ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>>心を澄ませて、読む。(篆刻:澄心)

心を澄ませて、読む。(篆刻:澄心)

澄心

セイマイヤ・ミット様
送っていただいた本、届いてすぐに読み、また今日、もう1度読みました。
久しぶりに引いた鼻風邪がやっと治りかけて、仕事の区切りも良かったので、
心を澄ませて読むことができました。あなたが育った四国西端の小さな村の物語り。
『東シナ海は、僕らに目もくれない。』

あなたの同級生のキヨちゃんが海で溺れ死んで、父親のロクさんが悲しみの
あまり犬に変わってしまう、不思議な話でした。原発の建設が決まって、年老いた
漁師が首を吊ったり、水不足でミカンの木が枯れて、大人達が水をめぐって
殴り合う悲惨な話なのですが。それでも、あなたは、その犬に給食の残りを運び、
飲み込んでしまった10円玉を排泄するのに四苦八苦する子どもなのでした。

海があなたを詩人にしたことは間違いのない事実ですね。広告のイラストで、
どんなタッチでも見事に描きこなすあなたと、年賀状のイラストがアナーキーな
あなたが、この絵本でやっと繋がりました。「夢をかたちにすることができました」の
添書きと、エプソンの光沢紙の段ボールを丁寧に折った四隅のカバーに、
あなたのこの本への想いが伝わってきました。宝ものをありがとうございました。

コメントする

ページ上部へ