古代史

『倭人とはなにか』を読む。(印影:漢委奴国王)

201714105316.jpg
出野正・張莉ご夫妻から共著『倭人とはなにか―漢字から読み解く日本人の源流―』
(明石書店)を送っていただいたので、楽しい読書納めになった。「倭人」のルーツは
中国・長江の中下流の南側、滅亡した越の従順な民族で、ベトナムやタイ、さらに朝鮮、
または直接日本へ渡り、稲作や高床式建物を伝えたという説は、このブログの「張莉さん
の『「倭」「倭人」について』」「その2」「その3」
で紹介したので、お読みいただくとして。

第1章「(二人の)西双版納の旅」が発見と驚きにあふれて興味深い。西双版納(シー
サンパンナ)は中国の雲南省最南端の傣(タイ)族自治区で、一万二千の稲田の意味。
故鳥越憲三郎氏の日本と中国南部、朝鮮の古代文化の共通点研究を確かめる旅だ。
以下は二人が確認した日本との共通点。高床式建物と切妻造、入母屋造、校倉造、千木
(ちぎ)や堅魚木(かつおぎ)、棟持柱など。村の門の上にある鳥の彫刻は神社の鳥居の
原形。食べ物では、餅、赤飯、豆腐、こんにゃく、納豆、ちまき、馴れ鮓など数えきれない。

共通点は銅鑼、下駄、注連縄、鎮守の森、神籬(ひもろぎ)、貫頭衣、文身(入れ墨)、断髪
にも及ぶが、鵜飼も南中国と日本のみの文化だという。これほど共通点があれば、倭人が
南中国から日本へという説に反論はできないだろう。ひとつ、気になるのは中国や朝鮮を
経て薄まったり消えたりした文化がなぜ今も日本に根強く残っているのか。それが知りたい。

※出野正氏から早々にお返事をいただきましたので、以下に転記します。ありがとうございました。
①南中国文化と日本列島文化の接点として挙げられている事項の中で銅鑼は外した方がよいと思われます。銅鑼の紋様が楽器の南(銅鼓)に近いという話を本の中でしましたが、銅鼓そのものは日本には伝わっていません。一部鳥居龍蔵氏が銅鐸の元は銅鼓であるとの説を出されたが、形があまりにも違いすぎるため、いろんな説の中の一説として位置づけられています。
②「ひとつ、気になるのは中国や朝鮮を経て薄まったり消えたりした文化がなぜ今も日本に根強く残っているのか。それが知りたい。」
この件ですが、中国や朝鮮は「倭」文化以外の文化を持つ集団が中心的な勢力となり、「倭」文化が駆逐されたからだと思います。中国でも、東海岸あたりには「倭」文化の村落があったと思われますが、漢化されました。朝鮮では「倭」は562年に滅び、新羅→高麗の文化が中心となり「倭」文化は途絶えました。それに対して、日本列島は「倭」文化を持った「倭人」が中心勢力となったため、それが天皇一系や神社文化として残っているのです。その結果、「倭」文化が残っているのは日本列島と南中国やタイ・ラオス・ベトナムなどの現在まで存続してきた倭族の村落に日本の神社文化と根元が同じである共通文化が残ったと思われます。

 

不常識『篆刻講座』 10:甲骨文を知らなかった篆刻家たち。

2015121911449.jpg 「写真:亀甲(部分)」
今回は篆書体の話ですが、中国の篆刻家にも関わることなので興味のない方はスルーしてください。
さて、写真は亀の腹甲に刻まれた文字で、3200年ほど前、古代中国・殷の王が天の啓示を占った記録。牛の肩甲骨もあるので甲骨(亀甲獣骨)文と呼ばれます。劉鶚(りゅうがく)が1899年に発見し、1903年には資料集を出版したけれど、科学的に発掘されたのは1928年からのこと。それに参加した董作賓(とうさくひん)によって初めて甲骨学が大成されたけれど、彼は甲骨文の原形はさらに1500年前に遡るだろうと言っています。

