2017年7月

東芝に、勝った。(篆刻:勝)

201773117535.jpg
東芝ノートパソコンのメイン基板を2回も修理交換したことまでは前回書いた。

それから2、3日でまたスタートアップしない。東芝は電話でセーフモードで
しか起動できないという。もうこのPCは信用できない。主なデータを外付け
ハードディスク(HD)にバックアップするというと有料サポートを紹介された。
遠隔でバックアップする間に、担当者が「過去の警告やエラーを見てみます。
これで“ディスク”が出るとマズイです」といって調べた結果は「HDに問題
があるので初期化してもデータは戻せません」。ひと通りバックアップしてから
新しいPCを買いに行く。メール設定など新PCが使えるようにして東芝に電話。

また回収で、結果はHDのトラブルが過去70回以上あったという。最初にHDが
OKだったのはテスターが読込みだけで書込みは調べないからだと呆れた話をする。
「HDを無料交換することで許してほしい」というが、もうPCを買っているし、
最初にメイン基板もHDもダメと分かれば修理しなかったと強硬に主張。最初の
50,265円は返金するが、バックアップの5,400円はお願いしたいという。最初の
ミスを認めての返金ならその途中も無い話だと、さらに主張。結局支払いゼロを
認めさせたが。真夏の怪談話でなく、こんな会社が原発を製造しているのは事実。

パソコン、故障する。(篆刻:安)

2017713165231.jpg
毎日新聞の仲畑万能川柳に「コンビニとラインがないと死んじまう」とあって、
いまどきの若者はと笑ったけれど。私もパソコンの故障で仮死状態が続いた。

ノートパソコンが立ち上がらなくなった。東芝PCあんしんサポートに電話で
聞くと回収修理になるという。山形の工場からメイン基板と光学ドライブの
交換で50,000円を超える見積もりが来た。いっそ新品にとも思ったが通販に
使っているから大至急修理して欲しいと頼んだ。回収が3日、戻ったのが8日。
早速電源をつないで溜ったメールを整理しはじめたがバッテリーが減り続ける。
東芝に電話で出張修理を頼んだが、また回収修理だという。今回は緊急なので
より近い千葉で修理するという。回収に来たのは10日、直って届いたのは今日
13日だから急いだのは分るが、電源コードで充電できないのは「交換したメイン
基板の故障」だと言うから、呆れはてた。どこが「あんしんサポート」なんだ。

その間、ホームページのシステム会社が篆刻の注文メールはスマホに転送される
ように、「花のブログ」はスマホのメールで投稿できるようにしてくれたけれど。
篆刻関係はもちろん、帳簿の類いも、ほとんどの情報がこのパソコンの中にある。
交換部品の保証は3ヶ月。東芝以外の安心なものに替えないと大変なことになる。

ページ上部へ