ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>篆刻>創造は、思いつき。(篆刻:壮馬&ピアノ)
篆刻

創造は、思いつき。(篆刻:壮馬&ピアノ)

201712192836.jpg
五風舎の個展では「素晴らしいですね」と言ってくださる方もいて、そんな時は「いえ、
思いつきばかりで」とお答えしたのだけれど。大映京都撮影所の名録音技師だった
故・大谷巌さんが「芸術っていうのは、その場その場の思いつきだ」と言っていたと
毎日新聞で読んで、やっぱり!と膝を叩いた。私の篆刻が芸術とは言わないけれど。

篆刻は、ピアノの演奏・教育をされる方からの「ピアノと姓名を」とのご希望だったが、
名前だけの方がすっきりするのではと名字は入れないことにした。ところが、実際に
デザインしてみるとピアノのへこみが気になるし、もったいない。漢字では重いし邪魔
だけれど、カタカナなら入りそうと思いついた。書いてみたら縦の線が音符になりそう
だと、また思いついた。その思いつきをラフにして見ていただくと、「発想豊かなデザ
インですね!個性的で、遊び心があります!この案で進めてください。」とお許しが出た
ので、精度を上げてフィニッシュにかかった次第。思いつきで、こんな篆刻になりました。

思いつきといえばその場しのぎに聞こえるけれど、経験を重ねるうちに増えるアイデア
の抽斗(ひきだし)ではないか。莫山先生から聞いた「中国の篆刻家が弟子入りを頼ん
だら、師はただ空箱を突き出した。これに彫った石屑が溜まったら、またおいで。」という
話を思い出した。四の五の言わず、ただ彫る。その経験から思いつきは生まれる、はず。

コメント(4)

発想は まさに思い付き。
そういう意味から言えば、
我々の間の会話は 今やまさに芸術の域…あっちこっちに飛びながらの思い付き
…だもんネ。

御意! あっちこっちが玉に傷ですが。

あっちこっちに飛ぶ会話は、それだけ話題性豊富という事で。

これも、御意。(ものは言いようで・・・)

コメントする

ページ上部へ