ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>言葉>両方、忘れよう。(篆刻:両忘)
言葉

両方、忘れよう。(篆刻:両忘)

両忘

仲畑さんの有名なコピーに「好きだから、あげる。」というのがありましたね。
この「両忘(りょうぼう)」、篆刻として別に取り得もないけど、「好きだから、載せる」
上は密、下が疎、という構成の定石。字体だって、普通。
自分では、このあたりから楽篆堂流の兆しを感じるが、他人様には分からない。
好きなのは、その意味。でも、両方って、何の両方なんだ。

両方は、こっちとあっちなら、何でもいい。いわゆる反対語です。
貧と富。美と醜。苦と楽。上手と下手。寒と暖、高と低でもいいですよ。
ここにあるのは、世にいうところの価値。ふたつの価値から、差や違いが生じる。
この価値は、どれも相対的なものだということ。絶対的なものではない。
いくらクレオパトラの鼻が高いといっても、天狗にはかなわない。

目盛りの付け方で、どうにでも変わる、そんな相対的な価値や状態に
一喜一憂するのはやめようよ、やめちゃうと楽だよ、ということ。
禅の言葉だと思うけれど、日常でも、長い人生でも、これは言葉の常備薬。
そうだ、剣道の勝った負けたも「両忘」でいこうと、袴に刺繍までしましたが、
刺繍したからって身につく訳でないことは、万年三段が証明しております。

コメント(1)

TITLE: こんにちは
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。

コメントする

ページ上部へ