草花

雪餅草

2018419101930.JPG
「葉の間から肉穂花序を立て、紫褐色の仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を
仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)をつける。
仏炎苞の外側には白い縦の筋が入り、内側は黄白色である。
真ん中に白い棍棒のような形で先が丸くふくれた付属体がある。」
昔は山のあちこちにあったそうですが、いまでは絶滅危惧種です。
株がもう一つ増えたのがうれしい!!

コメントする

ページ上部へ