ここから篆刻の話です。戦国時代に始まった印章や始皇帝が定めた官印などはパスして、北宋の米芾(べいふつ)を開祖とする文人が自ら刻んだ篆刻のこと。明の時代に彫りやすい石の印材が知られて、一気に広まった篆刻は、18世紀になって丁敬を祖とする浙(西冷印)派が興り、優れた篆刻家を輩出します。さらに清時代には鄧石如が革新を行って、呉譲之、徐三庚、趙之謙などが育ち、清末期には呉昌碩、黄士陵、斉白石など次々と優れた篆刻家が現れた、となるのですが。

ここで名をあげた篆刻家のなかで、趙之謙までは甲骨文が発見される前に亡くなっているから、その存在すら知らなかったのです。私が好きな黄士陵は金文を巧みにしたけれど、1908年没だから甲骨文発見を聞き、資料は見たかもしれない。呉昌碩は1927年没だから本格的発掘の成果はもちろん、その解読研究も知らないのです。

いま篆刻をされる方々が誰を尊敬し、誰の作風に習おうとご自由なのですが、甲骨文という文字が生まれたときの生き生きした姿とそれにまつわる物語の存在すら知らなかった篆刻家やその作品にどう向き合うべきなのか。彼らに非はないし、尊敬もするけれど、土の奥深く埋もれていた原初の文字を知らないまま、体系化、様式化されてからの秦や漢の篆書体とそれを刻んだ作品を、私は手放しで素晴らしいとは言えません。いかがなものでしょうか。

金印「親魏倭王」の謎。(印影:親魏倭王)

20131210102753.jpg
張莉さんは金印「漢委奴国王」の真贋を論じてはいないが、『魏志』倭人伝によれば
卑弥呼も金印紫綬を受けている。それに刻まれた文字は「親魏倭王」と推測されるが、
金印そのものは、いまだ未発見のまま。だが「親魏倭王」の印影は存在する。それも
東京の国立博物館にある。印影のある印譜は『宣和集古印史』。北宋の徽宗が古印を
集め『宣和印譜』を作ったという。明の万暦時代、来行学という人物が山中の古墳墓の
中から徽宗の印譜らしきものを得たと称して刊行したのが、この印譜。江戸時代に
日本に舶来し、横田実という古印収集家が愛蔵していたが、遺族が国博に寄贈した。

その『宣和集古印史』では、朱も鮮やかな印影の下に「親魏倭王 銅印獣紐」とある。
金印であるはずのものが銅印とはなんだろう。恐らくはこの印影は、金印の実物で
押したものではなく「金印を想像により模作したものであると正直に告知」していると
考えるのが自然だ。そもそも『宣和集古印史』自体、限りなく偽書に近いものだから。

邪馬台国近畿説を証明するべく纏向遺跡の発掘が続いている。持ち運びできる金印
が発見されても卑弥呼がいた場所とは限らない。それで魏からの荷をほどいた場所の
証明として封泥(封款に用いる粘土)を探しているとも聞いた。張莉論文を読めば
近畿に卑弥呼はいなかったし、金印も封泥も出土しないと思わざるをえないのだが。

張莉さんの『「倭」「倭人」について』。その3 (写真:「漢委奴国王」印面)

20131125173918.jpg
張莉(ちょうり)さんの論文『「倭」「倭人」について』の続き。さらに「邪馬臺國」の臺は
「堆」に通じるので台地にある国を示し、「その地勢は東高西低」の記述からは西に海、
東に山のある地形であり、北九州の伊都に接していたとあるから、それはおのずと
「邪馬臺國」九州説となる。また卑彌呼を「卑彌娥(ヒミガ)」とした文献に触れ、「娥」は
美しい女性を意味し「鬼道につかえ、よく衆をまどわす」という神秘性を表現した漢字
で、「娥」を音の表記だとすれば、卑彌呼の読みは「ヒミカ」と類推される、としている。

