ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。

篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。

「無心」に咲いた。(篆刻:無心)

20184914355.jpg
平成6年から、春、翌年の秋、翌々年の春と3年に2回続けた「三游会」が昨日、
第17回で終了した。野の花と遊ぶ「花の会」、陶芸の尾崎円哉さんと楽篆堂の「三」
だったが尾崎さんが事情で途中から抜けて、実質的には「二游会」になったけれど。
最終回は「無心」。大額の篆刻「工夫は平生にあり、席に臨んでは無分別」さながら
花の会の皆さんは開花の不順にも動じず、百野草荘の桜や椿に助けられ、尾崎さん
の花器に見事に活け切った。篆刻は新作、旧作を含めて約25点を「無」で統一した。

案内はがきに“最後の”三游会と書いて、皆さん驚かれたようだが、受付でお渡しした
お礼の言葉のとおり、大規模な野の花の発表はほとんどの花を野山から活けるだけ
いただくため、メンバーの高齢化、野山の環境の変化で、これ以上は難しいという判断
をした次第。25年近く、本当にたくさんの方々にご覧いただき、また事故もなくやって
来られたことを感謝しつつ、共同展としての三游会は幕を下ろしました。本当に有難く、
改めてお礼申し上げます。ただ、篆刻の楽篆堂は、花のような生ものではなく、石が
相手の仕事だから、まだ頭と手が元気なうちは、あと何回かは発表をするつもりです。

この3日間、これまでの1.5倍の方々とお会いしたけれど、不思議と疲れていない。
額装の篆刻のように「桜、必死に咲けば、散って悔い無し」。本当に有難うございました。

若者たちに、「篆刻」を。(篆刻:冓)

201826112738.jpg
大学は教育学部だったがコピーライターになるためだから、社会科学科を選び、教職
課程もとっていない。それが教育大学で3時間も話をすることになるとは夢にも思わ
なかった。呼んでくださったのは出野文莉(張莉)先生で、ご主人の正さんとともに私の
篆刻に理解を示してくださっている。書道の先生を目指す若者たちが、真面目に美しく
書くことに専念しているので、私の不常識な篆刻で刺激を与えたい、ということらしい。

私の篆刻の話をすればよいということだが、さて「楽篆堂・田中快旺の篆刻」とは何か。
ここまで独学、直感でやってきたが、改めて見直すことになって、とても有り難かった。
HPのイントロでも「彫って楽しい、見ておもしろい、押してうれしい」、「新しくて懐かしい
篆刻を」と書いているが、それを具体的に示さざるを得ない。近々「不常識篆刻講座」
でも説明するが、文字が生まれた時の物語を現代に生かすには、中国の清の時代の
書と篆刻の融合、いわば「運筆的篆刻」を脱却すべきと再認識したのは大きな成果。

若者たちは張莉先生も驚くほど熱心に聞いてくれて、びっしりと書かれた感想文でも
苦手だった篆刻が楽しく身近になったという声が多かった。講の「冓」は白川先生の
『字統』によれば、上下の組み紐をつないだ形だという。講義などとはおこがましいが、
50歳も年の違う若者たちと、篆刻で「知好楽」から「遊」へと共鳴できたのはうれしい。

マキタのファンになる。(篆刻:充)

2018124123854.jpg
マキタの充電式剪定バリカンを買った。長いコードを2本つないでも届かない場所が
あったので、これは助かる。片手でも重くない小さい方なので、充電は25分なのに、
1時間半も使える。充電してすぐ使うとバッテーリーが痛むのだが、この充電器は
フル充電になると冷却をはじめる優れもの。ツバキの根元周りの雑草はしゃがんで
鎌で刈っていたのだが、これは片手ですぐ刈れる。草刈機でツバキを切る事故もない。

マキタの充電式はドライバーとクリーナがあったから剪定バリカンは3つ目。クリーナは
通販生活だけで買えるターボⅡで、2階の仕事場専用。床や階段でも軽くて便利だが
デスクのそばに置いて篆刻の彫りクズを吸うのに多用している。ゴミフィルタは紙パック
10枚が付いてきたが、メッシュのフィルタが洗えるので、もっぱらそちらを使っている。

ところが先日、メッシュフィルタを洗ったときに、ヒョイと置いたはずのゴミストッパーが
見つからない。吸い込み口とフィルタの間に入れる四角いプラスチックで、ゴムの弁が
ついている。通販生活にメールで部品購入を申し込んだら、保証期間中なのでマキタに
無償で送るよう依頼したと返事がきた。2、3日後、マキタからクロネコDM便がポストに
届いて、一件落着。マキタと通販生活にこの場を借りてお礼をします。保証期間だから
タダで送りますというのは、当たり前のことかもしれないけれど、すごくうれしかったです。

アスナロは、よろこんでいるか。(篆刻:木)

20171218121220.gif
以前、奈良公園のホテル建設反対に賛同した“Change.org”で、世界一のクリスマス
ツリーPROJECTを知って、唖然とした。富山県氷見市の樹齢約150年のアスナロを
神戸メリケンパークで、クリスマスツリーにするという。なぜ、そんなことをするのか。

