2」「その3」
で紹介したので、お読みいただくとして。

第1章「(二人の)西双版納の旅」が発見と驚きにあふれて興味深い。西双版納(シー
サンパンナ)は中国の雲南省最南端の傣(タイ)族自治区で、一万二千の稲田の意味。
故鳥越憲三郎氏の日本と中国南部、朝鮮の古代文化の共通点研究を確かめる旅だ。
以下は二人が確認した日本との共通点。高床式建物と切妻造、入母屋造、校倉造、千木
(ちぎ)や堅魚木(かつおぎ)、棟持柱など。村の門の上にある鳥の彫刻は神社の鳥居の
原形。食べ物では、餅、赤飯、豆腐、こんにゃく、納豆、ちまき、馴れ鮓など数えきれない。

共通点は銅鑼、下駄、注連縄、鎮守の森、神籬(ひもろぎ)、貫頭衣、文身(入れ墨)、断髪
にも及ぶが、鵜飼も南中国と日本のみの文化だという。これほど共通点があれば、倭人が
南中国から日本へという説に反論はできないだろう。ひとつ、気になるのは中国や朝鮮を
経て薄まったり消えたりした文化がなぜ今も日本に根強く残っているのか。それが知りたい。

※出野正氏から早々にお返事をいただきましたので、以下に転記します。ありがとうございました。
①南中国文化と日本列島文化の接点として挙げられている事項の中で銅鑼は外した方がよいと思われます。銅鑼の紋様が楽器の南(銅鼓)に近いという話を本の中でしましたが、銅鼓そのものは日本には伝わっていません。一部鳥居龍蔵氏が銅鐸の元は銅鼓であるとの説を出されたが、形があまりにも違いすぎるため、いろんな説の中の一説として位置づけられています。
②「ひとつ、気になるのは中国や朝鮮を経て薄まったり消えたりした文化がなぜ今も日本に根強く残っているのか。それが知りたい。」
この件ですが、中国や朝鮮は「倭」文化以外の文化を持つ集団が中心的な勢力となり、「倭」文化が駆逐されたからだと思います。中国でも、東海岸あたりには「倭」文化の村落があったと思われますが、漢化されました。朝鮮では「倭」は562年に滅び、新羅→高麗の文化が中心となり「倭」文化は途絶えました。それに対して、日本列島は「倭」文化を持った「倭人」が中心勢力となったため、それが天皇一系や神社文化として残っているのです。その結果、「倭」文化が残っているのは日本列島と南中国やタイ・ラオス・ベトナムなどの現在まで存続してきた倭族の村落に日本の神社文化と根元が同じである共通文化が残ったと思われます。

 

店が、無い。(篆刻:店)

20161222183429.jpg
約35年前、この狭川に越して来た時は肉と果物を売る店があった。村の宴会の
たびに、そこで肉を買い、野菜は持ち寄りでスキ焼きをした。肉など誰もありがた
がらなくなって仕出し弁当に替わった頃、その店は閉まり、店の家族は奈良市内に
出て行った。残った店はただ一軒で酒、タバコ、菓子などを扱う何でも屋だったが。

18歳になれば男女問わず免許を取る時代。車で量販店に行けば、ワンストップで
安いから敵うはずもない。宅急便、郵便、クリーニングと手を拡げてみても多寡が
知れている。夏の終わりに村の集会で「10月末で商品販売は終了」と伝えられたが
「地域でただひとつの店が無くなっては大変」、「出来るだけ買い物をしよう」などと
声を上げる者はなく、予告通り販売を終了した。タバコは在庫が無くなったが、酒は
棚に残ったままホコリをかぶっている。賞味期限が切れて、廃棄するしかないだろう。

かなり前に農協の支所は閉鎖され、ATMと精米機は残ったが、利用客が少ないので
撤去が決まっている。平成28年4月1日現在、狭川地区10町の世帯数は194で、
人口は444人。0~14歳は26人、15~64歳は215人、65歳以上が203人。人口は
10年で150人近く減っている。家族の平均は2.3人。田んぼだった土地に太陽光発電
のパネルが増えている。やっと3地区の真ん中に診療所が出来たのはニュースだが。

明るい篆刻。(篆刻:游心)

2016125135023.jpg
遊が「親父の趣味は剣道も篆刻も屋根の下で暗い」と言ったことがあるが。その遊が
大きな空の下、広い鈴鹿サーキットで事故死したのだから、良かったのかどうなのか。
あの日から丸17年が、今日。晴れ男だった遊にふさわしく、今日も日差しが温かい。

剣道は教えていた小学生が3人しかいないのを機に10年ほど前にやめたけれど、
篆刻はもう40年近く続けていて、趣味から本業になった。確かにインドアの仕事では
あるけれど、それが暗いのか明るいのか。先日の三游会で、出野さんという本格的な
篆刻をされる方が、「あなたの篆刻には陽気がある」と言ってくださった。「ありがとう
ございます」と笑顔で答えたが、心の中では躍り上がった。私が目指している篆刻は
まさにそうなのだから。その漢字が生まれたときの物語をまず白川先生の『字統』で
読む。その物語をいま、この時に生かしてみたい。そう考えながら文字を見つめると、
伸びたがる線、曲がりたがる場所が見えてくる。素直にそうしてあげると、その漢字が
よろこんでいるように見える。そんな篆刻は見る人にも伝わるらしい。無理やり座棺に
押し込んだような篆刻には無い、明るさ、楽しさが生まれているはず、だと思うのだが。
「方寸(3センチ四方)の世界に(のびのび)遊ぶ」ことこそが篆刻の醍醐味なのだから。

遊もきっと上から見ながら、それを知っていると思う。「親父、楽しそうにやってるな」と。

ページ上部へ