最終章は「倭国」と「日本」について。『古事記』『日本書紀』では「倭」と「日本」が元々
一系であることが前提だが。「倭国」は白村江の戦いの後に壊滅的な打撃をうけて
近畿大和勢力に併呑された。「日本」は、その近畿大和勢力が最初に名乗った国名で
ある。「やまと」は奈良地方を言う言葉。古事記での「倭」が日本書紀で「日本」となり、
ともに「やまと」と発音するのは、近畿大和勢力が自らの出自を「倭」の系統に当て
はめたからである。「倭」が「大和」に置き換えられたが、「倭(ワ)」を貴字の「和」に換え、
「大倭(たいゐ)」を意図して合成された。中国人の目と中国の文献からは「邪馬臺國
の卑彌呼」と「近畿大和勢力の日本」が同系統とはならない。以上が張莉さんの論文。

邪馬台国論争を延々と続けてきた日本の学者たちは、この説にどう答えるのだろう。

張莉さんの『「倭」「倭人」について』。その2 (写真:「漢委奴国王」蛇紐)

20131125153345.jpg
張莉(ちょうり)さんの論文『「倭」「倭人」について』の続き。金印「漢委奴国王」の「委
(ゐ)」は蛇のうごめく形から生まれた文字で、委曲、うねうねと曲がる様を意味する。
中国南方や日本の倭人は蛇の入れ墨でその生命力を最大限に表現していた。この
金印と中国の雲南省で出土した金印「?王之印」の紐(印のつまみ)が共に蛇である
ことは、中国側が両地の集団を同じイメージで認識していた証しでもある。日本の
注連(しめ)縄は蛇の交尾を模したものという説もある。(張莉さんは「漢委奴国王」の
金印の一部の偽印説には一切触れておらず、文献とともに素直に受け入れている。)

張莉さんは「邪馬壹國」の「壹(イ)」は倭(ゐ)の表音だから「邪馬倭(ヰ)國」の意とし、
「邪馬臺國」は「邪馬大倭(タイヰ)國」の意と考え、「大倭國(タイヰコク)」が発音上
「タヰコク」になるのは自然とする。その「邪馬」とは、倭人が北九州を統一する前から
の北九州の呼び名で、邪馬壹國はかつて「ヤマ」と呼ばれる地方を制圧して新たに
打ち立てた倭人の国とする。「邪馬壹國」の壹が「邪馬臺國」となったのは、言われる
ような書き誤りではなく、二つの理由がある。第一に臺は臺(台)湾のように山島という
地理的状態を語るものであり、第二に臺は最も身分の低いものを表す言葉なので、
東南大海の中にある東夷の国「倭」にあえて「臺」という卑字を使った。(続く)

張莉さんの『「倭」「倭人」について』。(印影:金印「漢委奴国王」)

20131122182552.jpg
奈良の出野正さんは正統の篆刻をされるが、去年春の三游会で私の篆刻を見て、
「知らず知らずに固定観念が出来ていた」と思われたそうで、今回も若い篆刻作家と
来てくださり、楽しい話ができた。出野さんの奥さんは張莉(ちょうり)さん。中国の方
だが同志社大學準教授として甲骨文・金文や『説文解字』を研究されている。今年
7月発表された『「倭」「倭人」について』という論文を出野さんからいただき、読んで
その明快さに驚いた。中国人だから日本の歴史への先入観はない。古代日本を
記した中国文献を漢字学によって素直に読んだ結果を述べている。以下、張莉さん
の論文の主旨を、出典や年号を省いて出来るだけ分かりやすく書かせていただく。

「倭人」のルーツは中国・長江の中下流の南側で、越に属した従順な民族集団だが、
呉越戦争、楚の進攻での越の滅亡、秦や漢の中国統一などで中国南部や現在の
ベトナム、ラオス、ミャンマー、タイに逃れ、またある者は朝鮮へ、朝鮮からまたは
直接日本へ渡った。それが稲作や高床式建物などを伝えた倭人であり、弥生人だ。

印影は後漢の光武帝から与えられた金印「漢委奴国王」だが、通説の「漢の倭の
奴の国王」ではなく、胸に入れ墨をする匈の人を卑下して匈奴と呼ぶように「漢の
委奴の国王」であり、百余国を統合した「倭人の国王」という意味になる。(続く)

ページ上部へ