生きた木では世界一だとか、阪神淡路震災の鎮魂だとか、生田神社の鳥居にする
予定だとか、フェリシモが木のグッズを販売予定(その後中止)だとか、ワイヤーに
付けたプレートの数でギネスを狙うとか、とにかく意図や動機が支離滅裂なのだ。

発案者の西畠清順氏はプラントハンターで、樹木のプロ。昨夜のTBS「情熱大陸」が
20周年記念番組としてこの木を選ぶ段階から記録していたから、番組企画というのが
丸見えだった。「人の心に植物を植えつけたい」「信じているのは植物の力だ」「命の
大切さを伝えたい」「大きな存在感を多くの人に伝えたい」。彼が言葉を重ねるたびに
やっていることとの矛盾が大きくなる。会場では多くの人が感動しているようだが、
“Change.org”では中止を求める人が2万人を超えた。何事にも賛否はあるだろうが。
私が知りたいのは、この巨大な植木鉢に入ったアスナロは生きているのか死んでいる
のかだ。もっと知りたいのは、海の寒風に吹かれながら、この木がよろこんでいるか
悲しんでいるか。葉加瀬太郎の後ろでライトアップされた木は泣いているように見えた。
 

創造は、思いつき。(篆刻:壮馬&ピアノ)

201712192836.jpg
五風舎の個展では「素晴らしいですね」と言ってくださる方もいて、そんな時は「いえ、
思いつきばかりで」とお答えしたのだけれど。大映京都撮影所の名録音技師だった
故・大谷巌さんが「芸術っていうのは、その場その場の思いつきだ」と言っていたと
毎日新聞で読んで、やっぱり!と膝を叩いた。私の篆刻が芸術とは言わないけれど。

篆刻は、ピアノの演奏・教育をされる方からの「ピアノと姓名を」とのご希望だったが、
名前だけの方がすっきりするのではと名字は入れないことにした。ところが、実際に
デザインしてみるとピアノのへこみが気になるし、もったいない。漢字では重いし邪魔
だけれど、カタカナなら入りそうと思いついた。書いてみたら縦の線が音符になりそう
だと、また思いついた。その思いつきをラフにして見ていただくと、「発想豊かなデザ
インですね!個性的で、遊び心があります!この案で進めてください。」とお許しが出た
ので、精度を上げてフィニッシュにかかった次第。思いつきで、こんな篆刻になりました。

思いつきといえばその場しのぎに聞こえるけれど、経験を重ねるうちに増えるアイデア
の抽斗(ひきだし)ではないか。莫山先生から聞いた「中国の篆刻家が弟子入りを頼ん
だら、師はただ空箱を突き出した。これに彫った石屑が溜まったら、またおいで。」という
話を思い出した。四の五の言わず、ただ彫る。その経験から思いつきは生まれる、はず。

「運命」というブランド。(篆刻:NUSARI)

20171124131611.jpg
市英久くんは遊のバイク仲間だったが、鈴鹿でバイクのマフラーを製作して
いる。以前、ブランド・ロゴ“areman(アーマン)”のデザインを依頼された。
出身の与論島でヤドカリのこと、工場を借りているからだと聞いて、笑った。
バイクではなくホンダ・ビートという古いスポーツカーのマフラーを頼まれた
のだが、その出来栄えに満足されて販売権をもらえたので、新しいブランドを
立ち上げるという。ブランド名“NUSARI”は与論の言葉で「運命」。話を聞いて
すぐにSを斜めにするイメージが沸き、篆刻はそのイメージで出来上がった。

ただ、ステッカーやパッケージには全体を太くして、文字の先端はシャープに
したいというので、篆刻をベースにイラストレーターで作画して、画像で納品
した。画像はすぐメールで送れるが、篆刻は郵送になる。郵便局では鈴鹿なら
翌日着と聞いたが土日をはさんで3日もかかった。遅れを詫びたら「与論島は
朝刊の配達は夕方、週刊誌は1週間遅れで、まったく気になりません」という。

亡くなった遊の友だちが、自分の好きなことを仕事にして頑張っているのは
何よりうれしい。しかも、時代に流されず、生まれ育った郷土の良き価値観を
失わないのも、素晴らしい。新ブランド“NUSARI”に、良き運命よ、来たれ!

いつか、咲く。(篆刻:季至花自咲)

20171022162714.jpg
個展なので、と待っていただいた注文篆刻が一段落したので、久しぶりに
小田和正の話。NHKの番組で彼が横浜・金沢文庫の出身で、中高校は山手の
聖光学院と知った。金沢文庫は結婚してアパートを借りた場所だし、その後
引越した山手で子供二人が聖光の幼稚園に通ったから、縁があると言えるかな?

