日記

テーブルの台(篆刻:山桃)


庭のテーブルの台にする山桃を切ったのですが、
重くて一輪車に乗らなかったので、
丸いのは転がして、二股は立ててずらしながら、
何とか据え付けられました。
あとはテーブルの板を新調するつもり。
※篆刻は「山桃」。

続続・山桃(篆刻:山桃)


伐った山桃の一番太いところを50センチで切って
庭のテーブルの台を作ったのですが、
重くて一輪車に乗せられません。
助っ人が現れるまで、待機です。
※篆刻は「山桃」。

続・南京櫨(篆刻:櫨)

  


ナンキンハゼ伐採の続き。
左の直径3センチほどの枝は
キャンプが趣味のAさんのために。
右の残りの小枝は燃やすのですが、
隙間が多すぎて、よく燃えません。
※篆刻は「櫨」。

南京櫨伐採(篆刻:櫨)

   


奈良公園で抜いてきたナンキンハゼが
大きくなるばかりで、白い実はほとんど生らないので、
oさんとIさんに伐採してもらいました。
作業はこちらが先で、山桃は後でした。
太い木はIさんが薪ストーブ用に持って行ってくれましたが、
残った枝の処分が大仕事です。
※篆刻は「櫨(はぜ)」。

焚火(篆刻:焚火)


栃の残りの細い枝と軸竹を燃やしました。
真冬の焚火ですが、汗をかいているので、
熱いくらいです。
※篆刻は「焚火」。

ページ上部へ