ホーム>篆刻ブログ 篆からの、贈りもの。>篆刻>蔦屋(ツタヤ)へ、綱渡り。(篆刻:蔦)
篆刻

蔦屋(ツタヤ)へ、綱渡り。(篆刻:蔦)

2018811102357.jpg
ありがたいご縁があって、枚方(ひらかた)T-SITEで、8月20日~26日まで、篆刻展
「言葉を、花に。」をさせていただくことになった。枚方はCCC創業の地で、蔦屋書店を
核に、床面積は代官山、湘南を抜いて最大。その4階イベントスペースをお借りする。

篆刻の額装、軸装、そして石そのものも販売するので、品番とバーコードが用意されて、
いつもとずいぶん勝手が違うけれど、9日に最終打ち合わせを終えて、いよいよ準備は
詰めに入る。篆刻を和紙に押した時期が猛暑で、印泥(肉)がべたついて手間取ったが、
なんとか裏打ちも出来上がって、それを額に収めるのだが。ここで思わぬ大問題が発生。

額縁は日本の業者がタイの工場で作っている。予定では楽々間に合うはずだったのだが、
コンテナを積んだ船が台風13号で港に接岸できない、台風が通りすぎると盆休みになり、
画材店に届くのが搬入前日の18日だという。裏打ちした印影は渡してあるし、窓を開ける
マット紙も決めてあるので、出来ることは全部済ませて、額が届いたら、即それを入れる。
夜中でもやります、と言ってくれている。搬入の19日に受け取って、その足でT-SITEに
向かうことになりそう。ただ、展示の準備は夜8時の閉店から、というのが、唯一の救い。
無事、20日の10時に開始できるか、綱渡り。蔦(つたかずら)が木にからまるのは吉祥と
されるらしいけれど、偶然8月20日は私の72歳の誕生日。ただただ吉祥を願うばかり。

コメント(4)

19日夜、お手伝いに行けます!

ありがたいお言葉ですが、さて、どちらのショーコさんでしょうか?

限りある締切時間までに設営準備するのは 遠い昔の我々の仕事ではザラ。
色々なトラブルを抱えて…でも乗り切って来た頃を思えば…あは…でも久し振りだネ。
寝ない覚悟すれば、きっと上手く行くさ…スタートに間に合いさえすれば。
とんだ誕生日 おめでとう!

そうそう、一応これでも予定通りです。

コメントする

ページ上部へ