ノーカット・インタビューで「ヒットを出し続けるプレッシャーはないか」の
答えは。「同じ感覚の人とつながればいいと思うから、焦らない」「何かをやる
人に、やりたいことを素直にやる人に、夢を追い続ける人のためには時は待って
くれる」50年間好きな音楽を創り、そのほとんどがヒット曲になったのだから、
その言葉は真実だろう。私のひとつ下だから、彼ももう70歳。まだまだ現役だ。

10月4~9日は奈良・五風舎での個展『石の詩(うた)』だった。6月にムカデに
刺され、パソコンの故障、プリンターのトラブル、個展直前にはハチに刺されて、
どこまで個展の準備を邪魔するか、厄年かとも思ったが、終わればうれしいこと
ばかりだった。花の会との共同展ではなく篆刻だけだったが、予想を超える盛況で
京都、神戸、三重、和歌山どころか東京からもわざわざ来てくださって感激した。
ほぼ40年、「身に媚骨無し」で、自分なりに「新しいのに懐かしい」篆刻を目指し
てきた。篆刻は新作の「季(とき)至れば花自ずから咲く」。咲きはじめたかな。

東芝に、勝った。(篆刻:勝)

201773117535.jpg
東芝ノートパソコンのメイン基板を2回も修理交換したことまでは前回書いた。

それから2、3日でまたスタートアップしない。東芝は電話でセーフモードで
しか起動できないという。もうこのPCは信用できない。主なデータを外付け
ハードディスク(HD)にバックアップするというと有料サポートを紹介された。
遠隔でバックアップする間に、担当者が「過去の警告やエラーを見てみます。
これで“ディスク”が出るとマズイです」といって調べた結果は「HDに問題
があるので初期化してもデータは戻せません」。ひと通りバックアップしてから
新しいPCを買いに行く。メール設定など新PCが使えるようにして東芝に電話。

また回収で、結果はHDのトラブルが過去70回以上あったという。最初にHDが
OKだったのはテスターが読込みだけで書込みは調べないからだと呆れた話をする。
「HDを無料交換することで許してほしい」というが、もうPCを買っているし、
最初にメイン基板もHDもダメと分かれば修理しなかったと強硬に主張。最初の
50,265円は返金するが、バックアップの5,400円はお願いしたいという。最初の
ミスを認めての返金ならその途中も無い話だと、さらに主張。結局支払いゼロを
認めさせたが。真夏の怪談話でなく、こんな会社が原発を製造しているのは事実。

パソコン、故障する。(篆刻:安)

2017713165231.jpg
毎日新聞の仲畑万能川柳に「コンビニとラインがないと死んじまう」とあって、
いまどきの若者はと笑ったけれど。私もパソコンの故障で仮死状態が続いた。

ノートパソコンが立ち上がらなくなった。東芝PCあんしんサポートに電話で
聞くと回収修理になるという。山形の工場からメイン基板と光学ドライブの
交換で50,000円を超える見積もりが来た。いっそ新品にとも思ったが通販に
使っているから大至急修理して欲しいと頼んだ。回収が3日、戻ったのが8日。
早速電源をつないで溜ったメールを整理しはじめたがバッテリーが減り続ける。
東芝に電話で出張修理を頼んだが、また回収修理だという。今回は緊急なので
より近い千葉で修理するという。回収に来たのは10日、直って届いたのは今日
13日だから急いだのは分るが、電源コードで充電できないのは「交換したメイン
基板の故障」だと言うから、呆れはてた。どこが「あんしんサポート」なんだ。

その間、ホームページのシステム会社が篆刻の注文メールはスマホに転送される
ように、「花のブログ」はスマホのメールで投稿できるようにしてくれたけれど。
篆刻関係はもちろん、帳簿の類いも、ほとんどの情報がこのパソコンの中にある。
交換部品の保証は3ヶ月。東芝以外の安心なものに替えないと大変なことになる。

ガラスを割ったのは、誰だ? (篆刻:誰)

201761318155.jpg
この月曜の朝、ガレージにあった車のリアウインドウが、また割れていた。金ヅチの
ようなもの叩いたらしき割れ方で、去年に続いて2回目だから、駐在所に電話して
来てもらい、被害届も書いた。近所で恨みを買うことは無いのかなどと聞かれたが、
ある訳がない。去年はホンダに持ち込んだけれど、代車がすぐに用意できないとか、
外注で時間がかかるとかだったから、車のガラス専門店に電話した。代車はあるし、
翌朝には出来上がるというので、すぐに持ち込んだ。そこの社長が言うのには・・・

「この季節は草刈機で石を飛ばしてガラスを割ることが多い。シルバー人材センターで
草刈りに行き、自分のばかりか先方のに石を当てる事故が増える時期です」 「ん・・・ 
そういえば、昨日の午後、ガレージ回りの草刈りをした」 「それなら草刈機でという
可能性が高い。ガラスが割れるとポンと音がするけれど、草刈機の音より小さいから
気がつかない」 それにしても、2年続けて、と半信半疑で代車に乗って帰ったのだが。

去年のダイアリーを見て驚いた。前日にガレージ回りの草刈りをしているではないか。
しかも割れたガラスに気づいたのは翌朝。こうなると、2年続けて、同じ失敗をしたのだ
と思わざるをえない。そうだとしたら、草刈機のあんなに薄い刃で小さな石を飛ばして
車のリアウインドウに2回で2発命中させるなど名人芸だ! なんて言ってる場合か?

ページ上部へ