篆刻

澤瀉(篆刻:澤瀉)

2022430155029.JPG

2022430155112.jpg

葉が細長いオモダカがよく咲いていますが、
検索しても名前が判りません。
※篆刻は「澤瀉」の朱文。

小手毬・大手毬(篆刻:手毬)

2022430151037.jpg  2022430151121.jpg

202243015124.jpg

左はコデマリ、右はオオデマリ。
同じ頃に咲きますが、コデマリはシモツケの仲間、
オオデマリはガマズミの仲間。
※篆刻は「手毬」の朱文。

朴ノ木(篆刻:朴)

2022426154419.JPG

2022426154640.jpgのサムネイル画像

もうホウノキにいくつも花が咲いていて、
驚きました。すっかり初夏です。
※篆刻は「朴」の白文。

深山樒(篆刻:樒)

2022426153252.JPG

2022426153332.jpg

珍種の第2弾は、ミヤマシキミ。
花子が挿し木して、やっと咲きました。
毒があるので「悪しき実⇒シキミ」ですが、
赤い実がなるので、千両、万両などと並んで
「億両」と呼ばれます。
※篆刻は「樒」の朱文。

銀竜草(篆刻:銀竜)

2022426152345.JPG

2022426152425.jpgのサムネイル画像

この珍しいギンリョウソウは、
川のそばに群生していたのですが、消えてしまいました。
隣のOさんが用水のそばで咲いていると教えてくれて、
久しぶりにパチリ!
色素を持たないので白く見え、育つともう少し長くなります。
※篆刻は「銀竜」の白文。
 

木通(篆刻:木通)

2022426141547.JPG  2022426141627.JPG

2022426141719.jpg

アケビが満開です。
左は町内の石垣で。
右は百野草荘のミツバアケビのツボミですが、
昔、園芸店で買ったムベが台木に戻ったようです。
※篆刻は「木通」の朱文。

宝鐸草(篆刻:宝鐸)

2022422145843.JPG  2022422145927.JPG

20224221509.jpg

エビネの隣でホウチャクソウが満開です。
右は黄花ホウチャクソウ。
※篆刻は「宝鐸」の白文。

二輪草(篆刻:二輪)

2022422145158.JPG  2022422145232.JPG

2022422145316.jpg

エビネに囲まれて、ニリンソウが二輪咲きました。
始めの一輪は二輪目が咲くまで頑張りますが、
咲き揃う頃には疲れが出ます。
※篆刻は「二輪」の朱文。

海老根(篆刻:海老根)

2022422144614.jpg  2022422144651.jpg

2022422144745.jpg  2022422144825.jpg

エビネが各種咲きそろいました。
3つ目は黄海老根です。
※篆刻は「海老根」の朱文。

花梨(篆刻:花梨)

2022422101033.JPG

2022422101114.jpg

モミジに隠れて花が咲かなくなったカリン。
モミジをかなり切ってから2,3年で
やっと花が2輪、つきました。
大感激!!
※篆刻は「花梨」の朱文。

ページ上部へ